2020年06月08日

スタートダッシュ様々やん

 次は万華鏡、のつもりだったんですけど、コンキスタからにしました。
 単純にコンキスタの方がやりたいのと、昨日書いたようにあまり感想とか腰を据えて書ける気がしないので、ストック溜め込むよりは精神的に健全かなという逃げの姿勢もありきで。。。まあコンキスタラストにすると、その後の軌跡も含めてゲーム性高いの連発になる、というのもあるしね。

 んで、まだちょろっとしか進めておらず今から5説なのですけど、しかしこれ、スタートダッシュなかったら相当シビアじゃね?
 まだ序盤だからというのもあるかもだけど、今のところ再挑戦できるマップがなく、要は無制限のレベル上げが簡単には出来ない、姫狩りと似たような仕様になっていて、その分一戦ごとの戦略性と、儀式ポイントの獲得が非常に大切、って感じ。
 儀式ポイントはレベル上げるのにも使えるから、特に低レベルメンバーの底上げには有用だし、特殊イベント全て埋めていく事で有用な武器なども手に入るから、しっかり埋めていかないとどんどんじり貧になるし、今回はターン数でのポイント低減などは今のところなさそうなので(マップ次第でそういう特殊イベント扱いはあるのかもだけど)、それぞれのマップごとに腰を据えてじっくりやれ、という色付けですね。

 正直へタレスもといスタートダッシュの恩恵で、諸々のアイテムとリリィがいるので、今のところ苦労はしていないですけど、もしもそれがなかったらと思うと、難易度普通であってもかなりシビアに感じます。
 とにかく捕獲して育成して、かつバトルでは地形補正を出来る限り有効に活用し、自分に有利な状況に敵を引き込むくらいの綿密さがないと、すぐに行き詰ってしまいそうな雰囲気があるので、出だしのアドバンテージに安穏とせず、むしろ序盤の内に地歩を固めておかないと、という感覚ですね。
 特に今回はバトルで撃破されても、モンスターユニットも消滅するわけではないので、ある程度レベルを上げて、研究を絡めて同一種族部隊で相乗効果を狙ったりとか、そういう方向性の戦略も大切になってきそうです。
 あと、今のところ露骨に生贄出さずとも儀式ポイント足りるのだけど、今回は生贄のせいでルート分岐ないのかな?ついつい姫狩りをこないだやってしまったせいで、安易に生贄にするのは及び腰になるのですが……。
 ともあれ、色々難しそうではあるけれど楽しいのでコツコツ頑張ります。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする