2020年04月23日

荒ぶるアヒルのポーズ!

 ころげてFDはほたるとアフター以外をクリアしました。
 全般的にビフォアとアフター以外はさほどのボリュームではないのでサクサクと、なんですが、今回は本編であげはルートやらなかった事もあり、姫城姉妹ミニアナザーの違和感がすげぇ。。。そうなんだよねぇ、このルートのほたるはどこか、というかなにもかも壊れててなんだかなぁだったんだった、と。まあエロいけどさ(笑)。
 双子編はもうちょっとボリュームあっても、とは思うけど、このルートは基本的に本編二人分で語りたいテーマはしっかり描き尽くしている、という面はあるだろうし、佳奈子は別に嫌いじゃないけど、ヒロインよりは見守る立ち位置の方が似合うのも確か。それは実はあげはにも言えるのだけどね。

 今日プレイした中での本丸はもちろんビフォアで、なんかこれかなり久し振りにやったけど、イスカめっちゃ可愛いよねこれ!
 天音ルートのその後と、本編で語られなかった歴史が並行して進んでいく構図の中での、イスカが夢を取り戻し、イスカらしさを手にしていく流れは本当に綺麗だな、と思うし、人の繋がりと影響力の相乗効果を強く意識させられます。
 そういう恢復の物語という色合いを、このルートでは言葉で語り過ぎずに、ハットとの友情、関係性でなにより雄弁に示唆している、というのもさりげなくて大好きなところではあり、すごく励まされる物語ではありますね。
 勿論そういう意味では小鳥編の方がより、というのはあるけれど、このころげてのメイン部分のストーリーに関しては、本当に閉塞感に満ち溢れている今だからこそ、余計に噛み締め、想いを仮託して楽しめるという意味でうってつけなのではないかなー、と思ったりしました。

 後は今夜と明日でほたるとアフターやって、明日の夜からは新作、勿論初っ端はナイン最終作のゆきいろから、という形になりますね。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする