2020年11月11日

めっっっちゃ好きやぁぁぁ!!!

 まいてつLRは、ポーレットの本編ルート分までクリアしました。
 うーんなんだろう、改めて私、このルート好き過ぎる。そこまで超久し振りって事もないのに、一々ポーレットが可愛過ぎるし、ひたむき過ぎてあれこれ切なさMAXで、感じ入るシーンがやったら多い。

 実際色々きちんと考え直しながら見ていくと思うのは、このライターさんの作風と、政治の舞台って意外と相性がいいんだよなぁって。
 共通でも枠組みそのものを作るのは上手だけど、具体的な内実はすっ飛ばしている分片手落ち、ってイメージが付き纏う部分もあるわけで。

 でも政治ってそもそもフレームを作るのが仕事だから、実務的な部分ではきちんとスペシャリストが対処してくれますよ、って信頼感はあって。
 その分だけひたむきに、ひたすらに、絶対に曲げられない自身の核の部分を貫いていけばいい、その方向性でフレームをきちんと組み立てればいい、という部分がより光って見えるというね。

 勿論その合間に二人の過去や、今を縛る問題とも向き合う流れを丁寧に組み込んでるし、その立場や想いからしても、恋愛譚としても決しておざなりではない、むしろこの二人ならこうでなくてはならない、くらいのイメージではあるのです。
 「私が、恋を、知ったなら」はやっぱり名言。だし、離れていても誰よりも母親は母親である事を端的に示すシーンでホント好き。

 恋と愛を原動力に、過去の呪縛を立ち切ってのポーレットの更なる活躍と頑張りは本当に輝いて見えます。
 その上で、それまで停滞していたなりに軸をぶらさずに足掻いていたことが、きちんと無駄ではなく反映されてくるのもすごくいいんですよねぇ。



 特に好きなのは、老議員を堂々と論戦で納得させて、ギリギリでの勝利を勝ち取るシーンと、その後の苦境の中で、みんなで駅弁を囲むシーン。
 どちらもポーレットが真っ直ぐあったからこそ、であり、感想でも触れたように、それは「お人好し」の琴線を擽るズルい仕掛けではあるけれど、やはり何かが立ち上がる時に、打算だけではなく熱量がないと成り立たないよね、という話で。

 その熱を一気に冷めないようにするための努力も含めて、非常に緻密で丁寧なフレームワークを、冗長にならずに無駄なく完璧に組み込めているルートだと思います。
 やっぱりまいてつ自身、このルートをプレイするだけでもやってみる価値は絶対にある、と声を大きくして勧められる、私にとってもすごく存在感の大きな話になりますね。



 とりあえずシームレスでアフター編に入ってしまうみたいなので、一度そこで止めてますが、さてプレイ順どうしよう?
 どうせラストは、というのはある以上、このまま先にやってしまってもいいんだけどね。
 それにしても、EDを見て改めてどんだけ曲数追加されてるんだ、って話。。。一々全部ちゃんと聞くだけでも一仕事やんけ〜。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

敢えて美味しいところから

 竜姫ぐーたらいふの感想をアップしました。
 まあほぼ想定通りに、キャラの可愛さを楽しむハーレムゲー、ですね。

 ただ全般的にそこまでキャラ性そのものに魅力がない感じもあって、そこはもうちょっと頑張らんか?って感じ。
 基本的にCVの強さだけで押し切った感覚ではあり、悪くはないけどお勧めできるレベルではないな、って塩梅ですかねー。



 まいてつラストランをスタートしました。
 無印部分もブラッシュアップされてる、という事なので、ある程度きちんと共通から丁寧に読んでいったけど、まだ流石にこれは記憶が新しいですな。

 ある程度ここがちょっと違うとか、補足が増えてるとかもなんとなくわかるし、時間軸をきちんと表示するようにしているのも基本的にはプラス。
 本編の共通での感想が、枠組みが出来るまではきちんとしてるのに、その内側の努力はスルーしてポンポン進む、だったので、それを時間の経過である程度説得性を持たせているのは悪くないと思います。

 ただアレだよね、基本夏服しかないからかもなんだけど、見学会から実際に修復完了まで、一気に九カ月近く飛ぶのはねぇ。
 誘致賛成派だってそれなりに活動しているだろうに、それだけの悠長なスパンで間に合うのか?って疑念はやっぱり出てきてしまうジレンマがあって、この辺りのバランスは難しいところ。

 というか、本来はこの共通ラストでまだ8月くらいの想定なのを、現実味がない、という指摘でもあったか、無理に伸ばしてる感はあって。
 だから凪を勧誘するシーンでの台詞が、夏休み明けたら頻繁には手伝えない、って矛盾にもなっちゃってるし、この辺の辻褄合わせは難しかったのかなとは思って苦笑いしつつ、でしたかね。

 でも、最初から枝葉末節の部分はスルー、とわかって読んでいれば充分に楽しいし、改めてポーレットが可愛過ぎる。好き。
 今回はどうせラストランでのグランド的なのが最後になるってわかってるので、敢えて初っ端からポーレットに行くつもりです。めっちゃポーレットルート好きだから超楽しみー。

 ただ、折角だからOPだけ聴いておこうと思ったら、既にその位置から新・OPに差し替えなのかい!とは。
 サイレントレール大好きなだけに、久々にムービーモードで見たかったなぁ。新しい方は後日談スタートの時点で改めて流せばよかったんじゃ?なんて贅沢な事を思ってしまっている私でした。。。



 恋ロワもシャボン玉も無事にマスターアップして、11月は5本で確定してしまいましたな……。
 いや楽しみだよ、楽しみなんだけど、本当に他にもやりたい事が山盛りあり過ぎて、スケジュールのやり繰りの目途がまるで立たん。。。

 まあ多分、基本的にはフルプラエロゲは3本優先でやると思います。
 ライザも楽しみなんだけど、なんか動画見てる限り、更にアクション寄りになってて、なんかどんどんアトリエっぽさが足りなくなってない?なんて思う向きもなくはなく。
 どちらにせよ中途半端にはやりたくないから、そこは割り切っていくしかないと思ってます。最悪ライザは年明けでもいいやと。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<感想>竜姫ぐーたらいふ

 今日の感想は、渦巻きの低価格路線シリーズの第二弾になりそうな、竜姫ぐーたらいふです。

 基本的にシナリオには期待出来ないラインなのですが、なんで買ったと言えば、ほぼほぼハルのCVが飴川さんだからです(笑)。
 まああとは絵買いの面もありますね。ロリっ子成分が足りないのがアレですが、それでもコスパには見合うと判断しました。

 ロープラですしキャラゲーなので、サクサクっとかるーく流していきましょう。


続きを読む、以下ネタバレあります
posted by クローバー at 06:27| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

まぁこんなもんでしょ

 竜姫ぐーたらいふは無事にコンプリートです。
 まあ予想通り、ほぼシリアスにならずにサラッとドタバタライフの中で終わった感じですね。

 基本線としては、人間としての常識に少しずつ染まっていくハルとのやり取りの微笑ましさと、そして鈴夏の嫉妬からの一念発起、というあたりが上手く絡み合っている感じ。
 主人公は基本ダメ人間なのに妙なところでストイックと言うアンバランスさで、正直ここはあんましリアリティを感じないのだけど、だからこそ常識に縛られない面もあるとは言えますかね。

 もっとも裏を返すと、堂々ハーレム許容ではあるのでクズっぽいし、普段の絶対働かない的な言動からも、鈴夏があばたもえくぼ的に惚れ込んでいるほど、読み手の印象は良くないかも、とは。
 勿論鈴夏がああいう事になって、人間の常識から一歩はみ出て、という部分での甘えもあるかもだけど、中々難しいところではあります。

 大枠としての伏線はほぼスルーだし、やっぱり続き物前提だねこれ。
 猫忍的に次にまたドラゴンから新キャラが落ちてきたり、人間からも絡んでくる子が出てきたりなのかなとは。最後の同人の子とか怪しいよね。

 まあ最初からシナリオに期待している作品ではないし、ハルは期待通り可愛かったのでこんなものでしょう。
 感想も簡易的に、明日中にサラッと書いてしまうつもりです。



 さて、それではようやくまいてつをスタート出来ますね。
 インストールだけは済ませたのだけど、フルインストで13GB弱……えげつないなぁ。

 今回はきちんと本編部分も含めてすべてやるつもりなので、普通に月末まで掛かる可能性もあるけれど、出来ればもう少しサクサク進捗はさせたいなとは思ってます。
 ただ他にも色々やること多くてねぇ……。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

伏線回収する気あるかな?

 週末であまりゲームできてないけど、一応竜姫ぐーたらいふに着手して、二時間くらいは進めたので概ね半分くらいかなー、とは。

 まぁわかってはいたけど、アインシュタインの後にやるとなんとも牧歌的というか、設定の壮大さは引けを取らないけど、その辺の伏線どうせ回収する気ないよね?ってわかってしまうつくり。。。
 あくまでもどらぷりのハルとまったりイチャラブ貧乏ライフが主軸と言うか、キャラ主体の萌えゲーなので、その辺は仕方ないとは思うけど。

 ただなんで子供時代にわざわざハルが先行ヒューストンしてきたのか?ってくらいは理由づけして欲しいなぁ。
 明らかにこのハルの好意って摺り込みそのものだし、そういうシンプルで真っ直ぐな思慕が可愛いとも言えるけど、もう一味深みは欲しいっちゃ欲しいよね。

 まあダラダラ日常してるだけでも、ハル可愛いし、飴ちゃんボイス可愛いしで満足は出来るんですけどね。
 美味しいものが食べられるぞ!って流れからの「ひゅーーーっ!」の声の出し方がめっっっちゃ可愛い。超好き。キラキラタイプも良いけど、シンプルに可愛い一点張りもいいよね。



 後は鈴夏がわかりやすくツンデレしてるけど、最初から二コマすら要さず即落ちしてるから、いじらしいというかかわいそうというか。。。
 イベントにえちぃシーンのCGあった以上、そういう流れにはなるのだろうし、多分このタイトル、猫忍と同じでハーレムっぽいんだよね。いずれ2とかで違うドラゴンがやってきちゃったりする感じで。

 その意味では、ハルが正妻だけどみんなで仲良くやっていきましょ、という下地作りが今回とも言えて。
 だから多分後半は結構鈴夏との話になるのかなとは思ってます。まあこっちも普通に可愛いし、オーソドックスな桃山いおんさんでこちらも耳に嬉しいんだけどね。

 相変わらず細かいところでご都合主義だったりはするけれど、難しく考えなければ楽しいです。
 今日はもうムリだけど、明日にはクリアして、そのまま明後日にサクッと感想書ければいいなぁと。いい加減まいてつに手をつけたいしね。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする