2020年04月13日

裏を返すと

 俺の姿が透明に!?の感想をアップしました。
 基本的に可愛いヒロインとドタバタラブコメ、って感じではあるのだけど、結構シリアスはシリアスしてるし、その割に設定がガバガバな部分も見受けられるので、色々中途半端ではあったなーとは。
 尖るなら神様くらい尖ってしまえばいいし、それが出来る素材ではあったけど、半端な立ち位置で両得をねらった結果、どっちもイマイチになってしまった感じですね。でも琥珀と紫緒がとても可愛かったので満足です。。。

 今日はナインシリーズ第一弾のここのつをサラッとクリアしました。
 まあ流石にぎくしゃくした上でみゃーこちゃんがストーン化してしまう初回強制バッドエンドまでは見なくていいだろう、というところで、トゥルーだけのクリアですけど、いやーやっぱしみゃーこちゃん鬼可愛いですな。最高。特に基本善良で超いい子ながら、無自覚の嫉妬で時々ムッとしてるのが可愛過ぎて死ぬる。

 シナリオ的には一作目の導入編、という感じで、煮え切らないままに終わってしまったのは確かなのだけど、裏を返すとそれは最初からそうならざるを得ない構成で、だからこそそれを抜きにしてもヒロインの魅力だけで真っ向勝負できる都が最初なのかなぁ、とは。
 実際他のヒロイン、そりゃ可愛いけどみんな曲者しかいないものね。。。まあ2〜3作目だと、みゃーこちゃんは常識人過ぎて影が薄くて可哀想ではあったけど。
 このラストは壮大な伏線っぽくはあったけど、結局スティグマは成長する、その結果として力に飲み込まれる危険がある、という、天ルートを踏まえた伏線でしかないのか、それとも4作目で、みゃーこちゃんの底力が爆発する場面が出てくるのか、その辺も含めて気になりますな。
 そして相変わらず中出し精液をアボートするみゃーこちゃんエロ過ぎる。足掛け4年の力作で、それぞれしっかりヒロインの魅力は強く引き出してくれているけれど、やっぱり最終的にも、私は都が一番好きーって事にはなりそうだなーって思います。
 次は当然そらいろですね。駄妹の可愛さとアホさをたっぷり堪能するぜい。


 
posted by クローバー at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: