2016年09月15日

困りものです

 BALDR HEARTの感想をアップしました。
 まあ全体的にスカイよりは壮大さはないけど、根底的なテーマ性も舞台設定も違う中で必要充分な説得性、必然性は有していたし、どうしたって修羅場真っただ中では恋愛模様が刹那的になるのは致し方ないですしね、ってところで、概ね文句のない素晴らしい出来であったと思います。
 流石にスカイより面白かったとは言わないし、あの当時より私の採点基準が甘くなってるから数字だけで言うとアレだけど、あの学園編での穏やかな恋模様の育まれはやっぱり対比として意味では素晴らしかったし、キャラに関してはあっちの方が思い入れがより強くなる構造なのは間違いなく。でも今回でもそれやったらまた分割になっちゃうしね、この骨組みの中では最善だと思います。
 わかりやすい骨太な悪キャラがいない分だけ、わかりやすい盛り上がりは少ないんだけど、事象の連環の意味合いをしっかり突き詰めていくと本当に心震えるものがあるし、理屈と神秘の両面で解釈が可能な複層性といい圧倒的な完成度でしたね。

 しかし困ってしまうのは、普通にもう一周くらい凪ルートやりたいな、ってのと同時に、改めてものすっごくスカイプレイしたいんですけど。。。
 もっともアレを全部やるとなるととんでもない時間を食うし、ハートみたいに全部戦闘スキップしてADV部分だけプレイしたいものなんですが中々ねぇ…………。どの道時間もなく、データも吹っ飛んでるので夢物語ではあるのですがぐぬぬ、真と空に会いたいのぉ、会いたいのぉ…………。

 と、その誘惑をなんとか振り切って零の奇跡の続きをはじめたのですが、まあやはりこれはこれではじめてしまえば素晴らしい没入度で、もう楽しくて仕方ないので困りものなのです。。。時間がいくらあっても足りないし、むしろ働く私とバルドする私と軌跡する私の三人くらいに分身出来ないかしら(笑)。
 とりあえず三章の三日目終了まで進めて、今はうぉーティオかわえぇぇぇぇ!!!と萌え転がっているところです。。。撃墜王め相変わらずやってくれたぜ!ですわ!起こしに来てそわそわしてるティオも愛らし過ぎますねしかし。
 物語的には舞台裏でのきな臭さが増していく中での表向きの華やかさが眩しいし、物語の折り目、って感じでここからより重たい方向に進んでいくんだろうなぁと感じるのだけど、その積み重ねこそが軌跡の真骨頂ですしね。そしてどうせなんらかの手管を得て黒の競売会には潜入捜査する羽目になるんだろうなぁこれ。。。
 そして無理してティオのスロット拡張を最優先で終わらせたらセピスが足りない足りない(笑)、でも後悔はしていないっ。とりあえず最悪でも来週の木曜日までにクリアはしたいなぁ。流石に碧に着手する余裕はないだろうし、時間が余ればちょっとずつでもリプレイしたいもの沢山ありますし。ほたるとか凪とかほたるとか。。。

 小糸アナザー更新。
 こっちもなんとか来週の木曜で完結を目指します。感想とブッキングして危なかった今日に書く気力引っ張り出せたしなんとかなるなる、と思いたい。。。
posted by クローバー at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: