2018年10月17日

癒され癒され

 ケモノ娘の育て方をプレイ開始して、サクッとクリアしました。
 まー値段相応、というよりも更に短かった感触はありつつ、ただ内容としてはその分演出にもしっかり凝っていて、一々キャラの仕草や挙動が愛らしくていい感じだし、ストーリーとしても不可思議要素に頼りきりの部分はありつつも、その中でしっかり人の絆の意味、幸せの在り処について静やかに考えさせられるつくりにはなっていましたね。

 トータルで見て、純粋にいろはの愛らしさに癒される、というだけではない、中々世知辛い部分も孕みつつ、それでもマイナスの方面の味付けを強くし過ぎずに綺麗にまとめてあるのかな、とは思います。
 ただし主人公の優柔不断というか、博愛が過ぎて八方美人になっている部分を、物語的に美味しい、都合がいいと見るか、人として碌でもないと考えるかは微妙なラインだなー、って感じはなくもなく。ただそれはそれとして、千尋さんとても可愛いので実は攻略したい(笑)。
 ストーリー的に、まだその先をある程度見据えつつの区切り、って感じではあるし、作品の雰囲気は好きなので、そのあたりを補完する続き物が出るなら買ってもいいかな、と思えるくらいは楽しかったですかね。
posted by クローバー at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

まあそうなるのー

 既定路線の軌跡ロスで熱発してしまいましたぜ。。。
 まあこればっかりは、それだけプレイ期間中テンション高く無理が効いていたツケではあるので仕方ないし、それでもいつもよりは軽いので道中しっかりケアしてた意味もあったかな、とは思いつつ、ある程度切り替えをつける意味での休養にはなったかなと。

 とりあえずエロゲはケモノ娘からはじめるつもりだったけど、その前にリハビリとしてアメイジング・グレイスの体験版をプレイ。
 これは基本的にループ設定で独特の世界観を形成しているので、それだけでも中々に趣深いし、当然その中で見せてくれるヒロインの魅力と特異性がいい味を出していて、冒頭から引き込まれる読み口だったなと。
 体験版はもう一個でるらしくて、それが最初の破滅までになるのだろうし、そこから巻き戻しを繰り返して、それぞれのヒロインルートでヒントや欠片を拾いつつユネルートに糾合していくイメージで良さそう。これは素直に面白いと思うし、ヒロインもみんな可愛いのでぜひ買いたいところですかね。

 とりあえずまだ完調ではないので、今日もしっかり休んで、明日から万全に戻してケモノ娘⇒ラズベリーキューブと楽しみたいと思います。軌跡の感想も明後日に書ければいいなぁ。
posted by クローバー at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

長い、長い旅路でした

 閃の軌跡Wはようやっとクリアにこぎつけました。プレイ時間118時間、流石のボリュームと密度で、最後も都合が良過ぎるくらいに綺麗な大団円にまとめており、ここまでT〜Vと全て苦衷を舐めてきた結末だっただけに感慨もひとしお、というところです。
 もっとも最初はあっちのエンド見せられて、もしこれトゥルーの鍵持ってなかったらあれで終わるのかい。。。と戦々恐々とはしたのですが、あの獲得条件ってどのくらいシビアなのかなぁ。実際全て網羅してクリアしたのでその辺はなんとも。
 バトル的には終盤はほとんど嵌め殺しで済ませてしまったのでなんともですが、全体としてはバランス良く構成されていましたし、色々なキャラを使えて楽しかったのは間違いないですね。まあ閃シリーズしかやってない人には、過去作キャラの出しゃばりが激し過ぎると感じられるかもですけれど、空からの軌跡シリーズの総決算、という視座でも本当にしっかりまとめつつ、次以降への伏線もたっぷり巻いてきた感じで。

 結社関連もかなり謎のベールが薄くなった感じで、遂に盟主様も姿だけは見せてくれましたしね。
 ただあの姿は仮初で、実際としては現実世界の中で誰かに擬態して、という形で出ている可能性は強いですし、次以降の話も本当に楽しみになりました。
 とりあえず近々きちんと感想は書きますが、今は完全に燃え尽きで気力ゼロなので、一先ず爆睡して体力回復に努めます。大概このレベルの作品クリアした直後は体調崩すのが相場だからなぁ。。。
posted by クローバー at 20:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

一応、警察ですから

 閃の軌跡Wは杭攻略まで。
 いやー、盛り上がるとは思ったけど開戦シーンの迫力素晴らしいですねぇ。両雄まみえる、という感じの構図からの激突、無慈悲な空気感の紡ぎ方がかなりいい感じで、でも軌跡世界でああいう凄惨な場面は起こしちゃいけない、という所での足掻き、そのコントラストが最高に盛り上がるなぁと。
 そしてやっぱり全部地力攻略なのね。。。と思いつつ、しかし基本的にどの陣営も一人ずつはもともと育てられる面子がいるからなんとかなるか?と思いきや、ここでは装備固定なのかいって。
 個人的になにが面倒って、月鏡シリーズがないと宝箱の取り忘れがないか不安で仕方ない事だ(笑)。まあ仕掛け的にイベント戦の色合いは強いし、実際ボスもそこまでの強さではないけれど、ただやっぱりチームごとに得意な戦略も変わってくるからその辺のアジャストはちょっと厄介。特に突貫チームのCDあたりは、なんだけど、もっと突貫チームのEのえげつなさはなんなんだ。。。流石人外×3だわ、超つええ。

 あとなんだかんだで総合的に見た時に、支援課チームって少し弱いよね。まあそりゃ他はバリバリの軍人だの遊撃士だの猟兵だのだし、その中で戦いが本職ではない警察なんだから当たり前っちゃそうなんだけどさ。
 ともあれいよいよ本丸、しかしここもめっちゃ長いんだろうなぁ。またチーム分割攻略の可能性も高いし、本格的には明後日、かな。
posted by クローバー at 19:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

やる事はやった

 閃の軌跡Wは最後の巡回を一通り終えて、いよいよラスダンに乗り込むのみ。
 まあどうせまたラスダンが異常に長かったり、そもそもその手前の杭にしても自分でやるんじゃね?とか思うので、明日明後日レベルでクリアまで漕ぎ着けられるとは思えないですが、一応ここまでの全てはほぼ完璧に網羅できたので満足。
 人物だけはどうしたって一周目ではコンプできないし、他のやり込みは全てマスター、クエストも取り逃しなしで来れましたし、まあ今回は結構ヒント出しが親切だったから楽だったとは思うけどそれでも満足。
 個人的に一番苦労したのは実はぽむっとで、昔から反射神経問われる落ちもの系苦手なんだよね。でもラスボスティオだと信じていたから頑張れたよ。。。

 プレイ時間はここまでで105時間だからやっぱり相当なボリューム。今回は後日談的なものもありそう?という話も出ていましたし、まだまだ楽しめそうです。
 まあそろそろエロゲ生活にも進みたい気持ちはあるので、体力と兼ね合いながら出来る限り頑張ります。
posted by クローバー at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする