2020年06月28日

裏表と言うべきなのか?

 碧の軌跡をスタートして、と言っても序章だけはやってあったんだけど、とりあえず1章の1日目まで終わりました。
 久し振りになったから、どのあたりから回ればいいのかなーと手探りで思い出しつつ、やっぱり最初はついうっかりとポーカーでコイン稼ぎをしてしまう。。。まあ今回は好感アイテムにマテリアルがあるから、持ってて無駄にはまずならないしね。
 どうしてもティオがいないのでテンションが上がり切らない、というのはあるのだけど、相変わらずのキーアの天真爛漫な可愛らしさは最高だし、なんだかんだでノエルもワジもいいキャラだから楽しいですねー。

 そして警察学校から戻るときのランディとミレイユ最高ですな。。。
 下に向けては鬼上官なのに、束の間の二人きりでは絶妙にクッソ可愛いミレイユズルすぎるだろう……。ホントこの二人は創できちんとくっついて欲しいなぁ。
 ちょうど創のPVも出ていて、中々クロスベル編も山ばっかり、みたいな空気でめっちゃ期待感高まるし、そういう切実な空気の中でこそ輝く想いの強さ、一途さが炸裂するのを超楽しみにしてます。
 そしてこの日のラストはちょろっとだけだけどティオが出てくるのが癒しだね。確か3章まで戻ってこないはずだから先が長いけど待ってるよー、ミシュラムでイチャイチャしようぜー。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする