2021年02月13日

名曲紹介:Timeless time(七つの不思議の終わるとき)


<歌詞>

誰も寄せ付けない 
冷たい風が心さえぎる
一人でかまわない…
本当はここにいるのに

立ち止まったり しがみついたり
許せなくって 涙こぼした
騒がしい時間の流れに 
私の居場所 刻んだ

探し続けてきた 
流れる空 時の中で
あの日そっと 胸にしまった 
優しさで絡まった この想い

生きてくって多分 
越えてかなきゃ いけないよね
その勇気で 夢の欠片が
少しずつ動き出す 終わりが始まる


何処へ行くのなんて 
わからないまま ただ過ぎてゆく
未来は謎解きの
ようにはいかないのかな

無理に走って 空回りして
くじけそうだって また笑ってたい
時計の針を 追いかけてちゃ
何も守れない気がした

祈り続けてきた 
生まれる前 もっと昔
誰かがまた 誰かを想い
時を越え 今を越え 明日が始まる


いつも同じ 場所でつまづいて
これまでとこれから 
つま先見つめながら


この手 切ってくれた
抜け出せない 日々の中で
繋いだ手が 絆に変わる
伝えたい 届けたい この想い

生きてくって多分
越えてかなきゃ いけないよね
その勇気で 夢の欠片が
少しずつ動き出す終わりが始まる 

僕らの胸に Timeless time


<思い出話>

 今日のご紹介は、七つの不思議の終わるときより、OP曲のTimeless timeです。
 神秘性と透明感、哀切を絶妙に兼ね備えたバラードの傑作ですね。

 特段癖はないですし、しょっちゅう聴きたい、となるほどの曲ではないのだけど、たまに聴くと心の芯がじぃんと痺れるような、独特の感慨をもたらしてくれる曲です。
 メロディラインもいいけど、それに合わせたシンプルながら奥深い歌詞が好みです。



 作品としてはまぁ、タイトル通り七不思議が軸になって、同時にタイムスリップもので七穂が違う時空の人、ってくらいは覚えてるけど、改めて添付した動画見てても、全然細かいシーンとか思い出せんな。。。
 まぁシナリオが設定の割に薄かったのは覚えてるけど、ただ七穂とエリスは抜群に可愛かった記憶があるので、これももう10年前だし、今リプレイすれば新作チックに楽しめるかなぁ、なんて思ったりはしますね〜。

 しかしよくよく見ると、よく消されんなこの動画。。。
 ちなみに私はこの作品では、七穂の正常位が一番可愛いと思います。。。というかそれしか覚えてないんだけどね(笑)。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする