2020年09月29日

<簡易感想> 殻の少女・虚の少女(共に新装版)

 今回の感想は懺悔から始めないといけません。

 そもそも私、Innocent Greyの作品って、気になっていたけど中々手が出せなかったのですよね。
 今回取り上げる二作品は、初出が2008年と2013年ですが、その辺りは本当に、手当たり次第にエロゲばっかりやってました。

 でも逆に、手を広げ過ぎて購入量がとんでもなくなっていて、同時にやっぱり、基本的に趣味が萌えゲーには偏っていたのですよね。
 だからそれとは完全に作風が違うイノグレには、興味がなくはなかったけど、手を伸ばす余裕がなかったのが正直なところです。

 それに、本文でも書きますけど、殻の少女自体が、ある程度カルダグラの続きものでもあります。
 その情報は知っていたので、余計に手を出すハードルが高かった、というのもありますね。

 結局イノグレの筆降ろしは、筆の使いどころがない(笑)全年齢のFlowersシリーズからでした。
 それも2017年の話で、春〜秋まで一気プレイして、冬だけ新作で購入した形ですね。
 そういう背景なので、まずイノグレについて、熱く深く語れるほどのバックボーンがない、というのはあるのです。



 その上で、天の少女発売を前提に、殻と虚のリメイク版が発売されるというので、それは買おう、とはなりました。
 が、去年殻の少女プレイしたのに、旧作だから、という理由で感想スルーという暴挙に出てしまったのです。

 本当に去年から今年の前半にかけての私はやる気レスでした。虚無でした。クズでした。
 まあ今も別に、際立って以前ほどの情熱が戻ってきたわけでもないですが、それでも最低限やるべき事はやっとけ、と後悔しております。

 今回の虚の少女も、作品のレベルからすれば、しっかり内容を吟味した感想を書いて然るべきではあります。
 でも前作と完全な続きもので、その前作をスルーしたまま、これだけガッツリ書くのも、それはそれで難しいのですよね。

 なので物凄く中途半端な処置にはなりますが、今回は殻と虚の<カラ>シリーズふたつまとめて、サクッとした感想で折り合いをつけます。
 特に殻の方は、朧な記憶を引っ張り出しながらになるので、雑にはなってしまうでしょうが、自分の気持ちに区切りはつけたいのでご容赦あれ。


続きを読む
posted by クローバー at 07:02| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

ぐぬぬボインの癖にぃ

 ちょっとドタバタしていて、あんまりハミダシクリエイティブ進んどりません。
 なんとか共通ルートは終わって、華乃ルートに入ったら、あれ?もうくっつきそう、って辺りまでですね。

 うん、本当に、最近のタイトルにしては、共通ルートがかなり長く、かつしっかりしてたなって思います。
 選択肢も結構多くて、それぞれにヒロイン単独での濃い、関係性ががっつり深まるイベントが用意されている感じ。

 まあ私は昨日からの流れで、フラフラっと吸い込まれるように華乃ルートに進んだのですが、息継ぎ練習イベントヤバくね?
 正直あそこまでやれる時点でもう完全に落ちてるだろ出来てるだろー!って感じなのに、微妙に無自覚でポンコツな華乃可愛過ぎなんですけどー!

 しかもこの一枚絵!谷間!滴る水滴!エロ可愛い!!!
 ぐぬぬ、この私としたことが、こんなボインちゃんに全力ときめくとは……やるなハミクリ。

 その後の海イベントもとっても楽しかったですしね。やっぱりハーレムでキャッキャウフフは最高だぜー!
 でも折角リリリさん出してきたのに、その後音沙汰なかったのは残念。詩桜ルート辺りでの伏線になるのかしら?
 まあきっと、FDが出たらリリリさんも攻略できるのだろうよ。下手するとにーかわ君ルートまでありそうで怖いが。。。

 兎にも角にも、今のところは本当に華乃にガン嵌りしてしまっていますので、個別全力で愉しんできまーす!
 一応明日はそこそこ時間あるから、せめて二人くらいはクリアしたいな。
 でもやりたい事とやるべき事もあれこれあるし、くっ、私にも真・夢幻回廊があれば……!



posted by クローバー at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

どうわよ!

 ハミダシクリエイティブをちまちま進めております。
 ただ土日忙しかったのもあり、まだ共通ですね。体験版部からも結構共通が長い&クッソ面白いです。

 この作品の素敵なところは、基本後ろ向きだったり、癖の強いヒロインを揃えていながら、ネガティヴイメージがとても薄い点。
 主人公の事を、妃愛がよくやれば出来る子、と褒めるけど、それが存外身贔屓でなく、流れの中でやるじゃん、と思わせてくれます。

 それはヒロインも同様で、特に華乃の可愛さがヤバい。
 情緒不安定で感情の制御が下手で、無駄に攻撃的でめんどくさい子なのに、なぜにこんな一々可愛いのか?

 それはやっぱり、しっかり弱味をさらけ出しつつ、本人はその中でも懸命に、という生々しい必死さが感じられるかな、とは。
 程度の差はあれ、主軸として関わってくるキャラは、みんなそういう色合いを持っていて。
 だから余計に、そのグループの中での共感性と、打てば響く会話のテンポが出来上がっていく感じなのが、とっても快いのです。

 その中でも、引きこもりの癖に一々あれこれに首突っ込んでいちゃもんつけて、自爆して煩悶する華乃の感情の振れ幅と言ったら。。。
 大体奇声上げてるか、テンパって変な言い回ししてるか、なのに、その中できちんと細かい感情の機微と混乱がつぶさに伝わってくるのが凄い。

 秋野花さんは基本お気に入りの声優さんだけど、今回特に神がかってない?
 あんな「ああああああ」だけで、どんだけ複雑な気持ちを綺麗に見せてくれると言うのか。
 その上でぷりぷり怒りながらの照れ隠しも死ぬほど可愛いし、ヤバいっす。まだ共通も終わってないのに、お気に入りボイス登録が捗る捗る。



 もちろん妃愛は大々々好きだし、あすなもとってもとっても可愛い。詩桜先輩ですら普通に可愛い。
 とどめにアメリが非攻略とかズルすぎる。だってあんな天然可愛くて、好意バリバリで、歩サラさんだよ?FD出るとなった瞬間買うしかないじゃん。。。

 正直現時点でもう、キャラゲーとして申し分ない仕事をしてくれてすっげぇ満足してます。
 実のところ進捗が遅いのも、少し進めては巻き戻って、って無駄に共通リプレイして萌え転がってるのもある。
 いやホント華乃がえぐいレベルで爆発的に可愛いのよ。体験版部でも片鱗は感じてたけど、加速度的に可愛くなり過ぎてごめん無理ーーー!ってなる。。。

 まあそんな感じで牛歩になりそうだけど、チマチマやっていきまーす。
 ちなみにである調は、書いてて偉そう過ぎて嫌になったのでやめた。。。やっぱりある程度ダメ人間らしく赤裸々に、適当にいかないとね(笑)。
 一文を短くする&段落を多く作る努力は続けます。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

<名曲紹介>quantum jump(フレラバ・OP曲)


<思い出話>

 quantum jump。改めて地味目だが、凄まじくいい曲だ。
 正直タイトル的にも、動画の再生回数的にも、マイナーと言い難い気もするが、好きな曲なので気にせず紹介していく。

 SMEEのOP曲はいつも比較的気に入るのだが、特にこの位の時期の、優しくて柔らかな雰囲気に特化した曲は印象深い。
 ピュア×コネクトの曲も、OPEDともにお気に入りなので、いつか紹介する時があると思う。

 この曲は、本当に山谷は少ない。
 出だしのイントロもとても穏やかで、平穏で安らかな日常のイメージをそのまま投影している。

 歌詞も味わい深いが、特に秘密めいたところはなくストレートで、真っ直ぐ心に染みてくる。
 スローテンポで淡々としたリズム感が、ささやかな幸せの有難みをじんわり感じさせてくれるところが実にいい。

 それでいて、スローの曲にありがちな冗長さが全くないのも好感度が高い。
 とりわけ、二番のサビからDメロにシームレスで繋ぎ、しかも全く違和感がないのが気に入っている。

 ほんの少しだけ、そのDメロで見せる感情の高ぶり。
 「思い出してずっと 奇跡を歩いている」というフレーズに、幸福感と感謝の想いが満ち溢れていて素晴らしい。

 どんな小さな一歩でも、明るい未来に繋がっている。
 回り道に思えても、寄り道に感じても、そこには意味があるのだと、優しく諭し、受け止めてくれる。
 気持ちがささくれ立っている時に、自身を調律するために浸りたい曲である。



 作品自体も、当時としては色々挑戦的なシステムで面白かったと思う。
 少し雑談システムが画一的なきらいはあったし、機械的で単調とも思えたが、あれはあれで思い出せば結構楽しかった。

 あくまでもキャラゲーなので、シナリオの深みこそ少ない。
 けれど、OP曲のイメージ通り、優しさに包まれたまま最後まで完走できる作品である。ストレスフリーはいい事だ。

 ヒロインでは、ひまひまと岬がお気に入りだった。
 もしもこのタイトルをリプレイする事があるとしたら、まず間違いなくこの二人だけ、にはなると思う。

 基本的にキャラゲーは中々リプレイ候補に挙がってこないが、程よく間隔が空いた今なら、新作準拠感覚で楽しめそうだ。
 普通に今初回プレイでも楽しい作品と思うので、お勧めである。勿論曲の良さも含めて。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

メリハリは必要だ

 虚の少女REは、トゥルーエンドその他と、特典小説も読破してコンプリート。

 素晴らしい名作だった。
 勿論作風から大団円、という事はないのだが、一定の謎を残しつつ、虚、というタイトルに相応しい部分は全てきっちりと網羅したシナリオだったと言っていい。

 天の少女の登場人物に雪子がいないのは気掛かりだったが、まあそういう状況なら出番はないだろうし仕方ない。
 ノーマルエンドの流れが正史でなかっただけ良しとしなくては、だし、冬見の方は出てくるようだから、消息などは知れるだろう。

 それにしても、自己の芯を持てない環境で生きてきた少女たちが抱える、虚の深淵は、どこまでも罪深い。
 当人の意志すら凌駕して、その渇望を取り込んでいくさまが、多角的に活写され、その都度胸が痛くなる。

 けれど同時に、その結果として奪われる側の辛さも連鎖的に広がっていくのだ。
 個人的に今回は、普段どこか感情を殺し、貞淑に振舞っている紫の、必死の決意の示し方と慟哭に心打たれた。

 これ以上大切な人を失いたくないーーーーあまりにもシンプルで、しかし何物にも代えがたい純粋な祈りである。
 その願いは、きっとこの先も叶う事はないのかもしれない。少なくとも玲人がこの生き方を貫く限りは。

 それでも、と思いたい。玲人とて最後に、魂からの慟哭を発しているのだ。
 けれども彼は、これ以上失わないためにも、より積極的な介入を、探偵である事を諦めないのだろう。

 幸いというべきか、今作は悲しみの果てに、それでも前向きな未来像をイメージさせる関わりがいくつか紡がれている。
 果たしてその種が、天の少女で如何なる果実となり得るか?その先に紫の心からの笑顔と幸せがある事を願ってやまない。

 玲人の妄執には、きちんとひとつのピリオドが打たれた。
 それにしても、だからこそ、夢幻の中で見たあの幸せな光景のもの悲しさと言ったら……。
 ほとんど出番はなくても、このシリーズのメインヒロインは誰なのか、ありありとわかり過ぎるくらいにわかるシーンであった。

 特典小説も切なく面白かった。全てを知りつつ、それでもあの振る舞い、と思えば、やはり心に響く。
 彼女の手が罪に塗れているとしても、それはきっと彼女の責任ではない。取り戻したものと、育んできたものを両手に、幸せになって欲しいと願う。

 感想は、書くべきなのだろうが、実は殻の少女も、プレイしたのに感想スルーしてしまっているのだ。
 だからと言ってこれもスルーすると、ますます天の時に感想が書きにくくなりそうなのだが、これ単体で書くのも据わりが悪いのも事実である。

 つくづく、書かない選択はその時は楽でも、後々後悔の種にしかならない。
 やるべき事を正しい時にするという、当然の理を踏みにじった罰である。



 ともかく、明日からはまた新作で忙しいのも事実だ。
 そうやって日々に忙殺されている内に、後悔も薄らいでしまうのが忸怩たるところだが、致し方あるまい。

 今月の新作は、ハミダシ、さくレット、ろけらぶ、カゴのトリの4本となる。
 一番期待しているのは、当然ながらさくレットになる。

 でもプレイ順はハミダシからにする。
 なにしろここしばらく、重いシナリオの作品が続いているのだ。
 そろそろ頭空っぽに、ヒロイン可愛い可愛いとニヤニヤしてればいい作品が恋しい。メリハリが大切である。

 とりあえず今月中にハミダシはクリアして、その上で10月、先に創のアップデートに着手するか、新作エロゲを優先するかは気分次第で決めよう。



posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする