2020年03月04日

名曲紹介:二藍−あいいろ−(恋神−ラブカミ−挿入歌)

<曲リンク>

<歌詞リンク>

<思い出話>

 今日紹介するのは、PULLTOPのラブカミより、挿入歌の二藍−あいいろ−です。
 私にとってPULLTOPはある意味特別な地位を占めているメーカーではあり、それは幾度か言及しているように、はじめてのエロゲがゆのはなである事、そして自分の中で不朽の名作であるかにしのをリリースしている事が大きな要素になっています。

 なので、実はこのラブカミの時は色々複雑ではあったのですよね。
 それまでのPULLTOPの体制が一新されて、色々ガラッと変わってのスタートではありましたし、果たして今までの、私が好きだった空気感はどうなってしまうのか?と思っていたものです。

 その危惧は半分当たり、半分外れという所で、確かに以前の空気感をそのまま踏襲はしていないものの、それでも暖かな世界観と魅力的な作品を生み出し続けてきた、という点で高く評価しています。
 まぁ最近は流石に微妙ですけれど(笑)、この態勢になってからもころげてにみあげて、あと地味にピュアソングガーデンとか好きですし、このラブカミも好きな部類には入る作品で、そしてその評価の大半は音楽に依るところが大きいです。

 この作品は和テイストを強く打ち出していて、楽曲もそれに倣っての雰囲気の統合性が見事でした。
 ボーカルも当然そのベクトル上にあり、どれも程よく和ロックな印象を残す名曲ですが、その中でもこの挿入歌のあいいろが一番好きですね。流麗なメロディラインと情緒感が本当に素晴らしいですし、歌詞も綺麗で大好きな曲ですので、是非聴いてみてください。
 作品本体としては、イワナちゃんが攻略出来ない致命的なバグがあるのだけは未だにぐぬぬぬ、ってなりますけれど(笑)、いつか暇を作れれば一度くらいはリプレイしてみたいところですね。

posted by クローバー at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする