2016年07月31日

そろそろ本腰をば

 チマチマとしか進められる時間がないので、千恋はまだ茉子ルートの途中、ようやっとはじめてを迎えたくらいですね。
 まあこういう形で祟りが絡んでくるのはちょっと意外ではあったんだけど、基本線として過去からの因縁に基づいて、ってのはあるみたいでそこはしっかり触れていたし、大枠的にもこの街の、こういう立場でこその心境、精神性の独特さを、外から来た、けど土地の因習に理解もあるバランスの取れた存在の主人公がほぐしていく、ってのは鉄板的な構図でいいですよね。

 ともあれそういう背景を担保した上で、実に都合よくラッキースケベとときめきイベントを自然に組み込めてはいるし、そういう中での茉子の反応が一々可愛過ぎて死ねますな。あは♪の汎用性の高さにマジときめくわー、茉子可愛いですのー。
 そしてこのルートだと芳乃がいい意味でも悪い意味でもギャグキャラになっとる。。。いやまあその辛い立場はわかるし、茉子自重しろって話ではあるのだけど、もう「……」の時点でああーご愁傷様ですっ!でほくそ笑みが止まらなかったしね。挙句にムラサメちゃんに泣きつくとことか超可愛いし。
 茉子にせよ芳乃にせよ本当に素敵な台詞を素敵なボイスでかましてくれるので、もうお気に入りボイス登録が捗る捗る(笑)。そういうのとか、最低限この二人分は台詞全部聞くぜ!みたいな意気込みもアリアリで全然進められないけどでも仕方ない、だって聞き飛ばすのあまりに勿体ないんですもの。

 とまれ、今夜から本腰入れてプレイできるので頑張ります。
 しかし本当に今月は色々と不甲斐無かったなあ。予定外の作業とか突発的な忙しさやら色々言い訳はあるにせよ、やりたいと思っていたことの半分くらいしか出来なかった感覚がある。来月こそ、来月こそは多少修羅場から抜け出せるはずなので、まずはしっかり新作を堪能して、その上で積みゲーやら創作やらもコツコツ進めていきたい所存ですのー。
posted by クローバー at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

少しずつでも

 千恋はジリジリと進めて一応共通が終わり、茉子ルートに入ったくらいまで。
 途中から何となくはわかったけど、ある程度共通時点で当面の問題に目途をつけて、心境を恋愛に寄せるだけの余裕を紡いで後、恋人となった相手のありよう次第でより根源的な部分に触れるようになるか、或いはそれが励起せずに終わるか、という構図なんですかね。そうなるとグランド的なイメージは紡ぎにくいし、見た感じルートロックありそうでもなかったしなぁ。
 まあそれでも根幹に触れるのが芳乃とムラサメ、という構図は間違いないはずだし、そこを変に外的要因とせずに絡めてこれるか、その辺の丁寧さを楽しみにしつつ基本的にはヒロインの可愛さに溺れていればよいと。。。

 にしてもプレイしていると、当然芳乃はすっごく好きなんだけど、どんどん茉子が好きになっていく私がいる。
 関係性としても、芳乃から今までの当たり前を崩す、という体がないと動けない、というのはわかりやすいし、多分やりすぎて悄然とさせるんだろうなー、とか思いつつコツコツ進めますです。

 そしてきゃべつさんがいい感じに私を萌え殺しにかかってるね。。。
 まあこれの場合、メインのロリ先輩@遥そらさんも当然わーい、なんだけど、むしろ後輩ちゃん@藤咲ウサさんのほうがなんとなくときめき度が高かったりする。巫女さんだけわからんけどともあれ楽しみがいや増すというものです。
posted by クローバー at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

シャーリィを探せ?

 マインは結局あと三つシーン回想が埋まらなかったけど仕方ない、かな。位置的に恵里衣関連が二つとあと那津美がひとつ、だとは思うんだけど時間切れ。またいずれ探すかもだけど、感想書く範疇での問題はないからめんどくてスルーするかも。多分感想は輸血箱とまとめてにするだろうしね。

 んで今日は予定通りに新作五本、千恋*万花、アマツツミ、フローラル♰フローラブ、少女マイノリティ、死に逝く君、館に芽吹く憎悪と査収してまいりました。おそらくはプレイ順もこんな感じだと思います。しかしアレだなあ、死に逝くは滅多に手を出さない猟奇枠ではあるわけだが、ぶっちゃけマインで結構その方向の成分はお腹一杯になってしまったという無駄な巡り合わせでもあったり。。。いや、それはそれとして楽しめるとは思いますがね。

 また週末は時間がないので少しでも進めるべく早速千恋をプレイ中。でもなんだかんだでボイスと立ち絵をゆったり堪能したいしで、まだまだ体験版部の途中ですね。
 まあそれにしてもやっぱりキャラの可愛さは凄まじいというべきか、本当に幸せ時空でいいですよねぇ。キャラ萌えに関してはもう鉄板だからこそ、後はこの伝奇的要素の強いシナリオがどう収束していくのかが楽しみであります。
 そして体験版の時は気付かなかった(というかいなかった?)のですけど、田心屋に沙々羅がいる(笑)。これはあまりに露骨だからすぐわかったけど、もしかすると他にも背景の中に歴代キャラ混じってるのかな?ウォーリィを探せ、ならぬシャーリィを探せ?みたいな。。。カウントダウンでもやたらと出張ってたしねぇ。

 多分サブキャラは恒例の一人クリアロックだと思うし、まず一周目は茉子で、その後芦花、小春、レナとやって、ラストの方はロックとかあるかもだけど何事もなければムラサメ、芳乃の順で締め、ってイメージですかね。やー本当に楽しみなラインナップですなぁ。
posted by クローバー at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

君には難し過ぎたかな?

 いやもう全然無理、起きてはみたものの全身まともに動かないわ発熱してるわ半日パタンキューでした。ままならないよねぇ、どうしてこんなに忙しいのか。。。我ながら貧弱過ぎるのもありますが。
 ともあれやっとこ動けるようになったところでコツコツマインを進めていたんですが、しかしこれはこれでえっらい難しいんですわ。バッドエンドとかに行きあたると、イージーモードが途中から使えるようになるのだけど、それでも全くイージーじゃない。むしろこれだけのフラグ管理をちゃんと出来てるところが凄い。どっかのこの恋に見習ってほしい(笑)。

 それでもまあ一応メインと思われた悠夏絡みからのエンディングは、あれこれやりくりしながらなんとか概ね全部見て、だから先にトゥルーっぽいのまでクリアはしたんですけども、エンディングはあと二つくらい、シーン回想に至っては7〜8個埋まってないんですよねぇ。本筋部分の話はとても面白かったし、ダブルヒロイン、という綺麗な構図で丁寧に纏まっていて、なるほど評判がいいわけだと頷けるだけの内容ではありましたけど。
 とりあえずもうちょっとあれこれシーンの在り処を探ってはみるけれど、輸血箱のほうもあるわけでどの道今日中に綺麗にコンプは絶対無理だし諦めよう。どの道すぐに感想書けるわけでもなし、ちゃんとトゥルーに至るまでのシナリオ忘れないようにしないとなぁ。

 しかしそんな中で、昨日癒しを求めてこっそり久しぶりにアイリスを起動したら、思いのほか愛着が薄まってなくてヤベェものっそいかわぇぇっ!と、ついつい個別一周したくなる衝動に駆られております。あぁ、時間が欲しい……。
posted by クローバー at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

本日休業

 予定通り時間もない体力もないで何も出来なかったりね。。。
 まあわかっていたことではあるし、流石に新作前であってくれて良かったとは思うのだけど、色々とままならなさにぐれたくもなるのだ。
 とりあえず明日頑張るために、今日はほんの少しだけ癒しを求めてから速攻寝るですの。
posted by クローバー at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする