2019年10月31日

基本的には

 クロスコンチェルトは鏡花をクリアして、今はもっかい本編入ってからの共通をサラッと流している所です。
 とりあえず鏡花に関しては、元の関係性がしっかりしているし互いの意識もほのかには、って土台があるから、そこからの進展や想いの方向性ってのはやっぱりここまでの中では一番しっかりしていて、その分感情移入も強めに持ちつつプレイできたのかな、とは思います。
 ただやっぱり土台の問題に対しては、対症療法的な解決である事はここまでの他のルート同様に一貫していて、それら全てを未来視の中でしっかり把握している瑠璃ルートにおいての、という礎石である面も否定はできない、という匙加減ですねー。

 選択肢も明らかにどこで分岐するか、階段的な構造の中であからさまではあるからそこからでも良かったんですけど、一応改めて全体像や外側のスタンスの解釈を固めておく上で、体験版部はすでに2周してるから、1周しかしていない本編の共通部を、という形で丁寧に進めてます。
 まあ実際、そうしようと思えるくらいは楽しいし、瑠璃を筆頭にヒロインみんな可愛いのでね。しかし甘えモードの瑠璃可愛いのぉ。
 とりあえず週末はまた土日、下手すると月まであまりこっちでは動けない公算が強まるので、出来れば明日中にはクリアしてしまいたいところです。
posted by クローバー at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする