2021年02月04日

真っ直ぐだねぇ

 ガラス姫はアンリこと、アンナルートをクリアしました。
 立場上すごく揺らぎのあるヒロインではあったし、その中で途方に暮れていて、見つけた光にどうしようもなく惹かれて、って構図は凄く綺麗なお話だったなー、と思います。

 勿論それはお互い様、という感じで、それぞれにそういう色合いはあるだろうけど、本当に立場は違ってもきちんと支え合う、助け合う関係になれていたのが個人的には印象深かったですね。
 期待通りにアンナもとっても可愛らしくて、無邪気に甘えてくる感じが凄く好みだったし、全体的に立場に縛られつつも、それでも譲れない想いをきっちりと育んでいく、その価値の重みが丁寧に紡がれたルートだったんじゃないかな、と思います。

 まぁベルを勘違いに染め上げた織姫はどうなんだー、とは思うけど(笑)。
 つぎはその織姫になるので、実際のところあのお姫様抱っこだけでなの?みたいなチョロイン感と、それゆえのさや当て感が、どこまで緩和されるのかなーって所で注目ですかね。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする