2020年09月22日

<名曲紹介>BLADE LINKAGE(武想少女隊ぶれいど☆ブライダーズ・OP曲)



<思い出話>

 BLADE LINKAGE。問答無用でカッコいい曲だ。
 疾走感・切迫感。イントロのうねり。こぶしを利かせたボーカル。全てが好みである。

 歌詞も素晴らしい。
 切ない痛みを抱えつつ、前に進むしかない悲壮感と、その狭間で育む絆の強さが滲み出ている。

 特に二番のAメロの出だしはとても気に入っている。
 「明日を諦めれば 勇気は錆びつく」というシンプルなフレーズの中に、世界観の過酷さが凝縮されている。

 サビからDメロへの繋ぎも綺麗で、情念が非常に美しく投影されている。
 全体的にダレたところのない、シュっと引き締まった、バトル作品に相応しい勇壮かつ幽玄な曲である。


 ……と、曲としてはべた褒め出来る。
 だがしかし、作品としては色々と中途半端ではあるのだ。

 2014年作なので、もう6年も前になる為、多少うろ覚えのところもあるが、基本的なイメージとしては詰め込み過ぎ、である。
 全体の尺に対してやれることが多いが、その為どの要素も薄味になり過ぎているのだ。

 こういうバトルゲームのお約束であるシミュレーション要素や、Hを重ねる事で絆を育むシステムも悪くはない。
 ただ世界観が相当に切迫して、一度負けたら滅亡、位の中では、少しイベントとメインシナリオの温度差が大き過ぎた、とも言える。

 ヒロインは基本的には可愛いし、一度くらいプレイして、全く面白くない、という程ではない。
 ただ繰り返しプレイしたい、と思わせる中毒性ややり込みの深さはない、というのが率直な評価になる。

 おまけに、シナリオ設定含めて、実は敵の方が印象が強く残るというオチまである。
 特にフィーネの献身と想いは響くものがあったし、それだけに最後、きちんと大団円の中で幸せの形を手に出来ているのは嬉しかった。

 だが、非攻略だ。

 どうしても、サブの方が魅力的なのに、攻略させてくれなかった作品には憾みが残ってしまう。
 どんなに贅沢でも、それが人の性というものである。(基本ロリしか好きにならない性癖の狭さを棚に上げるな、というツッコミはなしで。。。)

 それでも並のメーカーなら文句は言われないかもだが、天下のアリスソフトの作品である。
 色々振れ幅も大きい会社だし、この時期は特にかなり迷走はしていた感がある。このタイトルもそんな徒花のひとつ、には数えられてしまうのだろう。

 それでもランスシリーズの完結で、ひとつの時代の区切りを作ったのは間違いない。
 最新作のドーナドーナは、また大分色合いの違うタイトルになりそうだが、さてこれが、令和のアリスの立ち位置にどう影響してくるだろうか?

 とりあえずヒロインが全体的に可愛い&ロリ寄りなのは私的にポイントは高い。
 そしてキラキラが飴川さんだし、菊千代が超好みなので、多分これは買うだろう。
 ゲームシステム的に、好みなのにエロがねぇぇぇ!という事もなさそうなのは救いだ。フィーネの悲劇は繰り返してはならない(大袈裟)。

 ともかく、作品としては愛憎半ばするものの、このOP曲の印象は非常に強い。
 これは久方ぶりに、リアルにかなりマイナー寄りだとも思うので、是非一聴あれ。



posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

色々懐かしいぞ

 今日からは虚の少女REをプレイ開始。

 ちょうど数日前に、このシリーズ最終作の、天の少女の公式サイトもOPした模様。
 それに合わせての再版盤を、殻、虚と進めてきているのだけど、なんだかんだで殻から一年ぶりくらいなので、色々懐かしい。

 相変わらず独特の雰囲気のある演出とデザイン、そして生々しさである。
 残虐なシーンやCGも容赦なく使ってくるし、恋愛観や関係性なども人間臭さや切迫感が色濃く煮詰まっている。

 やはりなまじのエロゲとは一線を画した味わいがある。
 この虚でも、初出は2013年らしいから、その意味ではそれから7年経って、最終作もこの尖り方に寸分の迷いなし、であるのかは楽しみだ。

 まあ裏を返すと、まだこの虚でも全てが綺麗に解決しないのだろうから、そこはやきもきするが。
 最終的には冬子の存在が鍵になってくるのだろうとは思うけれど、そこに至るまでの重厚さと、残忍さは妥協がなさそうだ。

 とりあえず第二冠まで進めた。
 今回は過去と現在を行き来しつつ、その因果を辿る道筋になりそうだ。

 現在においては、どこか冬子っぽい影を感じさせるヒロインの雪子が軸になるのだろうか。
 歩サラさんのデビュー作らしいが、キャラの質的にも抑制はされているものの、なるほどそれなりにらしさは感じる。
 今後の出番が楽しみではあるけれど、平然とメイン級のヒロインにも惨禍が降り注ぐのがこのシリーズっぽいから怖くもある。

 そして改めて、紫は甲斐甲斐しい素敵な妹ちゃんである。
 今回は過去編で、血縁の枷を乗り越えてのあれそれも目立ったので、その意味では、微かな屈託はあろうと、きちんと妹をしているこの子の魅力が余計に引き立つ。

 実際、兄が冬子を引きずる限り、それは紫にとっても重い枷にはなるのだろう。
 それでいながら、きちんと新たな友を作り、見知らぬ相手も分け隔てなく助ける優しさを見せるその様に、最後はきちんと幸せになって欲しいと願わずにいられない。
 ……だってどうせ、今回も雪子があれやこれやと酷い目に遭ったら連座するんでしょ?って話だし、そもそも殻の時ですら、ルート次第では、だもんねぇ。もはやそれは宿業としか言えないだろう。

 過去編はやはり、砂月とは誰なのか?というのがメインになってくる感じ。
 状況を見ても、確実に二人以上は砂月を名乗る誰か、はいそうであるし、スケープゴートにされたのはおそらく、結ばれた子にはなるのだろう。
 まだ見えない部分が多過ぎるが、いずれ現在とも繋がってくるのだろうし、謎解きを楽しみに進めていこう。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

壊すべき壁の在り処

 青春フラジャイルは透音、せつなをクリア。
 不思議探訪も含めてコンプリート。うん、流石に面白かったね。

 透音に関しては、思ったより重い話というか、意外と設定の重要な伏線ぶっ込んできた。

 正直昔の二人の関係とかその辺は、あまり共通では触れられていない。
 だからいきなり、頑張り過ぎた透音があんな風になって、というのは、少し脈絡に説得性を欠く、とも言える。

 まあ別にそういう細かい部分は、このルートに限らずファジーなところはなくはない。
 実はせつなルートでエリスがのたまっていた、記憶操作の副作用の可能性、としておけば保険が効く、と高を括っているのでは?

 正直この作品も、それぞれのヒロインに対する主人公の想い、という部分は、見えない所に比重が大きい。
 まだかけぬけよりはマシだが、特に幼馴染組は、想いの変換点に対して、主人公側の明快な理路が見えているか?というと微妙な感はある。

 そうであればこそ、好意を自覚しているヒロイン側が頑張らねばならないのはある。
 その点で透音も、彼女なりのやり方と想いでしっかり向き合っているとは思うし、まぁ素直に可愛い。

 ただなんだろう、全体的にあざとさというか、キャビキャビし過ぎでは?とも感じたり。
 小波すずさんは最近やたらと見かける頻度が高くなったけど、今まで私がプレイした中では、比較的穏やか寄りが多かった。
 だから逆にこういう、テンション高めのあざと可愛い系が、逆に行き過ぎに感じる面はあったのかも。悪くはないんだけどね。

 後半は中々に超展開である。
 流石にあれだけのささやかな伏線から、これを想定しろ、というのもうーん、ではある。
 そもそも魔法の定義が曖昧ではあるし、出来る範囲も理路に沿っているようで、かなり恣意的だから、その辺は仕方ない。

 ただどうあれ関係性の危機なのは確かだし、それを解決するために、という流れの中で、このルートは……どう考えるべきか。
 氷緒ルートみたいに、想いの力で魔法ブーストもずっこいのは確かだが、こっちはこっちで、理路では及ばない禁忌の力を上手く借り受けて〜的なノリである。

 ESはその立ち回りでいいのか、ってのは、せつなルートやった後だと意外と仕方ないのか、とも思う。
 ただ本質的に、あくまで不幸が前提での行使であるなら、なんか後付けで回収しているような形になるのが正しいのか?とは。
 もっとも根幹としてのそれは常に保持しているから、あくまでも嫌がらせ、とも取れるので、判断が難しいけれど。その辺は感想で総合的に考えよう。

 ともあれこの作品では貴重なロリっ子だし、シナリオも懸念していたより良かったのでまずまず満足。
 しかし相変わらず克さんののけぞり差分はいいね!エロ・かわ・いい!

 せつなは想定通りのラスボス。
 これからプレイする人が読んでいるなら、素直に最後に回す事をお勧めする。

 共通でこれみよがしにチラ見させられていた、二人の過去の関係も、ダイジェストでなくきっちり尺を取って見せてくれる。
 その流れの中で地味にリズの立場や想いなどとも繋がってくるので、やはりリズを先にやっておくほうが通りがいいだろう。

 せつなの過去はそれはもうひたすらに重い。
 だからこその、という立ち位置でもあるし、ある意味不幸の連鎖というか、渡り鳥的な在り方で、自己を今に繋ぎ止めている、そういう危うさに満ち満ちている。

 このあたりはトラウマ論的なスタンスにもなるので、傍目にその想いの捻じれ、壊れ方が何処までか、というのは、主人公ならず想像しにくいものがある。
 だからこそ、この作品のバックボーン的な位置で、それほどに、と説得性を持たせられるのは強みだ。

 もっとも、遠い昔からの、土地そのものが持つ因業的な要素がしれっと組み込まれているのは悩ましいところではある。
 そういう曰く付きだからこそ、メイサースの先祖が居を構えた、という見立ては出来そうだが、いずれにせよ魔法絡みでどうしても設定が浮つく面があるのは止むを得ないところか。

 ともあれ、乗り越えたと思っても、へばりつくように追いかけてくる、トラウマと衝動。
 その克服に対して、生半可なものではどうにもならない、というところからの、主人公の覚悟とやり方は、理屈と感情の両面で筋が通っていて、すごく良かったと思う。

 なまじ魔法使いとして覚醒して〜なんていうのよりは、あるものすべてを利用して、保険もかけて、その上で最後は自分の全てを委ねる、という方がカッコいいのは間違いない。
 そしてこのシーンのBGMの、『青空を抜けて』が、ベタながら物凄くカッコいい。この作品の曲の中で断然好きだ。シーンとセットでの相乗効果が半端ない。
 流石ラスボス、魅せるべきところはとことんまでやってくれる。近年の紫らしい一点突破だが、今回も上手く決まっていたと思う。

 せつなも、ヒロインとしてそりゃーーーめんどっちぃけれど、でも文句なく可愛くもある。
 感情の振れ幅も大きい中で、それでもそこかしこに一途な想いを見せてくれるし、本質的には純良な乙女、という匙加減が絶妙である。

 CVの東シヅさんってはじめてみる名義だが、八尋まみさんの別名義らしいとはどっかで小耳に挟んだ。
 真偽はわからんが、そうだとして、八尋さんって私の中で、寡黙なロリっ子キャラのイメージしかなかったりする。
 その点今回は非常に幅のあるキャラだし、なんならおまけもついている中で、上手く演じ分けと、強弱がつけられていたようには思った。まあ、「豚のようね」ほどの裏表は求められてなかったけど。。。

 全体として、概ねプレイ前の期待値はクリアしてくれたかな、と思う。
 色々総合的に勘案してみないと、まだはっきり見通せていない所もあるけれど、紫「らしい」タイトルには仕上がっていた。
 感想は近い内に、最低でも木曜までには書く予定。


posted by クローバー at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

回る回るよ時代は回る

 青春フラジャイルは氷緒をクリア。

 突然だが、文体を変えるというのは実に難しい。
 今まさにその課題に直面している私としては、より実感が強い。

 やはり長年続けてきた文体は身体に染みついている。
 基本的には、丁寧語の方が書きやすい。

 でも私の場合、丁寧に書こうとすると、大抵回りくどくなる。
 一から十まで説明したくて、結論が後回しになるのだ。

 くどくどしいお役所文章。
 それはもう時代性にそぐうものではないだろう。
 いや、ブログ黎明期から、実はそうだったのに、ずっと目を逸らしていたというべきか。

 まあ私の事情と悔悟は本題ではない。
 氷緒ルートである。

 このルートの序盤の氷緒は、それはもう見事にクラシカルなツンツンぶりである。
 文体的にも、共通からの流れにほとんど違和感は感じさせない。

 鏡さんのツンデレ文法と原理を丁寧にトレースしている。
 実にプロの仕事である。(そもそもこのクラシカルな尖ったツンデレが、今の時代に受けるのか?というのは別問題だが。。。

 理々ルートと比較すれば、特に序盤は本当に、自分の文体を封印・抑制して書いているのがわかる。
 その分いざくっついてイチャイチャし始めると、らしさがじわじわ滲み出てくるのがおかしいところでもあるが。。。

 ともあれ、そういう入りなので、序盤は氷緒の総合的な空回りっぷりが痛々しい。
 ついでに主人公のテンプレ的な鈍感ぶりもうーん、と感じる。やっぱりこの辺も、時代の求める造型とはフィットしきれていないように思う。

 彼女が抱える問題と想い、それに対する一本気で妥協を許さないスタイルは、長所でもあり、短所でもある。
 シナリオ面でもそれは遺憾なく発揮されているし、故に思い込みからの突っ走り、極端から極端に走るきらいは強い。

 ツンデレこそ振れ幅で勝負、という考え方もあるだろう。
 ただ意外とそれって、相方になる主人公の在り方次第だったりもする。

 その意味でこの主人公は、打たれ強く粘り強い。
 どれだけ自分に理解できない思考回路で氷緒が暴走しても、出来る限りそれに寄り添おうと努力する。
 まあ不器用で鈍感なので、タイムラグが大きい分だけやきもきさせるとも言うが。

 ともあれその軸は氷緒ルート全般を通してブレていないと言えるだろう。
 その上で終盤、この作品のキーキャラである、わるまほを上手く絡ませての展開も、行き過ぎではあるけど悪くはない。

 というかこのルートだと、わるまほがほとんど悪い子に見えない。。。
 自然体で善人ワールドを紡いでしまう、らしさの産物とも言えるし、実際悪い子ではない可能性は高いけど。まあその辺はおそらくせつなかグランド的なところで解明されるだろう。

 畢竟、このルートは氷緒の振れ幅の大きいツンデレを愛せるかどうか、に尽きるかもしれない。
 小鳥居さんのツンデレは非常に安定感があるし、相当にきつい事を口にしても、一握の可愛げが滲むような塩梅に整えられている。

 私としてはその点でかなり助けられたし、可愛かったと思うが、さて世の中的にはどうなのか?
 現代におけるツンデレというカテゴリの、攻撃性や暴力性の許容値を測る、リトマス試験紙みたいなヒロインであったようには思う。

 次は透音。
 というかこれ、結局選択肢の上から順になってる。多分これで正解なのだろう、と思っておく。ある意味シナリオ的にはこのルートが一番不安ではあるが。



 話は変わって、創の軌跡のアップデート。
 きちんと無料で、夢幻回廊のあれこれが一気に刷新されるとの事で、実に楽しみ。

 勿論支援課の夏休みも、こっちは有料だろうが買わないわけにはいかない。
 ティオと間近でイチャイチャできる貴重なチャンスは逃せない。もはや義務であり必然である。。。

 しかし配信が10/1とは、罪作りなタイミングだ。
 普通に9月の新作4本もあるので忙しいのに、どちらからやるべきか、非常に悩ませてくれる。
 10月は死ぬほど忙しくなりそうだ。気合を入れていかねばなるまい。



 また違う話で、どみるとユロットの姉妹ブランドの話。
 まあこの時代だから、どこもかしこもロープラ路線に走るのは仕方ないとは言える。

 ただそのままロープラ主軸になるのか、それともロープラで稼いで、あくまで本流はフルプラなのか、そのスタンスの差は気になる。
 どうしてもクラシカルなフルプラを愛する身としては、やはり軸足はプルプラに置いて欲しい、と思ってしまうのだが。
 趣味とはある意味、時代性に合わせて適応していくのが一番難しいカテゴリなのかもしれない。(私の頭が固すぎるだけとも言う)。

 そしてユロットの方は、まだディザーだけしか出ていないが、ヒロインが橘花にしか見えん。。。
 制服までちょっと似ているように感じるしね。まあその辺はきちんと情報出てからまたコメントしよう。




posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

<名曲紹介>アカリノアリカ(縁りて此の葉は紅に・OP曲)


<思い出話>

 縁りて此の葉は紅に。紹介するのに難儀なタイトルではある。

 まあこのコーナーは、あくまで<マイナー名曲紹介>ではあるので、背景を気にする必要もないと言えばないのだが。
 逆にその意味では、角砂糖のタイトルが、特にOPがマイナーなのか?という疑問と常に戦わねばならないけれど、特に最近はマイナー寄りでいいよね、とは思う。

 とにかく、曲は非常にスタイリッシュでカッコいい。
 流麗なメロディラインと、程よいボーカルの力強さが綺麗に噛み合っている。
 ちょっと気取った作品タイトルと言い、古式ゆかしい雰囲気や文言も程々に取り込んで、その点でも好み度は高い。

 特に二番のAメロの歌詞が大好きだ。
 「優しさの水を蓄え 花は綺麗になってゆく」という歌詞は本当に美しいと思う。
 この曲は製品版にボーカルマキシシングルが付属していたので、普通にPCで聴けるのだが、いつも不思議とこの二番のAメロまで聴くと満足してしまうくらいである。。。

 ちなみにすごくどうでもいい話だが、私は基本的にエロゲの特典には興味がない。
 サントラは欲しいが、それ以外のグッズはあっても置き場に困るし、最初からついてくるもの以外はスルーする。

 ただこの作品は、うっかり予約を間違えて、色々特典付きを買ってしまった。(その場で交換を言い出せないコミュ障ぶりも遺憾なく発揮した苦い思い出でもある。。。

 そのせいで、というか、おかげで、というか、我が家の膝掛けとして、もみじのブランケットがずっと鎮座している。
 この子、キャラデザは文句なく鬼可愛いので、作品の記憶が薄れた今では地味に重宝しているのがいいのか悪いのか、という話である。

 盛大に話が逸れた。とはいえ曲としては素晴らしい、大好きの一言に尽きる。

 問題は、この曲の出来や雰囲気に、作品本体がまるで追いついていない事だろうか。
 そしてキャラも可愛いのに、作中内では微妙に面倒だったりウザかったりで、のめり込んで好きになり切れなかった。
 シナリオ補正がないから、尚更である。

 とどめに、私はこの作品で、ほおずきを一番気に入っている。
 少し怜悧なイメージで、仕事の出来る女感を醸しつつも、ふとした時に見せてくれる微笑みや信頼のまなざしがとても愛らしいのだ。
 ピンかパーか、的なスタイルのヒロイン陣の中で、程よいスレンダー美人なのもポイントが高い。

 だが攻略不可のサブキャラである。

 なんだかんだ、角砂糖作品はサブでもこっそりルートがあったりするのだが、それもない。絶大なる悲しみである。
 縁りて此の葉は紅に。色んな意味で愛憎半ばするタイトルである。

 だが一貫してこの曲は好きだ。なのでこのコーナーで紹介するに相応しいだろう。


 
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする