2020年08月21日

改めて考えると

 閃の軌跡Wは第U部をクリアしました。
 ようやく揃うべき全員が揃って、というところでの会合、というのもタイミング的には出来過ぎだなぁ、と思う向きもありつつ、やはりこういう大きな舞台で躍動するそれぞれの陣営と、その絆の在り処を改めて確かめるというのは素晴らしい演出・展開である事には間違いがありません。
 しかしながら改めて思うに、このタイミングすら摸索できた、と思しき敵味方陣営のブレーンにおいて、それなりの人数が動いていたはずの華麗なる復活劇の内幕を、全く察知できなかったというのがいかにも不自然ではあるよなぁ、というのは感じなくもないですねぇ。

 結局ミュゼの天才性が恣意的に見えてしまうのも、そこに対してはっきり明示的に、説得的な理由づけが為されていない、というのはあるのではないかなー、とは。
 実際のところ、そういう楽観的な視座を出来る限り持ち込まない事で、期待とのギャップに耐えられないような心の防御を自然になしていた、という色合いは強そうなんだけど、それをこの流れの中から読み解け、察せ、というのも都合のいい話にはなりますからね。
 鉄血にしてみれは、そういうギリギリのところでの攻防の中で、なにかしらの核心は掴みつつも、敢えて見えないふりをしていた位のことはやりそうだから、そのあたりとのバランス含めて悩ましい場面ではあります。
 まあゼリカじゃないけど、ロリ可愛い天使が勢ぞろいでそれだけで満足、ってのはあるのだけどね。。。

 んで、なんかまさかのアイキス2ですって?
 このシリーズで続きもの出すという発想もレアで、そもそも1がそんな評判良かったの?という話にもなるけれど、個人的に、鳥栖十和ちゃんがこっそりヒロイン昇格してるのがピンポイントにツボ過ぎる。
 本編の感想でもサラッと触れたけど、杏シナリオの面白さに対してこの子の存在と貢献度はそれなりだし、もつと切磋琢磨したりなんなりの方向性は欲しいなー、せめてひじりんくらいの存在感は欲しいなー、と思っていただけに、このチョイスは正直惹かれるのだ。
 キャラデザや性格付けも好みだったし、ライターさんも1のメインの人が単独で、って形っぽいから、これはちょっとマークしておきましょう。
posted by クローバー at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする