2020年07月17日

名曲紹介:尋ねビト(ほしうた・OP曲)

<曲リンク>

<歌詞>

哀しみの唄 思い出を胸に秘め
歓びの唄 歌えば開く未来

僕らは ねぇ僕らはどこまで進めばいいのかと
流れ星に問いかけてる
時は無常なほど 過ぎ去ってゆく
人は「後悔」を背に 明日を見つけ出す
かよわい生物だから

たぶん僕らが今ココにいる意味は
儚く瞬くあの星座と同じ
別れの過去と 新しい出会いのリフレイン
たとえ切ない風色でも いつか輝く きっと


哀しく水面揺れる波打ち際にひとりでずっと
佇んでた 僕に向けて
君がとびきり咲く 笑顔をくれる
それは優しく包む 天使のように見えた
誰より強くなれるよ……

たぶん僕らが今ココにいる意味は
煌めいては散るあの波頭と同じ
別れの過去と 新しい出会いのリフレイン
その中の瞬間「君」という ヒカリ見つけた奇跡


そう僕たちはひとりぼっちじゃない
この涙は そこにそっと置いていこう


哀しみの唄 思い出を胸に秘め
亡くした分だけ掴むものがあるよ
歓びの唄 唄えば開く未来がある
だから迷わず進めばいい 空を仰いで もっと

もっと……


<思い出話>

 今日のご紹介は、フロントウイングのうたシリーズ第三弾のほしうたより、OP曲の尋ねビトです。
 ほしうたも楽曲的には比較的全てが好きで、OPED挿入歌のどれを紹介しようかな、と迷う向きもあったのですけど、2008年の作品でもあり、そろそろ作品自体がマイナー分類でもいいかな、とも感じるので、素直に一番好きでインパクトのあるOP曲をチョイスしました。
 まあボーカルと曲調的に、どことなく鍵っぽさが否めない曲ではありますが、その分しっかりと哀切や情緒、そこから伸び上がって強く進んでいくイメージがはっきりと投影されていますし、作品イメージともピッタリ噛み合っている素敵な曲だと思っています。

 作品自体は、ややうたシリーズの看板に色んな意味で引きずられていると言うか、色々中途半端で勿体ない出来ですけど、個人的にそこまで嫌いじゃないです。
 勿論シリーズとしてはゆきうたそらうたのほうが評価してますけど、シンプルにキャラだけならかなり好きですし、れんげや翠あたりはこのシリーズらしい雰囲気があっていいのですよね。
 まあ流石にこれは余程手持ち無沙汰にならないと引っ張り出してこないラインだと思いますが(それこそこれやるならゆきうたやるわ、って話で)、曲は本当に全て素晴らしいので、機会があればOP以外も聴いてみて頂ければ、と思います。

posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

それが至高というもの

 閃の軌跡Vのリプレイをはじめました。
 まだプロローグから序章が終わったところですけど、しかしアレですね、Evoのハイスピードモードに慣れ切った後だと、通常モードの戦闘がトロい!ってもどかしくなるのは仕方ないのか。ちょっとそこは想定してなかったです。。。
 まあともあれ、それでも別にプレイがダレるという程ではないし、いつもながらアルティナを先頭にして、後ろから黒ストを眺めているだけで幸せな気持ちになれるので(笑)、充分モチベになってくれるかなーと思います。

 話的にはやっぱり碧の軌跡の直後なので、ランディがここにいることに対する裏側の複雑な事情、複雑な思いを色々感じ取れてしまって染み入るものがありますねー。はやく2章でティオとも会いたい。
 そして相変わらずティータも天使だなぁ。閃V〜Wは本当に好みのキャラがゾロゾロ出てくるからその点では至高と言わざるを得ない。創でもその傾向は一緒でしょうからめっちゃ楽しみだし、しっかり復習して備えておきませんとね。

 つり乙2はパル子が終わって、今ルミネの途中まで進んでます。
 やっぱりこのパル子ルートの、色々重い事扱ってるんだけど、出来る限りそれを明るく前向きに受け止めて、服本来の歓びを引き出す事に注力していく流れは好きだなーって思います。
 まあヒロインとしては三の線なのは事実だけど、だからこその魅力が確かにこの子にはあるし、マルキューも攻略出来ないのが本当に残念なくらいいい子で、このルートのエストとジャス子も可愛いので総合的な満足度は高いですね。

 その点やっぱしルミネルートは間口が狭いし方向性としてもありきたりではあるからなんなんだけど、それが分かった上で進めていけばそれはそれで面白いかな。多分初回プレイの時は期待値が高すぎたんだようん。
posted by クローバー at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

タイミングはあるよね

 碧の軌跡は無事にコンプリートしました。いやぁやっぱりラスダン長いし、ボスはどいつもめんどいしで大変でしたねー。
 ただ所感としては、前にプレイした時よりも、このキーアの力に依存した偽りの平和を崩してでも、という部分の道義的責任に関しては薄く感じたし、それはやっぱりプレイのタイミングによっての違いはあるなーと。
 勿論まだ帝国側の事情しか、というのはあるけれど、大枠的に見ればクロスベル併合への流れ自体は、それをしないと帝国側の問題が解決できない、という厳然たる事実があるわけで、すなわち例えこのまま大樹の力に依拠してどうこう、としても、どこかから崩されたのは必然だろうと思えますからね。
 そういう強く重い意思の在り方に対しては、個の力でなく絆の力、長く深く潜航する不断の覚悟がないとどうしようもない、という点で、巨視的に見ればその選択が唯一無二の正解だったと感じられます。
 前回のプレイ時はまだ閃がUまでしか出てなかった時だし、もっともこの碧の軌跡自体は閃より前なんだから、その辺りの帝国事情が詳らかになるにつれて、この結末の味わい深さも増すというのは面白いところです。

 あ、勿論絆キャラはティオですとも。そりゃーそうですともティオ大好きー。
 そして軌跡熱が強くあるうちに、そのまま閃Vのリプレイも始めたいと思ってます。まあずっと軌跡ばかりだと体力的にきついから、またチラホラADVも織り交ぜながらになりますし、シナリオ見たいだけだからベリーイージーのオラオラプレイですけどね。。。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

名曲紹介:さくら、もゆ。(さくら、もゆ。挿入歌)

<曲リンク>

<歌詞>

桜の花咲く道を 一人で歩く日は
思い出の中にだけ 貴女を探した

貴女の事だけ想い 生きていけたらと祈り
もう逢えない もう行かなきゃ
顔を上げ 歩こう

さよならを 今歌うのに
伝えたい 声溢れてく
貴女が好き 好きだよ
届く時 言えばよかった

さよならを 今歌うのは
届けたい 想いだけ
さよならの 涙に
いつか 花が 咲きますよう
いつでも……


桜の花咲く街を 貴女と歩く時
思い出の中にまた 笑顔を数えた

貴女の事だけ見つめ 生きてゆけたらと願う
けど怖くて 私じゃ駄目
この声は いつか

さみしくて 今歌うのに
届けたい 声溢れてく
貴女がいい 貴女が
届くのに 届かなかった

さみしくて 今歌うのは
伝えたい 想いだけ
さみしさの 涙に
いつか 花が 咲きますよう……


月が照らす夜に 祈りの音響き
大切な言葉で 伝えたくて


さよならを 今歌うのに
伝えたい 声溢れてく
貴女が好き 貴女が
届くのに 届かなかった

さみしくて 今歌うのは
届けたい 想いだけ
悲しみの 涙に
いつか 花が 咲きますよう
いつでも……


<思い出話>

 今日のご紹介は、さくら、もゆ。より、挿入歌の「さくら、もゆ。」になります。
 まあさくら、もゆ。は比較的新しい作品で、評判もすこぶるいい作品なのでマイナーカテゴリかどうかは微妙ですが、元々Favoriteはコアなファン層が支えているメーカーというイメージですし、作品の中でも露出低めな挿入歌辺りからなら、という感じでそろっと出してみました。
 もっとも、この作品のボーカル曲は全て紹介したいくらい、どれもこれも名曲・神曲ではあり、殿堂の方で出しているのもあるので、当面はこの曲だけに留めておきます。基本的にネタに困らない限りは、同作品からのピックアップはやめておこうとは思っていますしね。

 ともあれ、この曲はさくら、もゆ。という作品において、テーマの根幹と言うか、作品すべてを包括するエッセンスを多分に含んだもので、作品ありき、という部分が一番色濃い曲でもあります。
 といって曲としての味わいが浅いか、と言えばそんな事は決してなく、確かに簡素なメロディにストレートな歌詞、透明感溢れる伴奏とボーカルと、軽やかな景色も見えてきますが、ワンフレーズごとに込められた情念の深さ、強さは、作品に触れた事がなくても伝わるのではないか、と感じています。
 特に1番のサビの、届く時、言えばよかった、という率直な後悔からの、それでもいつかは届くと信じて、という繋がり、その哀切の中に孕む想いの強さがとても好きですし、やはり理想は作品とセットで楽しんで欲しい曲ではありますね。

 そろそろ初回プレイから1年半経ち、まあ今でも時々起動して、十夜やクロの可愛いシーンだけチラ見して癒されてたりもしますが、ちゃんとリプレイもしたくなってきましたね。
 ただめっさボリューミーな作品なので、一度手を付けると相当時間を食われるのはあって、その点で上手く折り合いがつけば近々、と思っています。

posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

続きものだからね

 ちとあれこれ忙しくて軌跡進めてる時間取れなかったので、合間でチマチマとつり乙2をやってました。
 改めてこっちの方が圧倒的に主人公の性格が鼻につく、というのはあるけれど、それが続編であり、誰と誰の関わりの結果か、という部分が詳らかであるだけで長所に替わるのだから、そこは続編という括りの強みを感じさせるし、それを上手く利用して面白くしてる話だなー、って相変わらず思いますです。
 こっちのほうが実はヒロイン自体は好み度が高くて、やるならある程度全員サラッとでもやりたかったり。でも可愛い可愛い九千代ルートはないんだぜぐすん。
 さしあたり共通も半ばくらいは終わって、個別はパル子あたりからやろうと思ってますが、時間があるならクリアまでは碧の軌跡優先でやるつもりなのでぼちぼちと、ですね。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする