2020年06月13日

流石に割り切り過ぎやん

 コンキスタは42説までクリアです。
 基本的にこの作品、すごくSRPG要素ばかりが強いと言うか、あまりにもシナリオがなおざり過ぎて逆に清々しい。正直この軍団、兵站という概念があるのかな?という話にもなっちゃうし、キャラがまともに絡んでこないから物凄く淡泊で、正直シナリオとしては現時点でもまるで評価出来ないなぁと。
 まあその分ゲーム性の部分はそんなに悪くはない、んだけど、あまりにも自由度がないのがネックと言えばネックで、そこそこきちんとレベリングなど考えながら進めないと普通に難易度高そうだなぁとは思ったり。

 裏を返せば、ちゃくと集中して鍛えていけば問題ないレベルなんだけど、そうなると基本ユニークキャラ中心で、そこそこモブキャラでも強いのだけど敢えて使う理由が、それこそ開錠くらいしかないというね。
 あとシンプルに、概ねの敵が天使ばかりだから、空を飛べないユニットは使い勝手が悪いという悲しみ。はっきり言うと主人公が一番足手纏いで、この出撃固定が地味に厄介だったりするよね。。。
 ともあれようやく4人目の天使ゲットして、久々にこのマップちょっと苦戦したけどまずは問題なく進めてるかなと。多分50説くらいで終わりっぽいし頑張りましょう。
 でもホントキャライベント少なすぎて……。天使勢ですらHシーン固有なのは二つずつしかないとか残念過ぎる。レジ―ニアの二回目は中々エロくて良かったけど、ルシエルはめっちゃ可愛いのに完全に消化不良な感じでねぇ……。

 軽く新作の話で、アインシュタインは面白そうだけど、ぶっちゃけこのタッグだと否応なく恋カケのアレが脳裏をよぎるのですが。。。
 しかしまさかのヒロインにふーりん、だと……!なんだかんだくさしつつ、私にとってのパワーワードが多いので買ってしまうだろうなーと思っております。

 あと6月は今更ながらどうしようかなぁと。買うとすればサマポケとねこつくあたりなんだけど、実のところどっちもさほど食指が伸びなくて、でもこの辺買わないとほぼなにもなし、になるのよね。
 一応アトリと徒花は買おうかなと思ってるけどこれも全年齢ではあるし、エロゲ新作一本も買わない、となると一体いつ以来だ?ってレベルの事件ではある、けれど、無理して買う必要はないし、他にやりたい事も山ほどあるからなぁ。7〜9月はそこそこ買うだろうから、バランス取る意味でもここは自重するかー、という方向性で今のところ考えてます。
 しかし、やるべき、という意味では軌跡シリーズ早め早めに進めておくべきなんだけど、リプレイしたいなーなんて思うのは天結いとかバルドスカイとかだったりするのだがどうしよう?
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする