2020年03月16日

ある意味一番の

 天使の羽根は空をクリアしました。
 少しずつここから舞台の裏側に触れていく話、って事にはなるのだけど、まだ空の場合は自身の境遇と、それがどう裏側に繋がっていくか、という部分がメインではあるし、その流れの中での想いの発露、気付きの在り方がとってもヒロインしてるなー、と。今改めてプレイしてみると、このルートが実は一番まともにイチャコラしてる気すらする。
 そもそも主人公にその気がなくても、普段のじゃれ合いそのものが空にとっては色々な意味で免罪符であり救済でもあったのだろうから、その点も踏まえて考えるととってもいじらしいな、ってなるし、女の子変身モードはめっさ可愛いので楽しめました。
 シナリオとしては流石に羽音には見劣る部分はあるけれど、これはこれで大切な想いを最後に繋げる為のピースになっているはずですし、ラストのトゥルー、楽しみですね。勿論大枠は覚えてるけど、細かい部分は大体忘れてるしね。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする