2019年10月18日

もうちょっと

 イース\は最終章に入って、たぶんラスダンの手前ですね。まだマップ踏破率が80%台だからもうちょっとあるかもしれないけど。
 8章ラストでのアドルら怪人達の真実や、それに伴う諸々の複線の回収はさすがの手際でしたし、そこでも決して挫けることなく、今まで培ってきた絆を武器に立ち向かう意志を感じさせる流れはとても王道的でいいですね。
 またキャライベントも続々と最終的な立ち位置を決める流れを持ちつつのものが出てきて楽しいのだけど、それにしてもやっぱり今回白猫ちゃんメインヒロイン過ぎぃ!
 全体的にそもそも猛牛みたいに相手が決まってたり、アプリリスにしてもダーナ同様に戦友、という色合いが強い関係性の中で、ちゃっかりほんのり慕情を込めたイベント持ってくるあたりがズルい!私も白猫ちゃんと別れたくないんだよぉぉぉ!

 そんな感じでとっても名残惜しいのですけれど、なんとか頑張って今夜中、いやせめて明日の朝までになんとかクリアしちゃいたいところです。やっぱりコンシューマ2本がっつりやると相当時間くうよなぁ、わかっちゃいたし納得できる楽しい時間だったけど、色々やらねばならないことも溜まってしまっているし頑張りましょう。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

佳境と成長と

 イース\は8章の途中まで終了。本当はお休みの日に色々やらなきゃなんだけど、昨日の精神的な疲れを引きずっていたので、ついつい延々とイース\に没頭してしまったりね。。。
 でもかなり進めて、シナリオの謎や伏線も回収されてきたし、情勢も緊迫してきて、いよいよ佳境って感じでいいですね。
 そして直前にやってた8章の、不当逮捕の件を受けての白猫ちゃんの凛々しさったらもう最高じゃないですか。。。ここまでで培ってきた絆や強さが結実した素晴らしい交渉と啖呵だったと思うし、基本的にすごく可愛くて善良なのに、きちんと譲らない部分は譲らない、そういう芯の強さまで醸成されて、本当に今回はこの子が好き過ぎてそれだけで大満足の作品になっちゃってます。

 勿論全体の完成度の高さ、シナリオの面白さも確かなんですけどね。それを確定するのはクリアしてからじゃないとだし、この街にまつわる諸々の問題がどういう形でクリアされるのか、とても楽しみにしてます。
 7章ラストも中々衝撃だったけど、ただまぁあれは普通に生きてるよねきっと。。。しかし過去の英雄編はほとんどジャンヌダルクの物語のトレースではあるので、そのあたり詳しくないとピンとこない部分はあるかもしれん。個人的にすごく久々に傭兵ピエール読み返したくなってきたなぁ。
posted by クローバー at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

色々出るのね

 イース\は5章が終わりました。
 ちょっと今日は、というよりまたしばらく諸々忙しい&生活リズムが崩れるところがあって、そのせいで珍しいミスなんかもやらかしてテンション低めなのですが、そういう時こそ白猫ちゃんで癒されねばならないのだ。。。
 しかしこの辺りまで来ると、宝箱ひとつ取るにも複合的な異能アクションが要求されたりで、不器用な私には中々に大変。あと1跳びで辿り着く、ってところで滑落したりとか日常茶飯事だし、何度白猫ちゃんを崖の下に落としてしまったか(笑)。まあそのおかげで花弁は全部取れたし、宝箱も今のところ取り逃がしなく進められてるはずなんですがね。

 そしてここでも古代種とか。。。
 このあたりも色々複雑な仕掛けはありそうだし、アドルの在り方と繋がっているのかなーとも思うけど、さてどうなるか楽しみですね。
posted by クローバー at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

変化球なしですね

 イース\は5章の半ば、これから監獄突入、ってあたりですね。
 しかし牛さんの正体は全くそのままではあったねぇ。むしろあれが逆に罠か?なんて思ってたけどそんなことはなかった。。。
 そろそろ仲間も増えてきて、あれこれワイワイと賑やかな雰囲気になってきたけれど、どんな時でも徹頭徹尾可愛い白猫ちゃんに今日も癒されまくりであります。

 シナリオ的に、というか舞台的には、ガリア戦記が下地にありつつ、でも本来の歴史のベクトルを逆転させて、その前に英仏100年戦争的なものがあった、という設定みたいですねー。
 このあたりは実際の歴史を準えながら見ていくとなるほど、と思う部分もあるし、その点でもかなり楽しみですね。
posted by クローバー at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

つい狙っちゃうよね

 イース\は4章の途中、人形さんがパーティメンバーに加わったくらいですね。
 3章の鷹編も面白かったし、少しずつクロスオーバーな部分も本格化していって、この絡繰りがどういうものかはかなり気になるし、またそれぞれの物語もしっかり味わい深さがあって面白いですねぇ。
 基本的に鷹に対しては好印象を持ってなかった白猫ちゃんが、なんだかんだでアドルを間に挟む事で少しずつ慣れていくのが楽しいというか、基本的に白猫ちゃん全体的にアドルの実質面での相棒としてかなり優遇されてる気がする。[のラクシャポジションというか、シャ繋がりでそういう立ち回りなのか?とか思ってしまうけれど(笑)、そりゃ私としては活躍の場が多いのは嬉しい限り。
 
 4章も人形さんの在り方とかいろいろ気になる要素満載だし、満月のグリムワルドとか中々熾烈な状況もあったりで、やっぱり緊迫感あって楽しいですね。
 まあ戦闘的には、しっかりレベル上げしてるし、基本成長アイテムを白猫にしか使ってない&基本白猫しか操作キャラでも使ってないので、流石の私でも慣れてくる。
 というより、ケルべリアンバーストが、ラクシャのリーサルレイドみたいにディレイ持ちなので、発動するたびに相手の動きを泊めてくれるので超便利ですわ。基本これ連打してるだけで、イージーならなんてことなくオールS叩き出せるレベル。まあいずれ他キャラ使わねばならないシーンとかも踏まえて、特にせめてアドルくらいはもう少しスキル上げとかないと、とは思うのだけど、白猫ちゃんが好き過ぎて手放せないのだ。。。

 そしてついつい、レコードにそれぞれのダンジョン制覇率とか記録されるから、100%にせねばなるまいと頑張って余計に時間を食う私。まあこういうのもお約束だよね。
 あとあまり関係ないところだけど、アーチェの声にめっちゃ聞き覚えがあるぞぅ。。。
posted by クローバー at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする