2020年08月24日

さてさて

 閃の軌跡Wはこれから星の霊場に突入するところですね。
 どうしてもメインストーリーの合間の絆イベントなどが多彩なので牛歩の歩みになりますし、やっぱりちゃんとみんなの会話聴こう、とすると、登場キャラ多過ぎぃ!ってなってしまうきらいはあります。。。
 まあそれでも本当に可愛い子満載ですごく楽しいからいいのですけど、いい加減時間ぎりぎりになり過ぎてしまっているような……。

 そして個人的にクロスベル大好きだから、このあたりの街の様子とかも本当に楽しいんですけどね。
 まもなく戦争勃発、という中で、間違いなく最前線に位置する街だけに、その立場はいかにも占領国らしい悲哀を持ちつつ、けれどそれに憤慨しつつもしっかり前を向く強さと、どこかで帝国を出し抜かんとするしたたかさが底流に感じられる、そういう息遣いがとってもらしいな、って思います。
 相変わらずアルカンシェル復活公演は心躍りますが、飛び入りの深淵と怪盗に笑いが止まらなくなる罠。そしてコーラス隊が可愛過ぎてお持ち帰りしたいしたい。。。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする