2017年03月04日

あぁ勘違い

 スイセイギンカは体験版部を超えてちょっと進んだくらいですね。
 んー、改めてのプレイでもキャラのやり取りや状況の作り方、キャラメイクにそこはかとなく匂う残念感というか歪さも含めてらしいな、って思うし、しかし相変わらず学業に重きを置く人だ。。。
 まあ基本的にはどのシーンでもいざな可愛い!で済む話ではあるのですが、色々と事件に巻き込まれる中で大分当たりの弱くなったチョロイン担当の青香さんはともかく、桃さんやマリアはここからもうひとつふたつ絆を深め、関係性を飛躍させる仕掛けが要りそうな雰囲気ではありますよね、立場的に。

 とりあえずそのチョロインさんから始めようとは思っているのですが、地味に選択肢に迷う部分はある。
 ぶっちゃけ禍根経つべし!とは思うのだけど、ああも明確に思い残しというかがあると、とりあえず確保でどの道後々一波乱、って方がしっくりくる気もするし、まあそこまで深く考えずとも、閑話的な扱いの蓄積でなんとかなるのかもですけれど。
 しかし最初の街巡りも含めて、選択肢の出方がどうにもリバコロを思い出す私なのでした。ぐぬぅ、セルリアとアズライトに久々に会いたいなぁ…………。
 いつもながらに週末はほぼ進まんので、改めて週明けに本腰を入れて、ですね。
 …………そして懺悔、実は昨日までずっと、タイトルスイセイギン「ガ」だと勘違いしてた私。。。実はギン「カ」なんですね、先入観のイメージって怖いわー、というかするとタイトル的に水葬銀貨とやたら被るね。

 乙女メロディーもマスターアップ、そうよね、アンサンだものまず延期なんてせず淡々とリリースされるよね…………。今回結構気になってはいるんだけどなぁ。
 そして同じくアンサンのお嬢様は素直になれない、こちらはパッと見の印象時点ではあまり食指が伸びない感じでした。
 設定的にはおじょナナっぽさはあるのだけど、ライターさん的にもいきなりああいう奇を衒ったのが出てきそうにもないし、キャラデザインもそこまで惹かれないし…………と思ってたんですけどね、なにその、あんまりCVで冒険的じゃないアンサンなのに、といったら失礼かもだけど、遥そらさんと小鳥居さんを揃えてくるとかピンポイント私殺しじゃないですかヤダー!!
 まだせめてどっちか一人なら留保、とも言えるのですけど、二人揃っちゃなぁー、6月戦線が他との兼ね合いでどうなるか、って部分で悩み度合いは違ってくるけど、どうであれ買わないわけにはいかぬ、ってなっちゃうのが性、嬉しい悲鳴というやつですな。

 甘夏体験版は来週の内にはなんとか。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする