2020年05月03日

きっと君は

 シルヴァリオラグナロクはセシルをクリアしました。
 彼女の継いでしまった業は業として、それはともかく、という絆と未来への想い、そしてそれを切り拓くためのジョーカーとしての強みがしっかり生きている内容になっていましたし、シンプルな好き嫌い、という点で言うとアンジェリカルートの方が良かった気はするけど、ここもやっぱり素晴らしく面白かったですね。
 しかしアンジェリカルートに続き、このルートでもリチャードの扱いの非道さよ…………という感じで、逆に言えば最終のミサキルートでの活躍は約束されたようなものでしょうか。。。みんなで笑える未来を標榜する以上は、どんな力技であれ最後は、とは思えますしねぇ。

posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする