2021年01月31日

名曲紹介:瑠璃色(鯨神のティアスティラ・ED曲)


<歌詞>

ずっと寂しかったの
ひとりぼっち世界に
取り残されてるようで

祈ることを忘れた
人たちの世界に
居場所なんてなくて

自分を見失いかけてた
あの日君に出会えた
いつだって暖かいその温もりが

瑠璃色の海 大きな声で
泣いてたの 誰にも届かなくて
大丈夫 ねぇ 今は一人じゃない

暁の空 君がいたから
彷徨ってた 心 光射して
大好きよ ねぇ もっと

もっと信じて奇跡を起こすよ


本当は嬉しかったの
二人なら世界を
きっと動かせるよ

願いごとをきかせて
私たち世界の
真ん中はここだよ

道を見失うときには
あの日の君の言葉を
思い出して一歩ずつ進めるよ

瑠璃色の空 小さなこの手
伸ばしたの 何かをつかみたくて
大丈夫 もう 今は 迷わないよ

靜寂の海 君がいるから
怖くないよ そっと 瞳閉じて
大好きよ ねぇ もっと

もっと感じて 奇跡の瞬間


自分を見失いかけてた
あの日君に出会えた
いつだって暖かいその温もりが

瑠璃色の海 大きな声で
泣いてたの 誰にも届かなくて
大丈夫 ねぇ 今は一人じゃない

暁の空 君がいたから
彷徨ってた 心 光射して
大好きよ ねぇ もっと

もっと信じて奇跡を起こすよ


<思い出話>

 今日のご紹介は、鯨神のティアスティラよりEDの瑠璃色です。
 OPもべらぼうに好きだけど、やっぱりこっちも凄くいい曲なんですよねぇ。特にこれは一応メインのリルの心情にフォーカスした曲、という部分もあり、より作品に寄り添った曲とは言えます。

 まぁ肝心要のシナリオがアレなので、その配慮も台無しというオチはつくのがこのタイトルの残念な部分ですけど。。。
 既にネガイミズも取り上げているので、その時にも似たような事書いてるんだろうけど、基本もうこの作品は私の中では恵那姉可愛いよ恵那姉で完結してしまうのでした。

 そして恵那姉の事を思い出すと、連鎖的に、最近めっきり遠野そよぎさん見なくなったよなぁ……と寂しくなる私。
 元々出入りの激しい業界だし、流行っている時はドドッと出てきても、長く生き残るのは……という面はあるから、なんだかんだでどんどん隙をアップデートしていっちゃう薄情なファン心理もあるけれど。

 それでも一時期熱烈に御贔屓にしていた人の声を聴かなくなるのは、やっぱり物足りなさは出てしまって、だからこそたまにリプレイ溶かしたくなるのだよね。
 まぁそよぎさんの場合、優先度は夢>シンシア=その他みたいなところはあるけれど(笑)、その他の中ではやっぱり恵那は結構上に来ると思うのだ。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする