2020年08月28日

あれもしたいこれもしたい

 一先ず色々時系列順に、とりあえずようやっと閃の軌跡Wの感想をアップしました。
 我ながらどうして書けなかったのか、という悔恨しかない話ではあるけれど、一応最低最悪の宿題だけは片づけられたという事で、内容は流石に軽めだけどほっと一安心、ではありますね。その分評価自体は、最初のプレイ時と少しずつずれてきているかもだけどそれは仕方ない。
 ちなみに今、創やってて思ったのが、ここでシステム面での不満として書いた、クォーツの自動セットや雫系の一斉投入がきちんと出来るようになっててイエス!って。ちゃんとユーザビリティ考えて作ってくれるのが素敵ですよねー。

 んで、創はじめる前に、アインシュタインの体験版もやりました。 
 うんまぁなんつーか、いつものらしさ全開のテキストと掛け合いではあるし、意外と設定的にシビアな面もあって、果たしてどういう方向に持っていくのか、前科があるだけに実に怖いなー、ってのはあります。
 しかしなんだろう、完全新規のふーりんボイスを聴けただけで凄まじい満足感があるのよね。。。もはやこれは業というしかない。
 勿論絵はとっても可愛いし、ヒロイン自体はもう断然マイエンジェル坂下ちゃんが大好き過ぎなんだけども、全体的に悪くないし楽しみです。終わってみてブーブー言う事はありそうだけど、それ以上に楽しめると思う。

 創の軌跡に関しては、今の時点でやっとこ真・夢幻回廊に辿り着いて、ちょっとあれこれやってるくらいですね。
 わかってはいたけれど、どの地域でも問題なく平和を享受、なんて事にはならなくて、そうだと思っていても、特にクロスベルなんか調印式の前までは本当に幸せな空気感満載でやってただけにイタタタタ、って感じ。しかしもう、本当にあのお方は横取りムーブが板につき過ぎてるわ。。。
 もっとも、結社も一定絡んでいる、という事は、最終計画の一貫でもあるわけで、それはおそらく世界の在り方、避け得ない災厄に対して、人がいかに立ち向かっていくのか?という課題に対するテストケースでもあるのだろうから、やり口は非道でもその意図自体はどうなのか?それこそ支援課が求める安寧が本当に世界にとって正しいのか?という部分にはつながってきそうですよね。

 Z組側もやっぱり一筋縄ではいかないゴタゴタを抱えて厳しい状況だし、その隙間を縫う形でのCの活動がどういう触媒になるのか、その辺は楽しみ。
 ラピスとナーティアがとっても可愛いので、あっち側のイベントももっとガンガンやってくれてもいいのよ?って思うけど、まあ最初はどうしてもクロスベルメインになってしまうよねー。勿論それはそれでめっちゃ盛り上がるし嬉しいけど。
 今回は地味に、ちゃんとノーマルでプレイしてみる事にしたので(いつもはイージー)、意外と戦闘も苦労してます。特に最初は工夫の仕様が少ないから、アスモダインがかなり苦戦した。。。でも色々新しいシステムや、強化の手段も沢山あるので、地道にコツコツ、という得意技で頑張るデス。
 ちなみに戦闘以外で今のところ一番苦労したのはまじかるアリサだがな!シューティングアクション苦手じゃー!

 ともあれ、夢幻回廊ではかなりあれこれとやり込み可能ではあるので、何処で見切りをつけるか、ですかねー。
 しかし今回、いくらマテリアル手に入りやすくなっているからと言って、グラールロケットの最終形、999個必要とか鬼かい。でもそれでもつい集めてしまいそうな私がいるのだ……。
 週末はあんまり時間ないけど、少しずつでも進めていけたらと思います。まあ二週間はかかると踏んでるけどね。
 エロゲの新作も久しぶりにドドっと到来したけれど、流石に創の軌跡が終わるまでは封印です。こればかりは仕方ない。
 ちなみに9月もさくらの雲がマスターアップして、これは楽しみだから、出来ればそれまでに創作と完全新作の青春2本は終わらせたいですな。厳しそうだけど。
posted by クローバー at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: