2020年08月27日

名曲紹介:淡雪(ましろぼたん・OP曲)

<曲リンク>

<歌詞>

二度と来ないこの冬だけは どうかキミの隣に居させて
愛しさに焦がれてもし雪が融けたら 何が残るの
まだ言えない 今は真白のまま消えないで

 
愛しすぎて 隠した白い息
響く鼓動 届かないように

淡雪の中 震える灯火
守って 何一ついらない

二度とない愛しさだから いつか強く抱きしめて感じて
秘密にしてもほら小さく揺れてる 胸の奥に
眩しいほど きらめく恋の雪融け 夢に見て
 

大事な物は キミの近くに
淡く光る 不安かげらせて

臆病な恋 言葉にならない
一人じゃ 本当はいたいよ

二度と来ないこの冬だけは どうかキミの隣に居させて
愛しさに焦がれてもし雪が融けたら 何が残るの
まだ言えない 今は真白のまま消えないで

 
二度と来ないこの冬だけは どうかキミの隣に居させて
二人の灯火は淡雪が融けても 永久に消えない
迷わないよ ただ思い続けるから キミだけを

二度とないキミとの瞬間 せめて切ない胸信じさせて
涙の雫でいま雪が融けたら 想いになる
止められない 心染められていく キミだけに


<思い出話>

 今日のご紹介は、ましろぼたんよりOP曲の淡雪です。
 非常にセンシティブな曲調とリズム感が、佐倉さんの高音寄りな声質と綺麗にマッチして、切々と降りしきる雪景色が目に映るような気分にさせてくれる素敵な曲です。
 淡雪、という言葉自体は、基本的に雪が融けていく春のイメージに用いるものですけど、この作品の場合、シナリオの質的にも、融けて欲しくない、という季節の移ろいに対する哀切を表現する上での、逆説的な意味付けにもなっていますね。
 勿論最終的には、望まぬ雪融けの中でも望む未来像を手にする、という二重性も含んでいて、その意味でも非常に示唆的であり、そのイメージを抜群に投影しきった傑作、と呼んでいい曲だと思っています。

 ただし、シナリオが曲の出来の良さに追いついていないのがとっても残念な作品ではあります。
 一定ファンタジー要素も孕む構成の中で、不条理を確かなものに変えていく過程の蓄積や説得性が非常に乏しく、文字通りご都合主義の超展開が跋扈してしまうのは、本当に勿体ないつくりでした。
 作品全体としては、この当時でCVにふーりん音ちん揃えていて、挙句冬ゲーならではの、ヒロイン全員黒スト装備という、超絶私得な設定ではあったので、かなり期待していた分ガッカリ感が半端なかった記憶があるのですよねー。
 キャラは結構好きだったから、共通でみんなでワイワイやってるうちは結構楽しかったと思うので、もしもしリプレイするとしてもその辺までかなーとは。個別はあまりいいイメージがないのです、はい。。。

posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: