2020年09月30日

<名曲紹介>Revolution(恋色空模様・2ndOP曲)



<思い出話>

 今日のご紹介は、恋色空模様より、2ndOPのRevolutionです。

 曲としては本当にベタベタの燃え展開をイメージさせる、力強くスタイリッシュな仕上がりです。
 少し歌詞が率直で明け透けすぎるきらいはあるのですが、その厨二くささも含めてこの曲らしい、という感覚ですね。

 とにかくテンポの良さ、メロディラインの流麗さがいい味を出しています。
 Ducaさんのボーカルとも上手くマッチしていますし、気分を上げたいときに聴くと効果は抜群だ!

 特に2番のAメロ、後半の歌詞は好きです。
「無邪気でか弱いキミに 何の罪もないのに」の、メロディとの噛み合いとDucaさんの歌い方がすごくツボ。



 作品としても、歴史的に評価するなら、緑茶の最初にして最後のスマッシュヒット?って感じはありますね。

 基本的に緑茶って、独特の立ち絵演出が最大の武器ではあったと思うのですよ。
 その点、キャラの魅力と躍動感を一番うまく使えていたのがこの作品、って気はします。

 それになにより、るちえさんの絵が可愛過ぎかっ!でしたからねー。
 個人的に片恋いも結構好きではあるのだけど、やっぱり総合的に勘案すれば、緑茶=恋空なのは否めないな、と。

 勿論これも色々粗は多いです。
 今から考えると、本当に廃校問題で延々グダグダしてる感はあるし、その分ヒロインルート固有の薄さは目立っていて。

 ぶっちゃけこの曲にしても、廃校問題に対する攻防と考えると大袈裟じゃね?って感覚はなくもないですしね。。。
 それだけ青春の一時代を無惨に引き裂かれる事が、当事者にとっては死活問題である、とも言えるけど。

 ヒロインもみんな個性的で可愛いけど、特に聖良とゆっきーと藍ちゃんがお気に入り。

 緑茶のメインライターさんは、方程式として、周りの人間を馬鹿、もしくは小悪党にして、相対的に主人公上げする傾向が強いです。
 この作品もその色合いは強いし、それが鼻につくのは間違いないとは思います。

 それでもこの作品にはソコソコの魅力を感じます。
 それはやっぱり、ヒロイン造型がいいのと、固有の活躍スキルがはっきりしてるからかな、って。

 いわば司令官と兵士の関係性ではあるけれど、それでも司令官がダメダメなときは、身体を張って諫言したり。
 方向性は委ねても、自身の矜持は曲げない、そういう対等な部分を色濃く残しつつ育む絆だから、味わい深いのかなと感じてます。

 とりわけそういう部分を強く感じさせるのが聖良だったから、彼女が群を抜いて好き、ではあるのですよね。
 これも時間が作れれば久々にリプレイしてみたいけど、少なくとも本編なら、ヒロイン選択は聖良しかないな、とは。

 むしろ時間かけずにお手軽にキャラつまみ食い、というなら、FDのゆっきー&藍ちゃんの方が楽か。
 でも実際やるとなったら、結局本編から通しでないと気が済まないんだろうなぁ、と思えば、ややリプレイのハードル高めではありますな。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

可愛過ぎだわよ!!

 殻の少女・虚の少女の簡易感想を更新。
 結局こんな形でお茶を濁す事にしました。忸怩たるものはあるけど、完全スルーよりはマシだと思いたい。

 内容としてもかなり軽めだけど、最終作に向けて押さえておきたい部分と、総合的なテーマの相対性はある程度触れられたと思います。
 とにかく作品としては奥深く、耽美で退廃的で、生々しい人間ドラマと上質のミステリーが同居した素晴らしいものです。
 だけに、拙い感想ではお目汚しなのですけど、ちょっとでも興味を持ってもらえれば幸いです。



 ハミダシクリエイティブは、華乃をクリアして、今は詩桜ルートの途中ですね。

 とりあえずタイトル通り、華乃が可愛過ぎて生きてるのが辛い……ってレベル。
 こういうオタクらしい頭でっかちさからくる寸止め感と、それでも安心感を抱え込んでの恋の拙い駆け引き、最高ですね。

 華乃は本当に難しい子だし、彼女の求めに十全に応えられる相手ってなかなかいないのは確かで。
 その点最初からスペック満たしてる主人公は、華乃限定でチート感はあるけど、それでも押せ押せになれないのは陰キャらしい形。

 でも自分の中でもやっとしてるのに、というのは正しいと思うし、実際になし崩しだったらどこかで破綻はあったかもしれないな、と。
 敢えてそれを前倒しにして、友達以上恋人未満のやきもき感をこれでもか!と堪能させつつ、上手く波乱の種を芽吹いていったシナリオ構成も見事でした。

 それこそ、極端に重い要素や背景がなくても、きちんとシナリオ性の感じられる話は紡げるんだよ、と。
 華乃の台詞でそういう恣意的な山谷を暗に皮肉りつつ、きちんと「恋愛」中心に最後まで走り切ったのも褒めていいと思います。



 何より、華乃の意識し始めてからの言動行動の全てが可愛過ぎましたからねー。
 相変わらず色々弱くて極端なところはあるけど、それでも好き、って気持ちを裏切らないような誠実さはしっかりお互いが持ち合わせていて。

 その上で、ちゃんとプロとしての矜持と、それがもたらす力を組み込んでのラストに繋げたのも、華乃自身の魅力を飾るのに大いに役立っていました。
 しかしそれにしてもエロ過ぎるねこの子。。。華乃部屋があるからいいけど、絶対いつか妃愛に見つかってテンパり切る未来像が見える(笑)。

 共通の♨会で語ったように、妃愛自身があくまでも家族としての特別、から踏み出さないように自分を戒めている、というのも、全体の調和に噛み合っていて。
 逆に言えば、自分のルートでそのベクトルをどうひっくり返すか、という難しさは残るけど、それでも誠心誠意応援して、助けてくれる妹が最強過ぎてマジ好き。

 あとこのルート、普通にアメリが素直可愛過ぎてねぇ。
 正直立ち絵で氏康ちゃんコスプレ見たかったよ!というか元の絵も出してよ!華乃との半脱ぎだけじゃモッタイナイじゃないわよ!
 リリリさんも最後に地味にオタバレ爆弾突っ込んできたし、やっぱり種だけ仕込んでFD作る気満々だねズルいやっ!


 詩桜ルートも、今のところ普通に楽しいですね。
 最初が最初だけにどうなるか、と思ったけど、周りとの関係性もステータスにしつつの、主人公に対する意識の変化の紡ぎ方が上手。

 主人公側も、その流れの中で色々認識を改める部分もあるし、元々好み、っていうのも強さはあるのだけど、上手く家族設定とも仄かに絡めてあるのが隠し味になってますね。
 イベント展開自体も、きちんと共通で彼女を選択して、その会話の派生から繋がっている内的要因だし、あとちゃんとどのルートでも、ヒロイン個々の問題は共通して起きるっぽいのよね。

 そういう統合性の部分がしっかりしてるのも、基本一人で書いているからこその恩恵だと感じます。
 とにかく全体の整合性に不安感がないから、流れの中で首を傾げる事なく、物語の面白さとヒロインの魅力に素直に浸れるのもこの作品の強さですね。
 ……まあその場合、華乃は誰に修正手伝ってもらったの?って話にはなるけれど。アメリかな?

 ともかく、契機があって距離は縮まって、けど文化祭絡みのあれこれで煮え切らない距離感が見え隠れして。
 その部分の真意と、彼女の仕事に対する想いなどが今後のキーになりそうですし、妹も相変らず頼もし過ぎるから、凄く先が楽しみです。



 まいてつが無事にマスターアップしましたね。
 10月はこれとアインシュタインがダブル本命で、あと箸休めにぐーたらいふで飴ちゃんボイスを楽しむ予定。
 雰囲気的にアインシュタインも延期なく出してくれそうだし、まずは9月新作のスケジュールを崩さず、サクサク進めていかないとですな。


posted by クローバー at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<簡易感想> 殻の少女・虚の少女(共に新装版)

 今回の感想は懺悔から始めないといけません。

 そもそも私、Innocent Greyの作品って、気になっていたけど中々手が出せなかったのですよね。
 今回取り上げる二作品は、初出が2008年と2013年ですが、その辺りは本当に、手当たり次第にエロゲばっかりやってました。

 でも逆に、手を広げ過ぎて購入量がとんでもなくなっていて、同時にやっぱり、基本的に趣味が萌えゲーには偏っていたのですよね。
 だからそれとは完全に作風が違うイノグレには、興味がなくはなかったけど、手を伸ばす余裕がなかったのが正直なところです。

 それに、本文でも書きますけど、殻の少女自体が、ある程度カルダグラの続きものでもあります。
 その情報は知っていたので、余計に手を出すハードルが高かった、というのもありますね。

 結局イノグレの筆降ろしは、筆の使いどころがない(笑)全年齢のFlowersシリーズからでした。
 それも2017年の話で、春〜秋まで一気プレイして、冬だけ新作で購入した形ですね。
 そういう背景なので、まずイノグレについて、熱く深く語れるほどのバックボーンがない、というのはあるのです。



 その上で、天の少女発売を前提に、殻と虚のリメイク版が発売されるというので、それは買おう、とはなりました。
 が、去年殻の少女プレイしたのに、旧作だから、という理由で感想スルーという暴挙に出てしまったのです。

 本当に去年から今年の前半にかけての私はやる気レスでした。虚無でした。クズでした。
 まあ今も別に、際立って以前ほどの情熱が戻ってきたわけでもないですが、それでも最低限やるべき事はやっとけ、と後悔しております。

 今回の虚の少女も、作品のレベルからすれば、しっかり内容を吟味した感想を書いて然るべきではあります。
 でも前作と完全な続きもので、その前作をスルーしたまま、これだけガッツリ書くのも、それはそれで難しいのですよね。

 なので物凄く中途半端な処置にはなりますが、今回は殻と虚の<カラ>シリーズふたつまとめて、サクッとした感想で折り合いをつけます。
 特に殻の方は、朧な記憶を引っ張り出しながらになるので、雑にはなってしまうでしょうが、自分の気持ちに区切りはつけたいのでご容赦あれ。


続きを読む、以下ネタバレあります
posted by クローバー at 07:02| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

ぐぬぬボインの癖にぃ

 ちょっとドタバタしていて、あんまりハミダシクリエイティブ進んどりません。
 なんとか共通ルートは終わって、華乃ルートに入ったら、あれ?もうくっつきそう、って辺りまでですね。

 うん、本当に、最近のタイトルにしては、共通ルートがかなり長く、かつしっかりしてたなって思います。
 選択肢も結構多くて、それぞれにヒロイン単独での濃い、関係性ががっつり深まるイベントが用意されている感じ。

 まあ私は昨日からの流れで、フラフラっと吸い込まれるように華乃ルートに進んだのですが、息継ぎ練習イベントヤバくね?
 正直あそこまでやれる時点でもう完全に落ちてるだろ出来てるだろー!って感じなのに、微妙に無自覚でポンコツな華乃可愛過ぎなんですけどー!

 しかもこの一枚絵!谷間!滴る水滴!エロ可愛い!!!
 ぐぬぬ、この私としたことが、こんなボインちゃんに全力ときめくとは……やるなハミクリ。

 その後の海イベントもとっても楽しかったですしね。やっぱりハーレムでキャッキャウフフは最高だぜー!
 でも折角リリリさん出してきたのに、その後音沙汰なかったのは残念。詩桜ルート辺りでの伏線になるのかしら?
 まあきっと、FDが出たらリリリさんも攻略できるのだろうよ。下手するとにーかわ君ルートまでありそうで怖いが。。。

 兎にも角にも、今のところは本当に華乃にガン嵌りしてしまっていますので、個別全力で愉しんできまーす!
 一応明日はそこそこ時間あるから、せめて二人くらいはクリアしたいな。
 でもやりたい事とやるべき事もあれこれあるし、くっ、私にも真・夢幻回廊があれば……!



posted by クローバー at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

どうわよ!

 ハミダシクリエイティブをちまちま進めております。
 ただ土日忙しかったのもあり、まだ共通ですね。体験版部からも結構共通が長い&クッソ面白いです。

 この作品の素敵なところは、基本後ろ向きだったり、癖の強いヒロインを揃えていながら、ネガティヴイメージがとても薄い点。
 主人公の事を、妃愛がよくやれば出来る子、と褒めるけど、それが存外身贔屓でなく、流れの中でやるじゃん、と思わせてくれます。

 それはヒロインも同様で、特に華乃の可愛さがヤバい。
 情緒不安定で感情の制御が下手で、無駄に攻撃的でめんどくさい子なのに、なぜにこんな一々可愛いのか?

 それはやっぱり、しっかり弱味をさらけ出しつつ、本人はその中でも懸命に、という生々しい必死さが感じられるかな、とは。
 程度の差はあれ、主軸として関わってくるキャラは、みんなそういう色合いを持っていて。
 だから余計に、そのグループの中での共感性と、打てば響く会話のテンポが出来上がっていく感じなのが、とっても快いのです。

 その中でも、引きこもりの癖に一々あれこれに首突っ込んでいちゃもんつけて、自爆して煩悶する華乃の感情の振れ幅と言ったら。。。
 大体奇声上げてるか、テンパって変な言い回ししてるか、なのに、その中できちんと細かい感情の機微と混乱がつぶさに伝わってくるのが凄い。

 秋野花さんは基本お気に入りの声優さんだけど、今回特に神がかってない?
 あんな「ああああああ」だけで、どんだけ複雑な気持ちを綺麗に見せてくれると言うのか。
 その上でぷりぷり怒りながらの照れ隠しも死ぬほど可愛いし、ヤバいっす。まだ共通も終わってないのに、お気に入りボイス登録が捗る捗る。



 もちろん妃愛は大々々好きだし、あすなもとってもとっても可愛い。詩桜先輩ですら普通に可愛い。
 とどめにアメリが非攻略とかズルすぎる。だってあんな天然可愛くて、好意バリバリで、歩サラさんだよ?FD出るとなった瞬間買うしかないじゃん。。。

 正直現時点でもう、キャラゲーとして申し分ない仕事をしてくれてすっげぇ満足してます。
 実のところ進捗が遅いのも、少し進めては巻き戻って、って無駄に共通リプレイして萌え転がってるのもある。
 いやホント華乃がえぐいレベルで爆発的に可愛いのよ。体験版部でも片鱗は感じてたけど、加速度的に可愛くなり過ぎてごめん無理ーーー!ってなる。。。

 まあそんな感じで牛歩になりそうだけど、チマチマやっていきまーす。
 ちなみにである調は、書いてて偉そう過ぎて嫌になったのでやめた。。。やっぱりある程度ダメ人間らしく赤裸々に、適当にいかないとね(笑)。
 一文を短くする&段落を多く作る努力は続けます。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする