2020年07月28日

究極の八つ当たり(笑)

 閃の軌跡Vは2章のクロスベル演習2日目の途中、ジオフロントをクリアしたくらいですね。
 ティオがパーティからいなくなるのが悲しみ過ぎて愚図愚図してましたけど、後ろ髪を引かれつつ先に進んでの幻獣退治、からの晩餐会は、相変わらずそれぞれ腹に一物あり過ぎる面々の中で厄介だなぁと思いつつ、アルフィンノ可愛さに癒されるのがお約束という奴ですね。。。
 そして屋上でのドタバタと、舞台裏の大人の事情炸裂の中で、ユウナの究極の八つ当たり炸裂はやっぱり胸に響きますよねぇ。まあある意味クロスベル編で最大に盛り上がるシーンでもあり、誰しもがその混じりっけなしの痛哭に立ち止まらざるを得ない中、平然と踵を返す総督閣下の面の皮の厚さよ。。。
 まあ最終的に見ても、クロスベルの現況はどうしたって最終目的のための手段として必要、とはわかるし、けどルーファスの場合はかなりの割合で私的な野望を燃料に動いている感はあるから、八つ当たるならそっちにしてあげてくれや、って、リィンが気の毒にはなる一幕でもあるのですけどねぇ。

 2日目はまた旧Z組メンバーなのでめんどいっちゃめんどいけど、ティオも沢山サポートしてくれるのでそこまではサクサクと進みました。
 まあ最後も色々盛り上がるし、キーアの顔も見たいので頑張って進めますが、なんだかんだでついつい分校組や主要キャラくらいは一々お喋りしに行っちゃうからあまり進まないのよね。
posted by クローバー at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする