2022年01月23日

わかりやすい

 カプリコーンは2/4/3/4で、まぁいつも通りの塩梅。
 出したのは序盤中盤は強いけど終盤イマイチのファル子と、中盤終盤そこそこでデバフもコミコミカレンチャン、んで終盤の加速スキルだけは一杯取れたチヨちゃん。

 これで終わってみると、ファル子7勝チヨちゃん4勝カレンチャン2勝と、思った以上にチヨちゃんが勝てるのが面白い。
 まぁ唯一登山家取れているのが大きいのだろうし、終盤加速が最速で出る⇒固有に繋がるのコンボが決まると概ね好走してくれる感じ。ただ査定は13500弱なので、多分ラウンド2だと厳しいかなぁ。

 ファル子は本当にマッチング次第だね。固有温存で直線向ければほぼ勝つのだけど、スタート含めて運の要素は大きい。
 まぁ流石にB決勝は行けるでしょうし、一応チヨちゃんの更新は狙ってノルマ分の育成はするけど、全体的に運要素強いのでお気楽に、ですね。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月22日

うーんこの

 1/1彼女の体験版やってみました。
 まぁこれはSMEEタイトルなので、日常の掛け合いとかそういう部分で面白いのは間違いないし、ヒロインもそれぞれに独特の立ち位置はあれど、みんな性格的に器量よしだから、プレイしていて楽しくはあります。

 ただやっぱりねぇ、微妙に絵が好みじゃないんだよなぁ……。
 実際立ち絵とリップシンク付きで見ていると、それなりに愛嬌も感じられていいのだけど、一枚絵だとその動きも減るし、もうひとつグッとくるものが足りないというのは贅沢な話か。

 とりあえず1月は今のところ何も手を出さない予定で(ヘンタイプリズン面白いだろうけど、体験版の雰囲気とヒロインはあんまり刺さらなかったのはあるので)、さて2月はどうしようかな、とは。
 ただ少なくともソフィーのアトリエ2と、グリザイアファントムトリガーの最終章は買うので、それにプラスしてまで欲しいか、というと、やっぱり微妙なラインではあるのでした。

 スローループの3話は、相変わらずひよりんが可愛いでござる。
 元々人見知りのひよりにとって、新しい家族や新しい学校など、環境がガラッと変化していくのは中々ストレスな部分はあるし、この子一人だったら感情の袋小路に嵌ってしまいそうな面はあって。
 ただそういう絡まった糸を解きほぐすというか、感情の出口を真っ直ぐ指し示してくれるこはるという存在が、ひよりを含めて家族関係や友人関係全てにいい影響を与えていく、そういう雰囲気と構成がすごくあったかくて好きですねー。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

誰しもが愛情は裏切れない

 最愛のチヨノオーちゃんが出てしまったので、これは引かねばならない案件でした。。。
 無料で120連分まで溜まっていたのだけれど、無事に、と言っていいのか、ピッタリ100連目でお出迎え出来て、ほっと一安心。

 そこまでに昇格で虹二つ出たのだけど、水着スぺちゃんとヴァンパイアライスというすり抜け。
 いや、確かにどっちも激マブ繋がりですけどちょっと違う!!となりつつ、最後は冷や冷やでしたが、ギリギリ標準確率の範囲内で何とかなりましたね。

 早速シナリオ楽しんできましたけど、まぁなんという可愛さでしょうね。。。
 イメージ通りにひたむきで一途で前向きで、けれど程々に弱さや愛嬌も備えていて、子供っぽさも程よくあって、仕草とか含めてイメージ的にスぺちゃんとフクキタルを足して割ったようなストレートな愛らしさだったと思います。

 シナリオも元々があぁだから、そこそこ重さはあるのだけど、そこから目を背けずに真っ向勝負で突き抜けていく、いかにもな主人公ムーブ。
 そういう真っ直ぐな強さが、周りにもいい影響を与えて波及して、巡り巡って、というのもいい塩梅でしたね。

 ただその結果として覚醒したレジェンドども強すぎませんか(笑)。
 JCのマルゼンもだけど、こっそり出てるラスト有馬のシービーめっちゃえぐい。。。
 どっちもチャンミで普通に勝てるレベルのステータスと完璧なスキル所持で、普通に育った程度では勝てませんわこんなの。

 あとチヨちゃんの私服、絶対的に可愛いねこれ。
 背伸びせずに可愛らしく、派手さはないけど明るくて爽やかで健康的で、そして黒タイツとかもはや私のツボを直滑降で狙いすましているとしか思えないレベル。
 正直ホーム画面に置いて眺めたいので、私服のホーム適応パッチはよください(贅沢)。

 何気に短距離もEで改造難しくないから、せっかくだしチャンミに出そうかなー。
 この子ならしばらくは育成にもモチベ持てそうだしね。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

そりゃそうだね

 ラブカミはサクヤルートをクリア。
 うん、やっぱりこれ後日談でイワナとイチャエロ出来ないのバグだよ。。。

 シナリオとしては、二人の神話を下敷きにファジーに組み込んで、上手く危機感と諦念、それを打破する覇気を紡げていると思うし、悪くはないと思います。
 でも本当に元の神話知らないと、いきなり呪いと言われても、ってなるし、イワナガヒメはそもそも容姿の問題もあるのだから、その辺はご都合主義的、と言われても仕方ないですよね。

 後はまぁ、強いて言えばイワナが主人公を、というのはいいとして、主人公からイワナに惹かれる契機というか、そのあたりの特別感はないよなぁ、とは思ったり。
 ヒロインルートとしてもそうだけど、やっぱりちょっと立ち位置や温度差はあるから、それをここから埋めていく作業が欲しいぜ、ってところでの後日談プリーズギブミー、とはなるのでした……。

 しかし改めて見ても、このルートのイワナの寄り添いお茶飲みの一枚絵、超絶可愛いよね。
 当時の私が衝撃的に惚れたのも仕方ない出来だし、なんならこれが原点的な要素として、この先しばらくのプルトップ作品でのヒロインの好みに大きく影響していたのは、絶対的に否定できない要素だなーってつくづく思うのでした。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

久々に行くしかない

 ラブカミはイナリルートをクリア。
 くっつくまでのすったもんだが長いけど、シナリオとしては比較的しっかりまとまっているし、嫌いではないですな。

 勿論カミサマネタの中で、色々こじつけというか、強引に故事と絡めて説得性を、という構図は、悪くはないけど突飛な部分もあるので痛し痒しではあります。
 でもその中でのイナリの想いとか、それを受け止めて支える主人公、その脇を固めるひなたの存在感も色濃いし、綺麗な話ではありますね。

 しかしやっぱりこのタイトル、攻略できないヒロインが中々に勿体なさ過ぎるというかね。。。
 勿論イワナが筆頭だけど、普通にひなたも可愛いしなぁ。流石に妹ルートは犯罪っぽいからアレだけど(笑)。

 そして新規のウマ娘、遂にチヨちゃんじゃないですかヤダー!!
 アニバを考えるとこのタイミング、どちらかと言えば繋ぎなのかもだけど、個人的には現状の既存キャラの中では一番欲しい子なので、これは迷わず正月で貯まった石を、全ブッパするつもりで行くしかございませんな。。。

 流石に天井には足りないし、カプリコーンのあれこれでどのくらいプラス出来るかにもよるけれど、ギリギリまで粘りつつ最悪は、というのも視野に入れておく所存。
 それくらいチヨちゃんはお気に入りなのです。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする