2020年10月21日

名曲紹介:紅吹雪(時を紡ぐ約束・挿入歌)


<歌詞>

艶やかに濡らす湯気滴り
この身を清めて支度は整った
声温泉高く轟かせて
祭りの狼煙を今上げようぞ

一片たとえ儚くとも
この命ある限り 燃え続けよ

いざ歌え紅吹雪よ
宵を紅く照らして
下弦の月にまで届くように

いざ踊れ紅吹雪よ
鮮やかに咲き誇れよ
浮かぶ陽炎を照らせ 紅吹雪


提灯が揺らめく祭囃子
簪で留めた髪を揺らす

袖が隠した涙なんぞ
拭い去り前を向き 天を仰げ

いざ行けよ己の道を
魂燃え尽きるまで
太鼓と笛の音を背に受けて

いざ届け私の声よ
湯の水面を震わせ
この祭りの歌響け 紅吹雪


一片たとえ儚くとも
この命ある限り 燃え続けよ

いざ歌え紅吹雪よ
宵を紅く照らして
下弦の月にまで届くように

いざ踊れ紅吹雪よ
鮮やかに咲き誇れよ
浮かぶ陽炎を照らせ 紅吹雪

<思い出話>

 軌跡リプレイばかり書いてても仕方ないので、少しペースを繰り上げての本日の名曲紹介は、時を紡ぐ約束より、挿入歌の紅吹雪です。

 曲としては本当に正統派の和ロック、というつくりで、賑々しさと外連をたっぷり効かせつつ、情熱的なメロディをきっちりボーカルが支え切っているな、という感じです。
 まあ流石に、同じあっぷりけ系列の和ロックの神曲たる華暦と比べると少し落ちるか、とは思いますが、それでも十二分に良曲・名曲の範疇に入るでしょう。

 これはいわゆる作中曲で、映像を見ての通りに、ヒロインの中の人が歌っています。
 こういう中の人ボーカルの曲って、大抵の場合流石にどこかクオリティに引っ掛かりが出てくるものですが、この曲には一切それがないのも凄いです。

 というか、花園めいさんがめっちゃ歌上手いんですよねぇ。
 ノラとと2のクライングハートも名曲なんですが(いつか紹介するかも)、あの曲、特典でヒロイン同士の様々な組み合わせで同じ曲を歌ってもらう、という趣向がありまして。

 自分のPCで聴くのにどれを採用しようか、と全部聴く中でも、やっぱり花園めいさんボーカルが一番安定していて出来がいいんですよ。
 それでいて、きちんとキャラらしさは残していると言うか、穂乃香のイメージに合わせて変にこぶしを効かせたり、ボリュームゾーンを強くし過ぎていないのも凄味です。

 曲そのものも挿入歌で、タイトル含めてマイナー寄り、と思っていたんですけど、再生回数見ると知る人ぞ知る、くらいにはなってそうですな。
 ともあれ、CVソングとは思えないハイクオリティで、耳にすると問答無用で気分が浮き立つ素敵な曲だと思います。



 作品としてはうん、まぁ……嫌いじゃないんですけど、色々勿体なかったね、とは。
 特に自分の感想振り返らずに、記憶だけ辿ってみても、一番最初に出てくるのが、遥そらさんヒロインのホットパンツ最高だったなー、ですし。。。

 今から考えても、体力のないメーカーなのに、冒険的な企画投入して、それがじわじわと負債になっていった感はあるのですよねぇ。
 そういや、クロスコンチェルト以降の動向がちぃとも聞こえてこないのですが……。

 個人的にあっぷりけはかなり好きなメーカーなので、またらしい新作が見たいですなぁ……。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

その正しさの重みは

 創の軌跡リプレイを再開して、とりあえずチャプターWはCとリィンまでクリア。
 まあこの時点でもまだ夢幻回廊はスルーしてるのでサクサク進むのだけど、物語はどんどん重厚になっていくので、そこはきっちり押さえておきたいジレンマ。

 特にCルートは、色々と根幹にかかわる謎の本質が綺麗に解けていく形だし、それに対するラピスの反応と意思が素敵。
 その彼女なりの正しさの根源がどこにあるのか?という部分で、そうであればこその救いをその道のりの中で振り撒いている、というのが味わい深いよね、と。

 しかしここもワォーンの威力絶大。そして喋る狼に素直に驚き過ぎのラピス可愛い。
 更には、ちょっと手を握られただけで、状況一切無視で乙女スイッチゴーオンのナーちゃん可愛いのである。

 リィンルートは、最初の時はアルティナ連れていったので、今回はミュゼにしてみたけど、やっぱり汎用的な台詞のずらししかないのね。
 一応今回はデータ連動そのままに、ミュゼとラブラブモードのはずなんだが、その手のあれこれは流石に深掘りできないというべきか。

 そもそもデータ連動するなら、零碧だって一応ヒロイン選択あったろ?とは言いたくなる罠。
 基本的に後ろからタックル踏襲するのは、正妻に遠慮してのいじらしさに思えるのだが、それを認めた覚えはないよプンプン!

 まあともあれ、復習の部分は大分進んできたので、次のお休みの日までにある程度目途をつけて、本腰入れて夢幻回廊やらなくては。
 色々ストーリー中でないと出来ない錬金術もあるし、せめて主要で使いたいキャラ分くらいはウルロア作っておかないとなー。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

怪我の功名?

 ろけらぶ♡神社×先輩の感想をアップしました。

 タイミングとしては変なところで書いたんだけど、どうしても週末土日、バタバタ忙しくて隙間時間しかなかったんですよね。
 なので逆に、ちょうど1時間しかないならこの感想書いてしまえー!みたいなノリでやっつけた感じ。今週お休みも少なくてさぁ……。

 私事の愚痴はともかく、作品そのものとしても、最も期待されるイチャラブの部分は良かったけど、シリーズのまとめとしてワンパンチ足りないな、とは。
 特に信じるものは救われる的なコンセプトを上乗せするのはいいにしても、その度合いと効用がかなり極端ではあったので、もう少し折り目があっても、という印象は受けました。

 ま、八千代ねぇ大変エロ可愛い幼妻で最高でしたけどね。ロリは大正義。。。



 あと一応合間に、保健室のセンセ―とシャボン玉中毒の助手の体験版だけやりました。

 先行体験版、という位置づけらしくて、本編のダイジェストとムービーだけの、30分もあればクリアできる内容。
 まあ分刻みスケジュールで動いていた週末の私には程よいサイズ感で助かった、とも言えますが、流石にこれだけだとわかりにくい部分も多く。

 とりあえず設定として、人非ざる何かと、それを送り還す役割を担う何者か、がいて。
 その関係性が凝縮された街を舞台にした、どちらかと言えば切なげ要素強めのタイトルっぽいですな。

 二人の関係も、勿論エロゲーなんだからそういう面があるのとは別に、そうでなくてはならない必定や、切っても切り離せない繋がりがありそう。
 少なくとも体験版部で見せていたニュアンスはミスリード感強いし、まあこういう、いかにも思わせぶりな雰囲気を纏うのがなかひろさんの構文である、と。

 流石にシロハナ以外のヒロインにちょっかいは出せなさそうで、可愛い女学生たんまりなのにモッタイナイ!とは思うけど。。。
 まあでも低価格路線で、サラッと読めてほんのり心に染み入るなにかを残してくれそうなタイトルですし、多分かうと思います。



 ……思うんだけど、11月は欲しいもの多めなんだよなぁ。。。
 ドーナドーナと恋ロワ、アイキス2はかなり欲しくて、それにこれと、ねこぱら4もあると。

 挙句12月頭にライザ2もあるから、ちょっとスケジュールパンクしそう。
 財政面の問題も含めて、どこか削るべきか、それとも12月は今のところ少ないから、と言い訳してえいや!するか悩みどころなのです。

 流石にエロゲ屋さんはもう買わんぞ。だってどうせみつきちゃん出てこないんでしょー、プンプン!


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<感想>ろけらぶ♡神社×先輩

 今日の感想は、Frontwingの低価格シリーズ、ろけらぶの最終作となる神社×先輩、ですね。

 個人的な趣味としては八千代が一番好きではあったので、楽しみに待っていました。
 前の2作とも、非常に濃密な甘々イチャラブをギュッと楽しめる仕上がりでしたが、さて今作はどうだったでしょうか?


続きを読む、以下ネタバレあります
posted by クローバー at 05:00| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

名曲紹介:虹色の季節へ(PriministAr・OP曲)



<思い出話>

 今日のご紹介は、PriministArよりOP曲の虹色の季節へ、です。

 タイトルの通りに非常に色彩感豊かな曲で、爽やかさの中にぽつぽつと多彩な情念が織り込まれている印象です。
 メロディラインも清々しく、霜月さんの透明感溢れるボーカルにもフィットしていて、耳にするとウキウキした気分になれる素敵な曲ですね。

 特にBメロが好きなんだけど、その中でも二番の後半の歌詞が気に入ってます。
 曲紹介のリンクでも、この曲は千里が一番似合うよね、と書かれていますが、特にこの二番のBメロはすごく千里らしい。

 「あなたが笑い掛けてくれるたびに、切なくなると知ってますか?」とは、本当にストレートだけど素朴に千里の今を貫いていて、すごく染み入る情緒があるなぁと思います。



 作品としてはまぁ、思い入れがないわけがない、って話ではあります。
 決して名作と思っているわけではないんだけど、節々に心に引っ掛かりを残す要素が多くあって、それを自分の中で一番大きく膨らませた作品ではないか、と。

 やっぱりその軸になるのは千里なのだけど、だからこそ、千里との在り方をしっかり定義し直せば、という所からの、小糸の物語まで発展させられたのは、思い出深いし凄く楽しかったのです。
 なんだかんだで角度の違う2作を書いて、それぞれのヒロインの肌合いや空気感なんかもかなり深く掴めたと思ってるから、その辺でも愛着は当然強くなるでしょ、と。

 実際の話、作品そのものとして今更におススメするものではないけど、個人的にはいつかリプレイはしたい。
 COGとかもめっちゃ好きだしね。花蓮ルートも欲しかったな今更ながら。本編の時はそこまで思わなかったけど、自分で書いた小糸編での花蓮はめっちゃ気に入ってる。
 まあそんな感じで、極めて私事感の強い面は大きいのだけど、曲自体も普通に名曲なので、もしよければこれを取っ掛かりに本編もどうぞ、みたいなところでしょうか。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする