2019年10月07日

ライザのアトリエ 無垢百合の少女と秘密の隠れ家 前書き

 というわけで、未だ本編の感想もちゃんと書いていないのに(今週の木曜に書きます!!)、創作の構想だけ先走るというダメっぷりを発揮しつつの、クラウディア×ライザの百合百合ifエピソードですね。順番大切です。基本クラウディアが攻めです(笑)。

 詳しくは感想でも書きますが、基本的にシナリオの大筋で不満に思ったり、物足りない点は今回はそんなにないです。
 敢えて言えば、こんな短い期間想定で主人公チーム成長し過ぎだろ!くらいですけど、そこをわざわざ冗長にして何か書くのもナンセンスですし、完成度そのものはとても高かったと思うので、あくまでも本筋は尊重・踏襲しつつ、その隙間で二人の友情が友情を超えていく流れを並列的に紡ごうかな、と思っています。
 私の創作で言うと、丁度恋剣の時のゆずゆりと似たような構想ですね。

 今回はそもそもの動機が、ライザちゃんエロ過ぎるだろ!に尽きるので、普通にイチャエロまで頑張る予定です(笑)。
 だってねぇ、私服とキャラデザがエロいし、サマーバケーションすると露出大幅アップで更にエロいし、ジャンプさせればその都度お胸がぽよんぽよんしてエロいし、戦闘勝利アクションもエロいし、隙間をカニ歩きするときは絶対にお胸の先っぽが擦れてそうでエロいし、もう枚挙に暇がないエロ可愛さなんですもの。。。
 ついでにクラウディアも、なんだかんだでスカート丈短めで黒ストがとってもエロいし、横から見るとスカートのスリットがめっちゃ際どくてエロいし、元々キャラデザそのものはクラウディアの方が好きだから、甲乙つけがたい魅力がありまして。

 といって正直、この話の流れの中で野郎と絡ませるのはやっぱりなんか違うなー、という感じなので、そうなるとやはりここは百合しかない!と私の中の悪魔が盛大に囁いてしまって、ノリノリで骨格を組み立て始めてしまった次第です。今めっちゃ忙しいけど、でも後悔はしていない。。。
 個人的に今回の本編のシナリオはかなり好きなので、あまりそれを無粋に踏みつけにし過ぎないようには配慮しつつ、かつ流石にイチャエロ一辺倒、という事はなくて、ある程度シナリオの流れにそぐう心情の踏み込みや、本来のアトリエシリーズらしいゆるふわ優しい着地点を目指してやっていく所存です。

 一応現時点で全12話を予定しており、まあ半分くらいはエロい話のつもりなんですが、その辺は書きながらある程度臨機応変に、ですね。でも元のシナリオとの整合性やタイミングの問題もあるので、多分このままになると思います。今回は本編のどの時点で、というのがわかりやすいように、それぞれの話ごとにそれを明記しました。
 クラウディアの日記は基本数行から長くても十数行、下手すると一言のおまけ要素なので、1話更新ごとにセットで書いていく予定です。

 とりあえずひとつ前の創作が恋借りだったのですが、あれはあれですごく楽しかったものの、どうしても会話に頻繁にギャグを入れなくちゃ!的な強迫観念が付き纏ってもいたので(笑)、この世界観ならそういう無理はせずにナチュラルに書けそうなのは、基本ギャグテキストなんて苦手もいいところの私としては助かる要素ではあります。
 勿論それで面白くなるかはやってみないと、ですけれど、まずは自分自身が楽しめるように、コツコツと書き進めていこうと思います。

2019/10/07 『君と出会えた奇跡』を聴きながら
posted by クローバー at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まあわかってたけどね

 ようやっと千桃FDに着手して、とりあえずエルザ、千羽矢まで終わらせました。
 でもまぁ、大体予想していたけどごくごく普通にFDで、一人当たりの尺もかなり短めではありますねー。その分色んなヒロイン攻略できるのは楽しみではありますが、一応メインの朱璃くらいはなにか違う色を見せてくれるのかな?
 そういう意味も込めて、一番好きなエルザを敢えて最初に持ってきましたし、やっぱりとても可愛くて魅力的で超好きなんですけど、もうちょっと尺は欲しかったぜ……。

 千羽矢はほぼifに近い形の展開で、そういう過去であれば未来のカタチも全然違ってそうだから何とも言えない面はあるけれど、あの時代のあの時点で災厄を未然に防ぎ、その流れの中で結ばれて、ってのはまあひとつの可能性としては妥当な色合いでもあるのかなと。
 千羽矢自身はやっぱり魅力的なヒロインではありますし、本編では攻略出来なかったのでその意味でも需要はあったと思うけど、こっちも全体的に巻き気味で短かったので、せめてもう少しイチャラブエロスを堪能出来ればなぁ、とは思います。全体的にコンパクトなんだよねやっぱし。まあサクサク進みそうでその点はいいのですけれどね。
posted by クローバー at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする