2020年08月12日

その大義は

 閃の軌跡Vは、終章に入って、これから大聖堂に向かうところですね。ようやく大詰めです。
 夏至祭イベントはどれもみんな魅力的でとても好きなんだけど、やっぱりアルティナの笑顔と、ミュゼの儚い笑顔の対比が面白いと言うかね。
 ここまでの流れで、アルティナの満面の笑みって激レアだからそれだけで尊い、というのと同時に、基本常ににっこり朗らかな笑顔のミュゼが、けれど本心では一度もちゃんと笑えた事なんてないんだろうなぁ、なんて考えると、このあたりのイベントはグンと面白く感じますのよ。

 ただミュゼって、Wをクリアした今でも微妙にわからない部分がいくらかあって、そもそも論としてこの大きな流れに棹差すために、彼女が立ち上がるべき大義と信念の根底がどこにあるのか?ってのも気になるところではあると。
 勿論あのオーレリアが旗頭として認める限り、それはある程度きちんとしたものであるだろうとは思えるのだけど、ただそれでもWの段階で色々崩されていく中での在り方を見てしまうと、どうしたって出来る事、ではあって、やりたい事ではない、というのが透けて見えるのは間違いなく。
 その点でも、この夏至祭絆イベントでアルティナの語った想いとの対比は、すごく示唆的であって胸に響くのでした。
 しかしもうこれで、Vの段階ではアルティナ使えないんだよなぁ……。一周目に雫系全部アルティナにつぎ込んで、えっ!?まさか最終盤でメンバーキャラから外れるの!って絶望した記憶は生々しい。。。

 とりあえずなんだかんだで8月も中旬に入ってしまって、流石に創までにWクリアしたいので、しばらくは寄り道はあまり出来ない、しないかもですね。
 まあ新作体験版くらいはやるけど、まずはWをラストまで一気に、というつもりでスケジューリングしまーす。やっぱりちゃんと一々一人一人の台詞まで聞いてると時間かかるよなぁこれ。
posted by クローバー at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする