2020年06月04日

正史をどこに置くのか

 シャッフルエッセンスプラスは、カレハ、ツボミ、桜、デイジーとサクサククリアしてコンプリートです。
 カレハとツボミの姉妹は、それぞれに純良で真っ直ぐな愛らしさを楽しめるし、基本追加キャラなので総合的な横の繋がりもより大きく楽しめる、という点でいいよね、とは。勿論見栄え的な部分ではツボミのほうがより、ではあるし、このルートだけひっそり桜が出てくるのも嬉しいんだよねー。

 桜ルートは記憶通り、相対的にこの作品の中ではすごく丁寧に機微を蓄積して、素敵な恋模様を見せてくれているなーと。
 まあどうしてもこのルートの場合リアリアが前提にもなるので、そっちもやっとけばよかったかなーとも思いつつ、本質的には大枠の流れから退場していた桜が敗者復活的に絡む事で、それまでにないヒロインズの化学反応や新たな未来像がより鮮明に楽しめる、という点でも評価していい話だと感じます。
 それになにより、桜がとことん鬼可愛いからねー。楓と違って特に傷があるわけではないから、その献身性と優しさ、時に見せる厳しさなどとっても自然体で、思いやりに溢れていて、そのあたりの空気感が凄く好き。

 デイジーもなんとなく覚えていたように、ある程度他のルートの問題も上手く絡めて、そこから発展的に色んな事を解決している大団円的なルートではあり、その点でシャッフルの世界観の集大成、とは言えますね。
 デイジー自身普通に可愛くていい子だし、恋愛模様としても桜ほどではないけれどかなり丁寧にステップを踏んで、この子ならでは、の特別感も出せているのがいいんじゃないかなと思います。敢えて言えば、このルートだと桜の出番がないのが残念なくらい。
 ただこれ、このルートでも最終的にはハーレムを示唆してるけど、実際に2ではどのルートを正史に取ってるのかな?というのはありますねぇ。そのあたりは2を進めていけばわかるでしょうけど、どうも時系列的に、大崩壊云々と、そこでこっちのヒロイン総出で活躍して世界を救ったぜー、みたいな色合いがイマイチピンとこないものもあったりはするので、どこかではその辺一律的にまとめておいて欲しいなぁと思うのです。

 ともあれ、寄り道してしまったけど久し振りに桜を堪能できたのは満足だし、素直に2に戻ります。
 今のところネリアからやるつもり。というかこうして振り返ると、初代でも魔王側ヒロインのネリネって微妙に影、薄いよね。今回もどちらかと言うとリシアの方が複雑なもの持ってそうだし。
posted by クローバー at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする