2017年03月06日

禍根を残しちゃいけません

 スイセイギンカは青香をクリアです。
 とりあえず体験版部から後の展開、共通の流れの中で、ひとつの大きな禍根を立つか否か、というのが、主人公視点でもないところで分岐選択として立ち現れるのはシステム的にどうなん?と思う向きもありつつ、ただわざわざここにそれを置くというのは意味はあるんだろうなー、と思いつつでしたが、うん、やっぱり激しく禍根なのね、知ってた(笑)。
 そもそもなんでそこで逃げられたのか、むしろ逃がしたんじゃね疑惑すらあるけれど、その辺の背景は別ルートの課題に残すとして、ともあれ青香シナリオの中ではどうしてもそこに決着をつけないと、ってのは明瞭でしたし、一見チョロイン的な青香でも、そこからの飛躍においてはどうしようもなさに紛れる、という感じで。

 まーなんでしょうね、どうにもこの雰囲気、というかそもそも主人公からしてまともに恋愛できる立場、ありようではないという自覚は有る上で、下手するとまたこれ最初の三人真っ当には恋愛に漕ぎ着けられないパターン?と感じる向きもなくはなく。
 個人的に言えばそれが駄目、って事は当然ないし、それが最終的なルートにおける説得性を高めるのに有用であればより構わない、となりますが、さてどう見られるものか。まあ流石にハルキスよりはそのどうしようもなさに必然性をイメージしやすい代わり、超常的な力も抱き合わせではあるから難しいよなぁ、というか相変わらずこういうの好きですなぁと。。。

 シナリオとしてもやはりこのルートだと過去の清算がメインであり、そこからの進展はただ待つ、という形でしかあれないから、やっぱり一番最初で良かったっぽいですね。CG枚数の割り振りからしても、核心に近づくにつれて、ってのは見えてますし、素直に次はマリアにすることにします。私の文脈からして、唯一のロリっ子が番手とかレアではあるが。
 にしても、青香は青香で中々に可愛かったですけれど、しかし彼女の真実を知ってからのいざなの果敢さ、真っ直ぐさ、気風の良さにすこぶる惚れる。。。さっすがメインヒロイン、まさかのカップル成立見届けモード、初夜(のようなもの)立会人まで堂々やり切るあたりパネェっす(笑)。
 あとなんだかんだ姫ちゃんかわゆいよね。もっともっと出番があると良いぞ、って言うと、なんか主人公にもっと死にそうな目に遭え、と言ってるのと同義っぽくてなんですけれども。。。
posted by クローバー at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする