2019年12月31日

良い時代になった……のか?

 喫茶ステラと死神の蝶の感想をアップしました。
 久しぶりにそこそこ気合入れてシナリオ感想書きましたけど、昔はこれくらいの分量をアベレージで書いていた、というのが改めて我ながら頑張ってたなぁ、としみじみ思ってしまう。。。本当に年は取りたくないものです。
 今回そうしようと思ったのは、偏にこの作品、ぱっと見だとかなりご都合主義だと判断されるだろうなぁ、って気がしてて、そこを少しでもフォローしたいなと思った面はある。

 実際書いてからサラッと感想に目を通しても、そういうニュアンスは多かったし、事実そういう面もあるのは否めないのですよねぇ。
 ただ感想で書いたように、神様が規定した人間世界の仕組みと、それに対する関与の仕方、という外側のフレームを意識的に組み立ててみると、それ自体はそこそこ一貫性があるので、それを補助線としてシナリオ理解に繋げていくと、それなりに納得して楽しめますよ、って感覚を提供したかった次第です。
 まあ私みたいな場末ブログの戯言にどれだけ影響力があるものか、って話ではありますし、そんなわかりにくいところで秩序があっても仕方ないだろ、って突っ込まれればそれまでなんですが、個人的には設定もキャラも舞台もなにもかもめっちゃ好みの作品だったので、そこは全力でフォローしないと!という使命感を久々に喚起されたのは間違いないですね。
 やーほんと、ナツメ死ぬほど大好きだし、涼音もすごくツボで素晴らしかった。CVも新旧入り混じって、という中でみんないい味出してたし、やっぱしなんだかんだで上原あおいさん好きだなぁ私。喜怒哀楽含めて、喋りそのものを聴いてて一番楽しかったのは希なんですよねー、時々ぶっ壊れるナツメも良かったけど。

 とりあえず、ここ1〜2年でようやくまともに正月休みが定着してきたところ、今年からは大晦日もお休みできて有難い限り。
 やっぱりサービス業もいい加減年末年始くらい休むべきだし、むしろステラくらいの期間休みにして欲しいぞ。。。まあそれは贅沢かもだし、休みが長くあっても基本引き籠ってるだけだから、不健康極まりないのはあるのだけどね。

 とはいえ今日は、朝に感想書いてから半日くらい大掃除に費やしてたので、あんまりゲームはプレイしておりません。
 まあ一応アイコトバはクリアして、選択肢が結構多い中でシーン回収がちょっとめんどくさかったけど、最初のエンド以外はどちらも普通に主人公が卯月の側に寄り添って、的なエンドだったので、やっぱり成長や真剣味、という意味では最初のエンドの方が正統的だったかもしれませんね。
 でもどちらにせよ卯月の妹力は素晴らしいものがあり、献身的で甘え上手でとっても魅力的で良かったと思います。惜しむらくは結構ボイン設定なのと、基本黒スト装備なのに、それを活かしたHシーンがあんまりなかったことくらいですかね〜。
 感想は出来れば頑張って明日の朝書きます。元日の感想アップはある程度恒例行事と言うか、去年まではそこしか休みがなかったから選択の余地がなかったんだけどさ。。。

 明日からはあにまるぱにっくやるつもりですけど、でも多分新年一発目の起動は、ステラのナツメルートになってそうな予感しかしないな。。。少し余暇が多いからと、そこまで余裕こいてるわけにも本当はいかないのだが、心を裏切るのも良くないしねうんうん。。。
posted by クローバー at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: