2020年07月09日

怒濤の重さよ

 碧の軌跡は3章の2日目までクリアです。
 ここに至って、水面下で動いていたものが一気に表側に噴出してくると言うか、このタイトルでも強烈なターニングポイントになってくる章ですよねぇ。
 まだ2日目までは柔らかい方だけど、それでもいくつか衝撃の事実が明らかになるし、最後の樹海でのあれこれはやはり心に来るものがあって、人の難しさ、弱さを強く感じさせますな。
 そんな中での家具イベント、キーアペンギンの癒しっぷりは流石の一言だし、普段は相当に過酷な修羅場を潜り抜けていながらも、普段の日常的な幸せ、和みを忘れないこの面々の芯の強さ、或いはそれを支える絆の強さにホッとさせられるものです。まあ終盤はキーアがああだし、切ないものはあるのだけど、閃でのキーア幸せそうだったし、それに至る為の必須プロセスと思うしかないよねぇ。

 乙女理論はクリスマス明けのデザイン選定くらいまで。
 仲良くなってもどうしても越えられない壁、感情的な軋轢と向き合いながらも、それでもありのままの自分でいられる可能性を、未来を摸索して、だけど五里霧中、というのがこの辺りまでの流れだし、それでも支え合って進んでいくならば、という強さがしっかり滲んでいるのは好きなところ。
 まあ真の黒幕が誰か、ってのはリプレイだとわかっちゃってるわけだし、その辺りも含めて苦々しい部分もあるというか、やっぱり基本的にメリルが傷つき折れるシーンは見たくないなぁ、って意味で、りそなルートまでやるかは微妙なところ。とにかく今回はメリルを愛でるのが第一目標なので、気持ちのままに適当に進めますです。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

来たぜ水着回

 碧の軌跡はインターミッション迄終了しました。
 しかしやはりこの会議、一筋縄ではいかないと言うか、今の時点ではプレイヤーにも帝国側の状況は透けて見えるから、なるほど、と今更に思う部分も多々ありつつ、それでもまだ共和国側は謎に包まれているから、全ての連関性がどこまで噛み合っているのか?というイメージにはなりますね。
 もっともこれから共和国編は必ずあるとしても、時系列的にどこからのスタートになるのか?とは思うし、その辺りも含めてこの日の展開はしっかり記憶に留めておきたいところです。

 そしてトワちゃんキター!けどいくらなんでも、あのお歴々の中にこっそりトワちゃんが混じってるのは違和感あるなぁ(笑)。
 もっともそれが許されるほどに有能で頑張り屋なのは当然わかってるし、合間にアンと電話してたりでとても和むのだ。

 インターミッションはやはり水着回だし楽しいよね、と。
 元々前回のプレイでどこまでチケットセーブロードでイベント見たっけ?ってのはあるけれど、最終的には全部ティオに寄せるのは絶対なので(笑)、今回はそこまで時間を食わない程度にサラッとつまみ食いしてみました。リーシャとノエルは可愛いよね、逆にフランのブレなささはそれはそれで凄い。。。
 物語も折り返しで、だんだん重い展開も増えてくるし、辛い面もあるけどコツコツ頑張っていきましょう。

 乙女理論もはじめて、まだ夏服じゃなくなったくらいですけど、やっぱりこの雰囲気いいですねー。
 ひねくれ者のりそなの成長譚としても魅力ある作品だけど、やっぱり個人的にはほのぼのと日常の中で、メリルと和気藹々してるのが一番和む。マジメリルたん天使過ぎて最高ですなー。
 一応こっちは、メリルをクリアした後に気力があればりそなも、流石にエッテは少なくともこのタイトルではやらんでいいだろう、という所です。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

名曲紹介:色に出でにけり わが恋は(色に出でにけり わが恋は・OP曲)

<曲リンク>

<歌詞リンク>

<思い出話>

 今日のご紹介は、ういんどみるより発売された色に出でにけり わが恋は、のOP曲になります。
 まあこれは違う意味で有名というか、これ以上ないOP詐欺として名高い曲なので、その点マイナーなのかどうかは議論の余地がありそうですけれど、そういう外側の話を抜きにして、やはり曲単体では非常に魅力があるので、この項目で取り上げるのには相応しいと思います。
 作品イメージとしては、どみるらしいファンタジーも含んだ美少女チャンバラ、みたいなノリで、まだ体験版部では、怪しさもあったけどさほど壊れた展開やテキストメイクは見当たらなかったので、冷や冷やしつつ特攻して騙された人は結構いるのでは?と、騙された身としては自己弁護しておきたいところです。。。

 とにかく実際、このOP曲とムービーのカッコよさは鮮烈だったんですよねぇ。
 曲自体は今でも結構聴いてますし、ストレートにスタイリッシュで情熱的で、伸びやかで力強い片霧烈火さんのボーカルも最高にマッチしていて、テンション上げたい時にはピッタリの一曲ですね。
 普通に桔梗とか可愛かったし、せめてもう少しでもシナリオがまともならねぇ……。
 
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

やっとこの

 碧の軌跡は2章の3日目の支援要請をコツコツ片づけているあたりですね。
 2日目の後半からは一気に物語が重々しさを増していくと言うか、やはりクローゼ可愛いよクローゼからのカムパネルラの介入、ティオの復帰と見せ場満載ですからねー。
 それにしても、やはりティオがいるといないとでは私のテンションが違い過ぎる(笑)。軌跡シリーズとの付き合いも長くなって、好きなキャラも数多いるのだけど、それでも未だに一番好きなのはティオなんだよなぁ私。
 ただ出遅れ参戦なので、特にマスタークォーツの成長率とかイマイチなのは面倒ではある、けど勿論愛を持って優先的に育てますとも。ティオのスロットの為にセピスも温存しといたし、アクセもアーツ特化向きに仕上げるべくしっかり用意しといたし、とりあえず速攻で硬直なしアラウンドノア使える体勢は整えたので、ある意味これでラストまでの戦略の主軸は決まったとも言えますな。。。

 とりあえずはもうちょっと実戦もざっくり積み重ねつつ、いよいよトワちゃんと逢うべくオルキスタワー突入です。
 にしても、2日目のキーアが見たのって、やっぱり列車砲ドーンで全滅エンドなんだろうか?この時点では無意識にせよ、キーアの至宝の力は生きる条件だろうけど、とはいえエレボニア側としても、リィンたちの奮闘とは別にして、解放戦線にそこまでの自由を許せるだけの余地があったのか?或いはそれも貴族戦線側の手引きありで?など、この辺りの背景はイマイチ正確に汲み取りにくいのはありますよねぇ。

 それにしても、くま鉄のニュースはショッキングですねぇ。せめてダメ人間としては、まいてつ買って支援するよ!と言いたいところでの延期ももどかしい……。
 様々な文化遺産が、様々な理由で難しい立場に立たされていく時代ですし、なんとか復興への道筋を立てて欲しいものです。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

テンションってあるよね

 フロフロは莉玖をクリアしてコンプリートです。
 他の個別ルートだと、主人公がようやく正しい鎖を見つけ、自分の道を歩む中で、ひっそりと忘れられてしまう悲しみを背負っていたわけですけど、それをさせてなるか、という主人公の気概の変転と、莉玖の本音でのラブっぷりが非常に好ましいラストルートになっていると思っています。
 まあみんなの助けを、って所に至るまでの面倒さはあるのですけど、それも含めてらしさは出ていると思うし、出来ればこのルートは、もっと普通にイチャイチャして、それを目撃されてあわあわする莉玖とか楽しみたかったなー、って気分にさせられますね。

 しかし結局、軌跡の合間の息抜きに、とはじめても、ついうっかりいつの間にか先に終わらせてしまう悪癖。。。
 でもなんというか、軌跡も楽しみなんだけど、RPGをやる体力気力の日では無い時、ってあるよね?と言い訳してみる。
 ともあれ次の息抜きは(ホントか?)、多分乙女理論あたりやろうかなーと。メリルに久々に会いたい。

 そしてぎゃー、まいてつ延期かぁぁ……。これはかなり楽しみにしてたんですけどねぇ……。
 となると7月も、新作グリザイアしか買うものがないというオチに。これはアレだね、じっくり腰を据えて軌跡のリプレイをやりなさい、いい加減根性据えて創作も再開させなさい、という天の啓示だねあっはっはー。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする