2020年07月27日

名曲紹介:a song for…(キラ☆キラ・挿入歌)

<曲リンク>

<歌詞リンク>

<思い出話>

 今日紹介するのは、2007年発売の屈指の名作・キラ☆キラより、きらりAルート挿入歌のa song for…です。
 作品自体がロックをテーマにしたものであり、収録されている楽曲も非常に豊富な作品で、それぞれに独特の味わいがある一方、単純なポップ曲とは一線を画した中での好き嫌いの幅もそれなりに出る、というのが、私のキラ☆キラの楽曲に対するイメージです。
 実際私も、肌に合う曲と合わない曲の幅が大きくて、でも好きになった曲は干支が一回りした今更になっても時折無性に聴きたくなる、そういう中毒性を有していて、その中でも白眉なのがやはりこの曲になりますね。

 きらりAルートは非常に冷徹で重々しい現実の苦しみの中で、それに押し潰されたところから少しずつでも立ち上がり、前を向くために藻掻いていく生き様の投影が凄まじく、そしてこの曲はその道程の中での一里塚、と呼んで差し支えない曲になっていると思います。
 この曲を歌えたことで、ひとつの過去が本当の意味で過去になった、という色合いを濃く抱きつつ、それでも癒えない痛みや悲しみを真っ直ぐにぶつけられる弱さも手に入れる、そういう人臭さがストレートにメロディと歌詞に投射されていて、本当に耳にするたびに胸が締め付けられる想いになりますね。

 キラ☆キラ自体も素晴らしい大傑作と呼んでいい作品で、勿論相当に癖はあるのですけど、正直ゲームとして、ではなく、文学的な要素を強く意識しながら楽しめる数少ない作品でもあります。
 私も何回かリプレイして、その都度に新しい発見や含蓄があり、新鮮な気持ちで楽しめるのですが、ここ最近はご無沙汰ではあるので、また機会があれば是非やらないと、と思っています。
 この作品の発売日は、同日にNG恋とそして明日の世界より、という傑作もリリースされていて、どんどんフルプライスのエロゲが廃れていく今の時代背景も踏まえれば、これだけ名作が一日に集った発売日は空前節後と呼んでいいでしょうねー。

posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

でーすよねー

 グリザイアPTの7巻は無事にコンプリートしました。
 しましたけど予想通り、今回だけでこのエピソード完結してくれませんでしたねー。まあ下手すると閃の軌跡TやVみたいに、みんな大ピンチ!みたいなところで切られてやきもきするか、と思っていたので、そこまで露骨ではなかったのは有難いんですけど、それでもこの先の困難、激戦を予感させるには充分な引きではありました。

 この作品に戦場のリアルがどこまで透徹されているか、という部分での比較検討は、門外漢の私には難しいものはあるけれど、やはり相当なレベルでの凄惨さと息苦しさ、狂気の様は見て取れますし、秋桜里せんせーってばこんなところまで出しゃばるとは本気で命知らずー、というかね。
 まあ彼女も彼女で、自己、というものに対する執着が健常人よりは明らかに異質、というのはあるでしょうし、ともすれば自罰的、自省的な方向に流れ過ぎる中での立ち位置だから仕方ないですけど、また人質になってみんなに苦労掛けなきゃいいけど、と思うし、下手するとどこかで教え子庇って頓死まで有り得そうで怖いのですが。。。
 タイガ様の天使ぶりも素敵だけど、やっぱりそこまで名が売れてしまうと、なにがしかの悪影響は出そうで嫌だなー、ってイメージ。勿論他の面々もシビアな状況だし、おそらくこのシリーズとしては最終作になるであろう次は楽しみですな。まあちょっと駆け足なのは大人の事情がアリアリ、って感じだけども。。。
 感想も近々、サラッとですが書くつもりです。

posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

違うからっ!

 グリザイアPTはこれからみんなで戦場に行きますよー、ってくらいまでですね。
 やっぱり今回はシリーズの集大成的なつくりというか、それぞれのチーム・個々人に課題と重荷があって、それが顕在化する舞台で奮闘していく、という構図になるんだろうなぁ、というのがヒシヒシと感じられます。
 ここまではその為の下準備、というラインだと思うけど、ただ正直それで結構な尺使ってるし、多分だけどこれ今回で話が完結しないなー、むしろ軌跡ばりに、えらい危機的状況でバン!次回に続くぅ!ってなりそうな予感しかしないぞ。。。

 ともあれ、そういう下地があるだけにきっちりそれぞれのキャラの掘り下げも大きいし、それを支える立場にあるべき先生の在り方としてもの、実態的な苦悩がしっかり伝わってくるのが息苦しくもハラハラ楽しい、という感じでしょうか。
 勿論その中でもしっかりコメディ的な楽しさも存分にあるし、やっぱりトーカのツンデレ可愛さは最高だわ。違うからっ!と、え、私タイガーにまでクッコロ呼ばわりされてるの……?はめっちゃ笑った。
 そして今回、立場的にギリギリのライン、という面もあるのだろうけど、とりわけ今まで以上にタイガ様のワード数が多くて非常に耳に嬉しい仕様であります。このままサクサクと明日にはクリアしちゃいたいですね。

 それと恒例のアトリエ話としては、今年は主人公続投でライザのアトリエ2らしいですな。
 まああれだけ人気が出て売り上げもついてくれば、その選択もアリだろうし、クラウディアとの再会もあるみたいだからとても楽しみですねー。あわよくばやっぱり異界との行き来可能になって、キロちゃんがパーティメンバーになってくれれば私としてはもはや申し分ないのだけど。

posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

お約束の構成ね

 さくら、もゆ。は姫織ルートをクリアしました。
 本当にこの作品は、ヒロインそれぞれが持つ事情が奇抜な上に重たくて、それが特殊な世界観の上に成り立っている、という利便性はあれど、それに胡坐をかかず、その設定がいかにも真であるかのように読み手に植え付けていく丁寧な説得性をきっちり有しているから、その分だけやっぱり後半の修羅場・苦難からの、様々な助けがあっての希望の未来への到達が眩しく映るのですよねー。
 このルートにしてもやっぱりそれなりには、陰ながらの切ない献身があってと言うのははっきり見て取れるし、それでもその未来を選んだなら、望んだなら、という色合いはしっかりしているのでやっぱりすごく面白かったです。
 ただそれでも、この作品比較で言えば一番地味なルートなのも確かなのが凄味なんですよね。ま、どうあれ十夜とひよちゃん可愛かったので楽しかったです。

 んで、駆け抜けの体験版が出ていたのでプレイ。
 んー、見た目の印象よりも実際動いてみるとキャラそのものには嫌味がなく、みんなそれなり以上に可愛くて楽しかったですね。
 まあシナリオの構成と言うか方向性は、いかにも成功体験を踏襲、という構図が透けて見えるし、その土台作りとしての最初の主人公の意識改革と、それを阻害する要因との対決にしても、流石に宗旨替えやら圧力やらあからさま過ぎない?って物足りなさはあるかなー、とは思います。
 実際問題、そんなあれこれコロコロと学園の運営方針変えられるとかどんだけー、とはなるし、その真意やら背景やらも含めて胡散臭さ山盛りではあるけれど、まあその辺は上手く最後に収拾がつけば、ってところですね。
 
 ヒロイン的には露骨に橘花がラスボスっぽい空気しかないので、むしろそれを外してきたらそれはそれで面白いんだけども、ある程度は神社の伝承とかそういう仄かなファンタジー要素も絡みつつなのかなーとは。
 その辺やっぱりどことなく金恋引きずってる気もしなくはないし、参加ライターも多いので総合的な完成度にそこまでの期待値は置けないけれど、それでも買う事にはなるでしょうね。ただ8月新作だから否応なく創の軌跡が終わってからにはなるけれども。

 明日からは普通にグリザイアやりつつ、軌跡の復習もチマチマと進めます。なんだかんだであと一ヶ月ちょいしかないしねー。やりたい事やるべき事山盛りなのに時間と体力とガッツが足りない……。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

ままならぬ

 ちょっと昨日今日色々バタバタして、あまりゲームが進んでいません。
 閃の軌跡Vは一応クロスベル入りして、ティオと仲良くジオフロント探索してるのですが、ティオとバイバイするのが悲しいのでゴール直前で止めてしまっていたりね。。。
 いやでもホント、ティオってばやっぱりこうやって続けてプレイするとしっかり成長したよなぁ、って思いますよね。見た目に凄く変わったという程ではないのだけど、やはり立場の違いと、それに伴う芯の強さがよりはっきりしていて、ユウナより年下とは改めて思えない感じですよねー。ティータもそうだけど、どうしたってくぐった修羅場の数は風格の差になるという事でしょうか。

 アルティナと雰囲気が似てるー、なんてひそひそ話もあったけど、確かに零の頃のティオも周りに対しての関心が低くて、素っ気ない最低限の対応しかしなかったり、そういう環境がもたらす部分での相似は確かに感じて、なればこそある意味では、この先のアルティナの成長を仄めかす相対化、という見立ても出来るのでしょう。
 ともあれ、普段は絶対にアルティナを操作キャラにしている私ですけど、ティオがいる時だけは別だぜー、と堪能しまくってます。色々調整して、一々バトルリンクのボイス聴くのも楽しいのよね。そんな事やってるから進まないんですけれど。。。

 んでグリザイアに着手するタイミングが作れなかったので、ちまちまさくら、もゆ。を進めて、こっちは姫織ルートの序盤、十夜の友達エピソードのあたりですね。
 この辺の重厚感と奥行き、表層的にも深層的にもしっかり最後に連関してくる構造は改めて思い出しながらですけどやっぱり大したもので、十夜という生き物の抱く切なさや、それでも、という純粋な想いの尊さを噛み締めながら楽しんでます。ホント十夜可愛いよねー、一緒にお風呂のシーンのCGがないの許せないよねー(オイ)。
posted by クローバー at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする