2020年07月31日

そういう匂いが

 グリザイアファントムトリガーの感想をアップしました。
 まあ完結編ではないのであまり深まった事は書けない、というのもあるし、いい加減シリーズ展開の中で忘れてる要素とかもあるだろうから、出来れば次の8巻プレイする前に、1巻からここまでの全シリーズ一回リプレイして見てもいいなぁ、なんて思ってはいます。ま、時間あればですけど。。。

 閃の軌跡Vは機甲兵訓練まで。
 しかしこの章のイベントはアルティナとティータ可愛いねぇ。自身で気付けない内在心理が少しずつ露呈していく過程を、言葉でなく状況で積み重ねていくのはやっぱり素敵だなー、って思うし、アルティナの成長と可愛さのブーストがVW最大の魅力と言っても私的には過言ではないのだ。。。
 ティータも次にリベール組との絡みもある中で、この環境の中でも精一杯頑張りつつ、自分の芯の部分を蔑ろにしないバランス感と強さはやっぱりすごいなぁって思うし、挙措も基本的にとにかく愛らしくて最高ですからねー。
 この日のイベントの後に、本屋で珍しく頬に手を当てて悩む立ち姿があるけど、これはこれでちょっと大人びていて蠱惑的で可愛かったりするし、見ているだけで癒されます。あ、確かこの章の後半で、天使と標榜されていましたよね。。。
 
 そして相変わらず学園長との機甲兵訓練えぐい。。。
 基本ここはレベル依拠のステータスで、オーブの恩恵は多少あるとはいえ、流石にクォーツ関連ほどの伸びしろがあるわけじゃないから、普通にノーマルでもそれなりに苦戦するというね。どんだけ速いんだよこの人。
 まあ実際この後の展開でほぼ人類最強に登り詰めるのだから、当然っちゃ当然なのでしょうけどね。

 さくらの雲、スカアレットの恋の体験版もプレイしました。
 のっけからある程度前提を踏まえずに、タイムスリップ、という建前で進んでいく大正ロマンミステリィ、というのは確かに面白いものはあるし、キャラも魅力的ではあって、いくらなんでも所長ってば無防備過ぎない?とは思うけどまぁ悪くはないです。
 というか、あくまで舞台背景がそれっぽくて、時系列的な辻褄も一見あっているから、タイムスリップという前提を飲み込みそうになるけれど、実はそれが本当なのか?という部分は相当に疑わしいんですよねぇ。

 アメグレもそうだったけど、ギリギリまで情報を限定して、目立つものを目立たせる代わりとして、隠したい情報や事実を出来るだけ見えないように遠ざけておく、という気配は今回もそこかしこにあって、アララギの存在も含め、どういう仕掛けの全体像になっているかは非常に気になるところです。
 まあアメグレ面白かったしその辺ある程度の信頼は置けるので、これは素直に買うと思います。ヒロインみんなそれぞれ可愛いけど、個人的にはアララギちゃん攻略出来ないのかなーって淡い期待を抱いてなくもない。。。

posted by クローバー at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする