2020年10月03日

意味深展開多いよねー

 本日より、さくらの雲、スカァレットの恋をプレイ開始。
 とりあえず体験版部まで終わらせて、タイトルに戻ったところです。しかしこの感じだと、基本的に攻略順決まってるっぽいねこれ。



 体験版部自体は、以前に二周くらいしているのでサラッと、とはいかないのがこの作品。
 勿論ある程度展開わかってるから、飛ばし気味にしていいところはしたけど、改めて伏線っぽいところは意識のフックに引っかけておかないと。

 一々論ってると限度があるけど、いわゆるループもの、だと意識して触れていくと、サラっと違和感のある記述は沢山あって。
 それは主人公自体への疑惑も孕むものですし、どこまで深読みなのか判断もし難いけど、道中であーだこーだ考えるのも推理ものの楽しみ方よね。

 電報の制限性や、そこの文言の疑問などもまだまだ多く。
 そもそも最初の時点で電報がもらえるという事は、零周目があったんだよね?ってなるし、それを取次できるアララギの存在性も謎。

 雰囲気的に、基本歪みを正し切れないと、どんな過程を辿ってもあの破滅的着地は免れ得なくて。
 その鉄火場の中から預かりものをして、直接飛んでくるから、それを引きずった気配を纏っているのかな、とは。
 アララギにとっては地続きの流れには感じますけど、それも正しいかは今後次第。



 ともかく、改めて進めてもヒロインはみんなとっても可愛いし、シナリオとしても奥行きが相当にありそうで超楽しみ。
 やっぱりアララギは攻略出来ないのかなぁ、なんて思いつつ進めていきます。

 最初の攻略ヒロインは遠子のようですね。
 まああのラストから繋がるなら、ヘイストの正体を巡って、とはなるのでしょう。

 露骨にメリッサっぽく見せてるけど、多分それはミスリードじゃないかなーとは。
 でもミステリーの原則に則るなら、既に犯人は登場している筈で。

 そう考えれば、該当しそうなの(=立ち絵があるの)二人しかいない気はする。。。
 独特の香り、というのも、どっちにも該当しそうだからさて?ではあるけど、まあ多分体格的にあちらだろうと思って進めてみます。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする