2020年09月18日

<名曲紹介>アカリノアリカ(縁りて此の葉は紅に・OP曲)


<思い出話>

 縁りて此の葉は紅に。紹介するのに難儀なタイトルではある。

 まあこのコーナーは、あくまで<マイナー名曲紹介>ではあるので、背景を気にする必要もないと言えばないのだが。
 逆にその意味では、角砂糖のタイトルが、特にOPがマイナーなのか?という疑問と常に戦わねばならないけれど、特に最近はマイナー寄りでいいよね、とは思う。

 とにかく、曲は非常にスタイリッシュでカッコいい。
 流麗なメロディラインと、程よいボーカルの力強さが綺麗に噛み合っている。
 ちょっと気取った作品タイトルと言い、古式ゆかしい雰囲気や文言も程々に取り込んで、その点でも好み度は高い。

 特に二番のAメロの歌詞が大好きだ。
 「優しさの水を蓄え 花は綺麗になってゆく」という歌詞は本当に美しいと思う。
 この曲は製品版にボーカルマキシシングルが付属していたので、普通にPCで聴けるのだが、いつも不思議とこの二番のAメロまで聴くと満足してしまうくらいである。。。

 ちなみにすごくどうでもいい話だが、私は基本的にエロゲの特典には興味がない。
 サントラは欲しいが、それ以外のグッズはあっても置き場に困るし、最初からついてくるもの以外はスルーする。

 ただこの作品は、うっかり予約を間違えて、色々特典付きを買ってしまった。(その場で交換を言い出せないコミュ障ぶりも遺憾なく発揮した苦い思い出でもある。。。

 そのせいで、というか、おかげで、というか、我が家の膝掛けとして、もみじのブランケットがずっと鎮座している。
 この子、キャラデザは文句なく鬼可愛いので、作品の記憶が薄れた今では地味に重宝しているのがいいのか悪いのか、という話である。

 盛大に話が逸れた。とはいえ曲としては素晴らしい、大好きの一言に尽きる。

 問題は、この曲の出来や雰囲気に、作品本体がまるで追いついていない事だろうか。
 そしてキャラも可愛いのに、作中内では微妙に面倒だったりウザかったりで、のめり込んで好きになり切れなかった。
 シナリオ補正がないから、尚更である。

 とどめに、私はこの作品で、ほおずきを一番気に入っている。
 少し怜悧なイメージで、仕事の出来る女感を醸しつつも、ふとした時に見せてくれる微笑みや信頼のまなざしがとても愛らしいのだ。
 ピンかパーか、的なスタイルのヒロイン陣の中で、程よいスレンダー美人なのもポイントが高い。

 だが攻略不可のサブキャラである。

 なんだかんだ、角砂糖作品はサブでもこっそりルートがあったりするのだが、それもない。絶大なる悲しみである。
 縁りて此の葉は紅に。色んな意味で愛憎半ばするタイトルである。

 だが一貫してこの曲は好きだ。なのでこのコーナーで紹介するに相応しいだろう。


 
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする