2020年10月12日

名曲紹介:realize!(竜翼のメロディア・挿入歌)


<歌詞>

誰よりも近くいたのに いつからだろう?
誰よりも遠く感じる 蜃気楼

触れられないキミを 星のよう 見上げていたよ
廻るよシグナル ねぇ胸が 切ないの

ガラクタみたいだった 小さな夢の欠片
「宝物だよ」と 言う君が 優しさが
今も空で煌いてる

「どんな瞬間も 世界で一番 傍にいたいよ」
胸の綻びから 溢れるメッセージ

飛び出そうよ この一歩から 生まれる未来
さぁRealize! 扉の向こう 羽ばたけもっとーーーー


寄せては返してく波と 恋の予感は
やがて秘められた願いに 気付かせて

もどかしくなるほど 揺れてる ふたつのDistance
その後ろ姿へ 届けたい 届かない

散らばったパズルの絵 ひとつずつ証される
最後のワンピース それなしじゃ キミなしじゃ
私の絵は 出来ないよ

かけがえない キミへどうか 想いよ響け
絶え間なく流れる いとおしいメロディ

頬を伝う この滴が 情熱ならば
そうRealize! 希望を咲かす 明日を唄いたい


「どんな瞬間も 世界で一番 傍にいたいよ」
胸の綻びから 溢れるメッセージ

踏み出せるよ この一歩から 生まれる未来
さあRealize! キミの心へ 羽ばたけメロディ


<思い出話>

 たまには趣旨に立ち返って、かなりマイナー寄りと思われる曲をチョイスしてみました。
 竜翼のメロディアより、挿入歌のrealize!です。

 この作品は、歌姫を選ぶ的な趣旨が強かった分、ボーカル曲がとっても豪華だったんですよね。
 確か全部で八曲くらいあったはずで、それぞれにいい曲なのですけど、その中でも私はこれが一番気に入ってます。

 全体としてかなり短いのですけど、想いの密度がすごく濃密で、かつ無駄のないメロディラインと高揚感のバランスが秀逸です。
 特に妹のメルの立場が色濃く出た曲調と歌詞であり、彼女に思い入れが強ければ余計に、噛み締めるほどに味のある曲に感じると思いますね。



 まあ正直、作品としての記憶はほぼないに等しく、おそらくリプレイする可能性はかなり低いでしょう。。。
 どうしてもファンタジー設定によりかかり過ぎて、きちんと細かい設定を突き詰めるのを怠っていたイメージですし、ヒロインもそこまでは……だったんですよね。

 ただこの曲をはじめとして、何曲かは私のPCに入っていて、時々聴きたくなるので、私の中ではそういう意味で長く生き残る作品でしょう。
 いずれ弾がなくなってきたら、他の曲も紹介する機会があればいいですね。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: