2020年12月22日

【感想】ドーナドーナ〜いっしょにわるいことをしよう〜

 今日はアリスが送るエロゲらしいエロゲ、ドーナドーナの感想です。
 体験版も非常にテンポよく、ゲーム性も簡素ながら面白さがありましたが、それが製品版で更にどうだったか見ていきましょう。


★超私的採点&一言コメント

・シナリオ(10/15)
  ゲーム性の為の世界観、という感じで、やや底が浅い。

・ゲームシステム(14/15)
  大雑把だけどバランス良く楽しめる。ややキャラの優劣がつきやすいか。

・キャラ(20/20)
  菊千代は神。それ以外のナユタヒロインズもみんな可愛くてよろしい。

・CG(19/20)
  非常にエロ可愛く、質量ともに満足度高い。

・BGM(17/20)
  作風にはフィット、もう一曲ボーカル欲しかったかな。

・システム(9/10)
  セーブスロットが不便。イベント回避も不親切。それ以外は上々。

・総合(89/100)
  総プレイ時間35時間。完成度は高いが周回してまで、とはどうかな?



posted by クローバー at 14:42| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: