2020年01月31日

箸休め的な

 今月の新作は、恋借りの八純&絵未編、あまいろショコラータ、サルテ、風雷戦姫神夢の4本です。
 前の二つはともかく、凌辱色が強い後ろふたつは、今にして考えると絞っても良かったなぁと微妙な気分ではあるのだけど、買ってしまった以上は楽しむとしましょう。ただ個人的な戒めというか、とりあえずいくら飴川さんがいるぜ!と思っても、白詰四姉妹は買わんぞ、と書いておく。。。
 とりあえず記載した順番で進めていきますが、2月は本当に怒涛のように忙しくなってしまったので、前2本はともかく後ろ2本は中々手がつかないかも。2月の新作もハーレムキングダムだけになったので、最悪比較的余裕のある3月に繰り越せるからね。

 その穴埋めというか、今でも週末忙しい日はほとんどスケジュール帳埋めるだけの一言記事は結構あるんだけど、そういう時にちょっと余力があったら、エロゲ音楽ネタで不定期企画やろうかなーとは。
 私って基本的に物を捨てられない人だから、今まで延々と積み重ねたプレイ作品はほぼほぼ全部所持してるのだけど、流石にいくらかは整頓して処分せねばならない事情も出てきて、サブコンテンツデータの方からそれをちまちま進めているのですよね。
 その過程で、昔はよく聴いてたけど今のPCには入れてない曲とか改めて入れて聴いたりしてると、ゲームとしての知名度は少ないけど曲としてはすごくいい、或いはゲームそのものは有名でも曲自体はマイナー?みたいな名曲が結構出てくるので、こないだの殿堂みたいに、自分の思い出語りとセットでチラッと曲紹介してみようかな、と。
 ほぼ完全に自己満足だけの需要はない企画だけど、ゲームプレイする時間がなかった時、リプレイばかりで特に書く事がない時にやってみようかなとは思ってます。勿論それを仕込む時間すらなければいつもの一行記事になるのですけど。。。

 まいてつのラストランもいよいよ本格的に情報が出てきましたねー、超楽しみ。
 ちょっとお高いけどこれはマストで買わねば!だし、それにしてもポーレットさん、ホットパンツ黒ストとか貴女人妻になっても最高過ぎるじゃありませんか(笑)。
posted by クローバー at 18:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

終わったぜい

 殻の少女は無事に全エンドとCG埋めてコンプリートです。
 かなり胃が痛いエンドも多かったけど、それ以上にとっても耽美で雰囲気のある素敵な作品だな、という感じで、フラワーズなどはここから残虐性を削ぎ取った、けれど根底に潜む美的感覚や感性は一貫してるんだなと改めて思わせてくれましたね。
 いつになるかはともかく、三部作の完結はある程度見えているようなので、そこはしっかり追い掛けようかな、と思います。虚のリメイク版待ってます。
 感想もその内に書ければ書きます。ちょっと2月前半猛烈に忙しいのだけどね。。。

 明日からは素直に新作プレイしまーす。
 ただ今の時点で言うと、ちょっと1月買い過ぎたな、と。予約する時点では忘れてたけど、アワード書いて、生活環境諸々含め、色んな意味で絞っていかなきゃならんのに、というのはあるのです。
 まあ流石に手付してしまったものは仕方ないし、2月から頑張りましょう(笑)。丁度籠の鳥も延期になったし。。。
posted by クローバー at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

ひぃぃぃ

 今日も色々やる事多くて、殻の少女はあんまりすすんでいないんですけど、それでもエンドを五つくらいは埋めましたかね。
 というか、今日は基本的にバッドエンド方向だったので本当にえぐいというか、凄惨で残酷な展開多かったなぁ。紫ちゃん誘拐からの選択肢とか鬼か!って感じだったし、挙句はあんなだし、ホント容赦ない。そして妹ルートはないのかこれ。紫ちゃん超可愛いのにぐぬぬ。
 まあプレイ感としては、スキップがほぼ既読ジャンプなのでスイスイ進むのはいいんだけど、贅沢を言えば操作パートスキップもつけて欲しかった。いきなりポンっと操作場面になっても、どの流れだったか思い出せんし。。。
posted by クローバー at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

それでトゥルーなんかい。。。

 殻の少女はちゃんとボーカルつきのEDクレジットが流れるトゥルーエンド含め、今のところで1/3くらいエンドリストが埋まった格好ですね。
 物語としては非常に入り組んだ人間関係と、そこに共通して蔓延る狂気が実にえげつなく、冬子を軸としてそれに翻弄される側の悲哀なども含め、色々考えさせられる作品にはなっています。
 というか、ちょっとでも選択肢ミスすると容赦なくメイン級のキャラもバッタバッタいなくなるし、むしろミスしてなくても不可避にいなくなる子もいるしで、やっぱり方向性としてはかなり凄惨。その上でまだ続編があります、の微妙な終わり方でもあるから、中々に感情の置き所が難しいですね。

 勿論すごく綺麗にまとまった質の高いシナリオなのは間違いないですし、絵も楽曲もとても良くてすごく面白かったけど、しかしこれで最終的に冬子に幸せはくるの?と疑問しか覚えない終わり方だしなぁ……。
 まあとりあえず明日明後日あたりでコツコツと残りの嫌な感じのエンドは終わらせていきます。虚もプレイしたいけど、こっちもリメイク版出るっぽいからそれまではガマンでいいかなー。
posted by クローバー at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

ひぃぃ残酷

 殻の少女はちょこまかと進めて、今は第12歌を進行中ですね。
 ここまでも結構色々残忍な展開、衝撃的な展開は多かったけど、しかしここで輪をかけてダメージの大きいものが……。流石に問答無用で、ここまで結構な出番があって目立っていた子をさくっとポアしてしまうとはえぐいし、心が痛いにも程がある。。。
 まあそれ以外にもあちこちに不穏の種しかないし、これってハッピーエンドが有り得るのかい?ってくらいに思えてきますね。まあ続編がある時点でそれなりに、とはなるのだろうけど、楽しいけど胃も痛いという不思議な作品であります。

 明日も色々やる事多いし、どこまで進むか知れたものではないけれど、まあ無理せずコツコツ頑張ります。
 そして一度時間作れなくなったら、まるっきり創作の続き書けなくなったな……。いや、書き切るつもりはあるのだけど、本来はもうちょっと2月半ばくらいから暇なはずで、そのあたりでまとめてなんとか、と目算していた当てが綺麗に外れてしまいさてどうしたものかと。
posted by クローバー at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする