2020年07月19日

こんなに可愛い豚さんなら飼いたい

 というわけでつり乙2はエストをクリアしてコンプリートです。
 うんまあ、あらためてやるとそこそこ引っ掛かるところがないとは言わないけど、それでもエストの純真と弱さ、愛らしさ、気高さが存分に楽しめる素敵なシナリオと流れになってますし、それに啓発された部分も含めて、主人公の自己認識とそこからの成長、という面でも非常に明快に紡がれているのがいいですね。
 まあどっちもどっちで中々無体な夢ややり口をしてるっちゃそうですし、その中で育まれていく愛情の形もどこか背徳的な色合いは残るけど、逆に言えばそれは女装ものとして正しい色付けでもあるのかなー、とは。少なくとも他のヒロインの場合は、女同士で好きになってどうしよう、みたいな煩悶は一切介在しない要素ですからねぇ。
 ともあれ、シリーズ物としての面白さはしっかり担保しつつも、この作品らしさも工夫もある、という意味でやっぱりこのルート好きだし、とても楽しめました。
 
 明日からはまた軌跡頑張る、という所だけど、そろそろ本当にさくら、もゆ。もリプレイしたいなぁという気持ちが、こないだ曲紹介して膨らんできたので、その辺りも並行しつつですかね。
 まあ水曜にはグリザイアは来るので、それは早めにサクッとやろう、とは思っていますし、体力の許す範囲で上手くバランス取っていきます。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする