2020年09月26日

<名曲紹介>quantum jump(フレラバ・OP曲)


<思い出話>

 quantum jump。改めて地味目だが、凄まじくいい曲だ。
 正直タイトル的にも、動画の再生回数的にも、マイナーと言い難い気もするが、好きな曲なので気にせず紹介していく。

 SMEEのOP曲はいつも比較的気に入るのだが、特にこの位の時期の、優しくて柔らかな雰囲気に特化した曲は印象深い。
 ピュア×コネクトの曲も、OPEDともにお気に入りなので、いつか紹介する時があると思う。

 この曲は、本当に山谷は少ない。
 出だしのイントロもとても穏やかで、平穏で安らかな日常のイメージをそのまま投影している。

 歌詞も味わい深いが、特に秘密めいたところはなくストレートで、真っ直ぐ心に染みてくる。
 スローテンポで淡々としたリズム感が、ささやかな幸せの有難みをじんわり感じさせてくれるところが実にいい。

 それでいて、スローの曲にありがちな冗長さが全くないのも好感度が高い。
 とりわけ、二番のサビからDメロにシームレスで繋ぎ、しかも全く違和感がないのが気に入っている。

 ほんの少しだけ、そのDメロで見せる感情の高ぶり。
 「思い出してずっと 奇跡を歩いている」というフレーズに、幸福感と感謝の想いが満ち溢れていて素晴らしい。

 どんな小さな一歩でも、明るい未来に繋がっている。
 回り道に思えても、寄り道に感じても、そこには意味があるのだと、優しく諭し、受け止めてくれる。
 気持ちがささくれ立っている時に、自身を調律するために浸りたい曲である。



 作品自体も、当時としては色々挑戦的なシステムで面白かったと思う。
 少し雑談システムが画一的なきらいはあったし、機械的で単調とも思えたが、あれはあれで思い出せば結構楽しかった。

 あくまでもキャラゲーなので、シナリオの深みこそ少ない。
 けれど、OP曲のイメージ通り、優しさに包まれたまま最後まで完走できる作品である。ストレスフリーはいい事だ。

 ヒロインでは、ひまひまと岬がお気に入りだった。
 もしもこのタイトルをリプレイする事があるとしたら、まず間違いなくこの二人だけ、にはなると思う。

 基本的にキャラゲーは中々リプレイ候補に挙がってこないが、程よく間隔が空いた今なら、新作準拠感覚で楽しめそうだ。
 普通に今初回プレイでも楽しい作品と思うので、お勧めである。勿論曲の良さも含めて。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする