2020年04月18日

いいですねぇ姉妹丼

 ころげてのリプレイは、亜紗と依瑠までクリアしました。
 このルートは基本的に、メインの流れに比べてやや小難しいと言うか、観念的な部分がより色濃く出ていて、その辺はライターの個性の反映でもあると同時に、この見た目に超愛らしい双子の内面の葛藤や複雑さ、独特の感性と繋がりをしっかり味わえるつくりになっているのがすごくいいですよね。
 まあそれを実現するために、亜紗をクリアしないと依瑠には入れない、かつその依瑠ルートは姉妹丼で、そうでないとグライダー制作における大目標に手が届かない、依瑠の本気を引き出せない、という構図になっているのは、人を選ぶ流れかもしれませんが、私としてはその、才能と財産という武器を惜しみなく投入してでも、という、それぞれが持てる全力の行き着く先の投影という意味で気に入ってますし、なにより二人一緒に、の時の方が二人が普通に幸せそうですしね(笑)。
 CV的にもお気に入りではあるし、そりゃあメインの小鳥天音ルート程の破壊力はないにしても、やっぱりこのころげて、という作品の脇をしっかり支えるいいシナリオだと思ってます。基本あげはルートが足を引っ張ってるからねぇ。。。

 次は小鳥に進む予定でしたが、雨音ちゃんアフターの体験版が出てきたんですよねぇ。
 これ正直、どうせやるなら雨音ルートをリプレイしつつやりたい、という気持ちもあって、その辺りどういう組み立てで行くかはちょっと考えます。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする