2020年12月30日

より優美に

 保健室のセンセーとシャボン玉中毒の助手の感想をアップしました。
 実になかひろさんらしい独特なキャラの個性と、精緻なシナリオ構造が美しい、魅力的な作品でしたね。

 天の少女をスタートして、ただじっくり慎重に色々立ち止まりながら進めているので、まだまだ序盤、漸く3月に入ったくらいですね。
 スタートから相変わらずの優美さで、演出なども一層洗練されて、おどろおどろしさの中に美しさが煌いており、本当にぐいぐいと引き込まれる強さがあります。

 立ち絵なんかもきちんと全員リファインされている感じで、紫ちゃんとか明らかに色っぽくなったよなぁ、なんて思いつつ楽しめています。
 しかし相変わらずこう、紫の友達とかその辺りが酷い目に遭いそうな気配はどうにかならないものか。。。玲人の業の深さも相当だけど、かなりの度合いでそのとばっちりを食らっているのは、まぁ家族だから仕方ないというべきなんでしょうかねぇ。

 流石に自力で全クリは厳しいので、いずれは攻略様のお世話になるとは思うけど、とりあえずせめてエンド3〜4個埋まるくらいまでは、しっかり自分の頭で考えて、少しでもまともなエンディングに辿りつけるよう頑張ってみましょう。
 まあどの道周回前提だと思うけどね。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: