2020年08月30日

せっかくぅぅぅ

 創の軌跡はチャプターVのCとリィンルートのロック地点まで進めました。
 Cルートは立ち位置的にも、いずれは三組合同するんだろうなぁ、というイメージではあったけど、それでもかなり独自の路線と立ち回りではあるから、あまり早々とは、なんて思っていたんですよねぇ。
 その上で、ここまで沙汰のなかったリベール組から、マイエンジェルが参戦してくれて、ようやくこっちでもヴァリアントレイジが使えるようになったので、よーしここらで一緒少鍛えるぞー、って、マインツの山の区切りの地点手前で結構レベル上げマラソンなどやってたのですよ。
 ちなみに彼女が入ってくると当然メインで使わない理由はないのだけど、じゃあ誰を省く?ってところで、Cはソウルイーターが使い勝手良過ぎる為、必然的にスーちゃんになってしまう。。。ごめんよナーちゃん、最強コンビは解消してくれ(笑)。

 ともあれコツコツ鍛えて、よーし行くぞー、って、すぐ先に見えていた!ポイントに進んだら、まさかの早々鏡登場ー!えー、思ったより早い―!まぁある意味彼女が加わった事で連なる資格を得た、とも言えるのかもだけどねぇ。折角色々結うようなクォーツとかも作ったのに、共有になってしまうとは嬉しいような切ないような。

 リィンルートは相変わらずノルド広すぎぃ!ってなるわ。そして常にがっちりリィンの馬の後ろをキープするミュゼの可愛さよ。。。
 あとガイウスの弟妹が立派&可愛くなってていいね。特にシーダの美少女ぶりに感動だぜ。今回はクロスベル組でもシズクがめっちゃんこ可愛くなってたし、魅力的な幼女部隊が増えすぎて嬉しい悲鳴しかない私。

 ちなみに戦略的には、チャプターUのラストでクロゥが戻ってきてくれたことで、サブにグングニル使えるから火力の上限がかなり上がったイメージ。
 今回は閃から続くシリーズの集大成的な戦闘ではあるので、やれることは多大にあり、逆にただぶん殴ってるだけではいつまで経ってもケリがつかない、ってレベルも上がっていて。
 それでもまだこの時点ではアーツ戦術はクォーツ揃っていないから、あまり重用出来る感じではなく(勿論タイミングによっては活用するけど)、基本的にはブレイクが主軸になる感じ。

 閃Wで、あまりのVのブレイク無双に調整が入ったけど、今回はW寄りの中間、って感じで、オーダーなど含めてブレイクしやすさはWよりは上、けれど回復までの時間はWと変わらずかなり早い、ってイメージです。
 だから大切なのはブレイクさせるタイミングと、相手が回復するまでに、一撃の火力を出来る限り高めることになるのかな、って。
 ブレイクギリギリまでゲージ減らしてから、敵の攻撃を防御系オーダーでやり過ごし、直後に加速や硬直低減オーダーに切り替えてブレイク、ってのが今のところ安定するし、その上で誰か一人くらい、サブにスコルビオやグングニルを持たせて、常にそのキャラとリンクを結ぶように調整すれば、かなり安定したダメージソースになるかな、と思います。まあ今更の話ではあるけれど。
 これまではスコルビオしかなかったから限定的だったけど、グングニルだと通常のクリティカルとセットで運用できるし、現時点ではかなり重宝してます。C組とも合流するなら、狙って確定クリティカル出せるスーちゃんなんかもグングニルが噛み合いそうな気がするね。

 ともあれ、これでロイドルートを進めれば、また夢幻回廊に入るのかな、という感じで、週末は時間ないけどそこまでは進めて、回廊でコツコツレベル上げなどに勤しむのが上策かなーと思っております。 
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする