2020年05月14日

どっちに転んでも

 ものべのはありすアフターをクリアしました。
 まあ実にものべのらしい、過去との繋がりやその結実、想いの在り方を恣意的に上手くくっつけての構成ではあり、そしてとにかくひたすらロリスとご開祖ちゃんを愛でるお話ですねー。
 このルートの場合は、主人公自身が当事者としてものべのの土地そのものの謎にぶつかっていく事を回避しているので、どうしても怪力乱神の部分の解決はこういう、更なる上からの力でないとどうにもならなかったという都合よさは感じるのだけど、それもまたこの土地がもつ徳であり、それを引き出すに足る想いを持っていたから、とは解釈できます。

 ありすはどうであれありすらしい闊達さと献身性で素晴らしいなと思いますし、そして個人的には夏葉と違って、三段階どれでもエロ可愛いという素晴らしい性能で最高なのです。。。
 そしてトドメにここはご開祖ちゃんがマジカワで、もっと掘り下げてくれてもいいのよ、と思うくらいにお気に入りだし、おまけのあのシーンでの想いの吐露の破壊力ときたら最強でしたね。
 すみルートの方が完成度が高く感じるのは本編同様なんだけど、好き嫌いだけで言えばやっぱり不思議とありすに軍配が上がるのがこの作品らしい所かな、と思います。

 ちなみに5月は買うべきもの全部マスターアップしたので確定ですね。
 ラインナップとしては、美少女万華鏡、雨音ちゃんSSR、天冥のコンキスタ、シャッフル2の4本です。やや多いけど、金額的にはフルプライス3本よりは安いのでまあいいでしょう。
 当然これに加えて、碧の軌跡・改もゲッチュします。そろそろ零も再開しないとですな。
posted by クローバー at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする