2018年01月19日

すげぇガード(笑)

 リディー&スールのアトリエは、7話が終わったところまで。
 ここは大きなストーリーは動かない中での遊び要素が強い感じでしたけど、これはこれで楽しかったし、合間に見え隠れする人間関係の複雑さがまた素敵なのでウキウキがとまらないのです。。。

 とりあえずアレですよ、ソフィーにちょっかいかけにきたマティアスに対しての、暗黒モード全開のプラフタとフィリスが面白過ぎた。。。説くにフィリスはなんでそんな、地味に羨ましいとか言っちゃってるし全力ガードするのもやっかみ半分かい!?みたいな。
 というか、ソフィーももういい年なんだからこういう話出てきたっていい時期だしねぇ。でも確かにソフィーってある意味一作目から全然雰囲気は変わらないんだよなぁ。性格的にも癖が少なくて朗らかですごくいい子だし、その点単純に年齢だけで見ているかもしれんがマティアスの目は確かなのでは?フィリスはどうしたって恋人っぽいムード作れない病にかかってそうだし、そもそもあの姉がいる以上はねぇ(笑)。
 
 また週末なので進捗ゆったり目にになりそうで、果たしてきちんと来週の新作までに終わるか不安になってきたけれど、まあこればかりは性分なので自分のペースで進めていきますです。
posted by クローバー at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ひとつ重荷が片付いて

 2017年のアワード脱稿しました。
 3年前くらいをピークに、流石に色々頑張り切れなくなってるところもあってアレなんですが、その辺で無理し過ぎてもなんなので、今許容できる範囲での手抜きは素直に受け入れていく所存ではあります。別段そうしたからって誰が咎めるわけではないだろうし。。。
 内容的にも今年はそんなに書きにくくはなかったのが救いではあり、でもやっぱりこれが終わるとなんとか年を越せたー、って気楽な気分にはなりますね。
 
 そしてそのテンションのままについついしゅがてん!とか、はるるみなもに!とかのヒロインがちょー可愛い場面をつまみ食いして時間を浪費するのもいつもの事だ。。。
 とりあえず実はまだ、殿堂の更新とか放置してるんだけど、その辺はもうちょいやる気が出る時にやる。正直今日は作業性の高い操作はもうあかんで。

 リディー&スールのアトリエは雷神撃破して7話の一休みー、的なあたり。
 とりあえずシナリオを進める為のソフィーの課題はほっぽらかして(いや、いつでも納品するだけなら出来るのだが)、それ以外に新たに作れるようになったものなどコツコツクリアしていってます。
 しかしなんだろう、バグではないと思いたいんだけど、私のプレイでどうやってもキンバー鉱石が拾えんのだ。一応このマップで出てきますよー、的な場所はふたつもあるのに解せん。基本そういう、出来るのに放置って嫌いな人だからモヤモヤするんだなぁ。

 それはそれとして、ソフィー&プラフタがやってきて益々過去絡みの人間関係が活発になってきたし、しかし相変わらずソフィーの可愛いな!不思議シリーズは本当に概ねキャラが大当たりで、どっちを向いても好きな子しかいないからこまってしまいます。。。
 まあまだ好感度低いから周辺的なものばかりだけど、いずれもっと掘り下げてのイベントが楽しみですね。
 そしてリアーネにお菓子をねだるイルちゃん、可愛過ぎ。
 二人にかわいもの好きをからかわれてムキになるイルちゃん、かわわ、かわわ♪
 
posted by クローバー at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017 私的PCゲームアワード

 今年も遅くなってしまいました、2017年の総括です。

2017年 購入作品リスト

 1月………アストラエアの白き永遠−Finale−、シルヴァリオトリニティ、月影のシミュラクル、人気声優のつくりかた、星恋*ティンクル、彼女と俺の恋愛日常、緋のない所に烟は立たない

 2月………しゅがてん!、桜花裁き、スイセイギンカ、猫忍えくすはーと!

 3月………はるるみなもに!、ナツイロココロログ−Happy Summer−、甘夏アドゥレセンス、神頼みし過ぎて俺の未来がヤバい。、水葬銀貨のイストリア、こいのす☆イチャコライズ、トリノライン

 4月………9−nine−ここのつここのかここのいろ、D.S.i.F、グリザイアファントムトリガー1〜2巻、廻るセカイで永遠なるチカイを!−廻りくる春−、新妻LOVELY×CATION

 5月………ニュートンと林檎の樹、月に寄り添う乙女の作法2,1E×S+PAL!、天結キャッスルマイスター

 6月………お嬢様は素直になれない、ピュアソングガーデン!、春音アリス*グラム、蒼の彼方のフォーリズムEXTRA1

 7月………お家に帰るまでがましまろです。、グリザイアファントムトリガー3巻、ゴールデンアワー、サクラノモリ✞ドリーマーズ2、景の海のアペイリア、初情スプリンクル!、超昴神騎エクシール、美少女万華鏡−罪と罰の少女−

 8月………ことのはアムリラート、ワガママハイスペックOC

 9月………Flowers冬編、ヘイズマン、桜ひとひら恋もよう、星降る夜のファルネーゼ、もののあはれは彩の頃。

10月………ノラと皇女と野良猫ハート2、ヤミと祝祭のサンクチュアリ、忘却執事とお嬢様の回想録

11月………Making*Lovers、アオイトリ

12月………金色ラブリッチェ、景の海のアペイリア〜カサブランカの騎士〜、月に寄り添う乙女の作法2,2A×L+SA!、幕末尽忠報国烈士伝−MIBURO−、眠れぬ羊と孤独な狼

 2017年は計56本の購入&プレイになりました。
 数こそ増えていますが、短編やFD、一般作など幅広く、全体のプレイ時間的にはそんなに変わっていないんじゃないかと思います。
 ちなみにこの感想ページをはじめてから遂に、1本だけ買ったのにクリアできなかったものを出してしまったのが痛恨ですが……バルドブリンガー操作が難し過ぎるんよ。。。

 ランクはS×7、A×14、B×18、C×17という感じです。
 去年に比べると突き抜けたトップランクはやや物足りなかったものの、平均的に質が高く充分に年間通して楽しめたと思います。

 去年から少しずつこの企画も省エネ傾向に入っていますが、今年も例に漏れず余力が足りなさそうなので少し手抜きします。
 毎年頑張って捻り出していた一言コメントですが、今年は各項目の上位3〜5項目に限定させていただきますのでご了承くださいませ。

2017年 私的PCゲームアワード

シナリオ部門・作品別

第一位 景の海のアペイリア
 緻密に練り込まれた構成と、AIならではの特異な可愛さ・魅力を引き出し切った快作ですね。

第二位 金色ラブリッチェ
 ゴールデンタイムという概念を基軸に、非常にキラキラした生き様を描き切った傑作です。

第三位 シルヴァリオトリニティ
 続編ながら前作の熱そのままに、より壮大なスケールと迫力で描かれた物語は最高でしたね。

第四位 桜花裁き
 入り組んだ人間関係の重みと、ゲーム性とリンクした緩急ある物語の構成は見事でした。

第五位 人気声優のつくりかた
 非常に狭いテーマをとことん掘り下げて、上質のヒューマンドラマに仕立てた意欲作ですね。

第六位 幕末尽忠報国烈士伝−MIBURO−

第七位 はるるみなもに!

第八位 アオイトリ

第九位 ノラと皇女と野良猫ハート2

第十位 Making*Lovers


シナリオ部門・個別

第一位 アペイリアメインルート(アペイリア)
 分離して考えられない部分でもありますし、この白熱と重厚感は今年の白眉と言っていいでしょう。

第二位 僧間理亜ルート(ラブリッチェ)
 人生の価値と輝きを極限まで凝縮した、金色に輝く美しくも儚い素敵な物語です。

第三位 桜花裁きメインルート(桜花裁き)
 過去からの因縁と、それに基づく信念の重さ、それを裁く重みまでしっかり煮詰めた力作です。

第四位 海野あかりルート(アオイトリ)
 作品全体のテーマを上手く結びつけて、人の成長の尊さとそれが持つ無限大の力を見せつけた傑作。

第五位 シルヴァリオトリニティトゥルー(トリニティ)
 インフレが凄まじいものの、その中で見せる理念の輝きの魅力は今回も健在でしたね。

第六位 幕末尽忠報国烈士伝トゥルー

第七位 瀬能いつみルート(つくりかた)

第八位 高田ノブチナルート(ノラとと2)

第九位 春ヶ崎叶ルート(はるるみなもに!)

第十位 相馬いざなルート(スイセイギンカ)


シナリオ総括

 今年は完全にヒロイン個別で図抜けて面白い、ってのは理亜くらいのもので、より作品総合的な部分で勝負してきたのが多かったので評価も難しかったですね。
 全体的に粒揃いではあるものの、少しずつどこか足りない、というあたりで去年一昨年の隆盛には及ばなかった感じですが、振り返ってみればどれも印象深く、これを書いてると無性にリプレイしたくなるのが難儀です。。。


キャラ部門・作品別

第一位 しゅがてん!
 とにかく可愛過ぎて可愛過ぎて、文字通り癒しそのものって感じが大好きです。

第二位 はるるみなもに!
 相変わらず忖度たっぷりな(笑)、善人ワールド織りなす思いやりと触れ合いの様が素敵です。

第三位 金色ラブリッチェ
 生っぽさと面白おかしさを両立した掛け合いと、個々のヒロインが持つ信念の彩りが見事でした。

第四位 Making*Lovers
 極限までキャラが活き活きしていて、読み手をどんどん楽しい気分に引き込んでくれましたね。

第五位 景の海のアペイリア
 独特な掛け合いのスタイルと味付けが素敵で、とにもかくにもアペイリアが可愛過ぎました。

第六位 お家に帰るまでがましまろです。

第七位 桜花裁き

第八位 アオイトリ

第九位 ニュートンと林檎の樹

第十位 ピュアソングガーデン!


キャラ部門・個別(主人公)

第一位 桐島零一(アペイリア)
 色んな意味で一番キャラが立っていましたし、いざという時に見せる胆力と思いやりが素敵です。

第二位 大岡志明(桜花裁き)
 世の理不尽を知りつつも、正道と大義を貫くべく真っ直ぐ背筋を伸ばして戦う様が立派でした。

第三位 市松央路(金色ラブリッチェ)
 挫折故の蒙昧から、金色の世界の中でカッコいい生き様を身に着け、体現していくところが印象的です。

第四位 見田健(幕末尽忠報国烈士伝)

第五位 如月誠一(月影)


キャラ部門・個別(男キャラ)

第一位 シンカー(アペイリア)
 二重三重の知略と策謀を駆使し、最後の最後まで本心を隠したままに生まれた意味を貫いたのは見事かと。

第二位 クロウ・ムラサメ(トリニティ)
 一般人でありながらエスペラントと対等に渡り合い、けれどその限界の中で意思を遺す様はかっこいいなと。

第三位 近藤尊(桜花裁き)
 懐の広さと正義心の影に、非常に大きな恩讐と怒りを秘めた執念の様は心に響きました。

第四位 東儀衛(眠れぬ羊)

第五位 榊圭次郎(つくりかた)


キャラ部門・個別(ヒロイン・一般&非攻略)

第一位 八重垣えりか(Flowers)
 人嫌いを装いながら誰よりも情に厚く脆い様が非常に愛らしく感じられましたね。

第二位 支倉若葉(素直になれない)
 この作品で一番可愛かったので、FDのヒロイン昇格化は非常に嬉しく楽しみです。

第三位 トーカ(グリザイア)
 わかりやすくツンツンしていながら、信頼した相手への心の置き方の威風にすごく惹かれます。

第四位 白羽蘇芳(Flowers)

第五位 ルカ(アムリラート)

第六位 万城女桐子(緋のない)

第七位 刀根依子(はるるみなもに!)

第八位 考崎千鳥(Flowers)

第九位 沙々貴林檎(Flowers)

第十位 クリス(グリザイア)


キャラ部門・個別(ヒロイン・年上)

第一位 朝霞汐(ましまろです)
 久々に大ヒットのロリお姉ちゃん、愛らしさと母性的な部分のバランスが最強に可愛かったですね。

第二位 成瀬咲(メクラバ)
 こちらはダークホースのヒット、年上なのにヒロインの中でも随一に可愛いとか反則過ぎる。。。

第三位 成瀬川凪(ティンクル)
 こちらも素敵なロリお姉ちゃん、どんだけ野放図でも可愛ければなんとかなるなる、ならいでかー!

第四位 坂代花夜(神頼み)

第五位 正円七海(アペイリア)


キャラ部門・個別(ヒロイン・妹)

第一位 山神水緒里(はるるみなもに!)
 妹であり神でもある立場の難しさを全力で楽しんで突き進む明るく爽やかな様が可愛過ぎましたね。

第二位 河合小梅(桜花裁き)
 妹「分」から妹へのトリックや、裏設定など含めて、愛らしいだけでない奥深さのある素敵な子でした。

第三位 上川紗矢(ひとひら)
 運命の悪戯に翻弄されつつ、あるべき兄妹の姿を求めて愛を貫く凛々しい強さは魅力的でした。

第四位 小鳥遊亜子(メクラバ)

第五位 蒼井遙(恋愛日常)


キャラ部門・個別(ヒロイン・白&銀髪)

第一位 聖代橋氷織(しゅがてん!)
 多少クールながら、頑張り屋で健気で一途な在り方にすごく、すごく癒されました。鬼可愛い。

第二位 アペイリア(アペイリア)
 AIならではの率直さと素朴で真っ直ぐな感情表現のバランスが秀逸で、実にポジティブです。

第三位 フィア(マイスター)
 実に溌剌として愛嬌があり、守ってあげたいと思わせる儚さも備えた素晴らしいメインヒロインでしたね。

第四位 七波シロネ(トリノ)
 こちらもAIらしく素直で心が清らかで、さればこその恋もようの息苦しさはあれど見た目は最高に好きです。

第五位 ミナ〜〜シスア(ラブリッチェ)
 ここの御姫様名前長すぎぃ、の、とにかくお節介でけれど愛らしい妹分。お兄ちゃん、のくだり最強。

第六位 幡上芽衣(はるるみなもに!)

第七位 レイン・ペルセフォネ(トリニティ)

第八位 かんなぎ夕莉(罪と罰)

第九位 岬小夜(緋のない)

第十位 藤乃雪(春音)


キャラ部門・個別(ヒロイン・金髪)

第一位 メアリー・ハーカー(アオイトリ)
 長く生きてなお淳良さと好奇心を失わない無邪気な永遠の少女の様がバランス良く可愛かったです。

第二位 シルヴィア〜〜シスア(ラブリッチェ)
 気さくで愛らしいけど、すごく有能で色んな事に気を配って凛と生きている感じは素敵でしたね。

第三位 アリス・ベットフォード(ニュートン)
 天才故の傲慢さも持ちつつ、それでも人に対する思いやりと気遣いに長けた可愛らしさが魅力です。

第四位 金剛アリス(恋愛日常)
 天真爛漫で人懐っこい様の影に、複雑な思いを抱えた頑張り屋の素敵な子です。

第五位 ショコラ・ネージュ(しゅがてん!)
 ちょっと天然っぽい愛らしさと、くるくる変わる表情がとても癒しを運ぶキュートなヒロインですね。

第六位 水無月一葉(月影)

第七位 アイリス・ディセンバー・アンクライ(ノラとと2)

第八位 妃玲奈(ラブリッチェ)

第九位 鹿目レイナ(メクラバ)

第十位 クレア=コートニー=クレア(もののあはれ)

第十一位 遠山桜(桜花裁き)

第十二位 エミー・フェルトン(ニュートン)

第十三位 イブ・クライン(ファルネーゼ)

第十四位 甘粕天音(アドゥレセンス)

第十五位 ミクシュアナ(マイスター)


キャラ部門・個別(ヒロイン・幼馴染)

第一位 僧間理亜(ラブリッチェ)
 小さな想いを大きく育て、最後までそれを支えに生き様を貫き切った強さに最敬礼です。

第二位 相馬いざな(スイセイ)
 過去の繋がりと悔恨の中から、今を真っ直ぐに生きる強さを見つけた、実に幼馴染ならではのヒロイン。

第三位 秋津まどか(ドリーマーズ2)
 遂に攻略可能になって益々気安さと愛らしさを増して、本当に首を長くして待った甲斐がありました。

第四位 平賀理夢(桜花裁き)
 快活で一直線で、壁に当たっても挫けない強さがすごく主人公の支えになってていい関係でしたね。

第五位 春日部花音(ましまろです)
 隠し幼馴染としてのすれ違いの様とか、親切で有能だけどちょっと抜けてるところとか印象的ですね。

第六位 宮寺蓮夏(ヘイズマン)

第七位 高田ノブチナ(ノラとと2)

第八位 松房英麻(はるるみなもに!)

第九位 姫神亜梨栖(サンクチュアリ)

第十位 千鳥雛乃(回想録)

第十一位 鬼無水みさき(もののあはれ)

第十二位 深町サチ(イチャコライズ)

第十三位 如月零(月影)

第十四位 日向ナツ(アドゥレセンス)

第十五位 姫子(スイセイ)


キャラ部門・個別(ヒロイン・ファンタジー)

第一位 星野いろは(ピュアソング)
 時を駆けての来訪の中でも素直さと好奇心に溢れた、淳良で愛らしいヒロインでしたね。

第二位 琥珀(もののあはれ)
 元々の在り方からすごく独特の個性を持ちつつ、それ故の依拠の様がすごく魅力的でした。

第三位 山南敬助(幕末尽忠報国烈士伝)
 緩衝材として、知性の要として、難しい立場の中で貫いた忠義と正義は立派の一言でした。

第四位 ラビ・ジエール(ニュートン)
 非業の立場の中でも探求心と夢を失わない強さが存在感を強く光らせていましたね。

第五位 アヤ・キリガクレ(トリニティ)
 キリガクレの情の濃さを体現したかのような献身ぶりと愛らしさは中々の破壊力でした。

第六位 九十九春(ニュートン)

第七位 ロズリーヌ(マイスター)

第八位 ファラ・ペレルリーズ(ヘイズマン)

第九位 すず(ピュアソング)

第十位 リーベル(ティンクル)

第十一位 風魔たま(猫忍)

第十二位 カトリト(マイスター)

第十三位 斎藤一(幕末尽忠報国烈士伝)

第十四位 如月紅(月影)

第十五位 松平容保(幕末尽忠報国烈士伝)


キャラ部門・個別(ヒロイン・同級生)

第一位 春ヶ崎叶(はるるみなもに!)
 非常に純粋で頑張り屋で、人の繋がりを大切にする様がすごく新米神様という立場とマッチして魅力的です。

第二位 日向みお(スプリンクル)
 ちみっちゃくて溌剌としていて、凄く傍にいると元気を分けてもらえるような可愛さが最高ですね。

第三位 綺堂悠里(サンクチュアリ)
 朗らかで人好きがする感じの柔らかさと、笑顔の愛嬌が凄く強い素敵なヒロインでした。

第四位 北大路可憐(メクラバ)
 口と態度と裏腹にすごく流されやすくてちょろい(笑)、素朴で愛らしい素敵なヒロインだったと思います。

第五位 九条都(ここのつ)
 非常に親切で気さくで、それでいて芯の強さも併せ持った素敵なお嬢様ですし、はやく続きプリーズ。。。

第六位 汐入玖々里(イストリア)

第七位 来栖祐果子(つくりかた)

第八位 緋神久遠(素直になれない)

第九位 冥堂羽月(スプリンクル)

第十位 瀬能いつみ(つくりかた)

第十一位 白羽優理(春音)

第十二位 四月一日奏恋(ワガママ)

第十三位 広瀬夏未(ゴルアワ)

第十四位 織紙珠希(ティンクル)

第十五位 赤城鈴奈(神頼み)


キャラ部門・個別(ヒロイン・年下)

第一位 下国明日歌(ピュアソング)
 後輩らしく素直に慕ってくれて、礼儀正しくも独特の個性もあって、とにかく無性に可愛かったのです。

第二位 初芝千歳(ひとひら)
 こちらも不思議な個性でありつつ、好きになってからの稚拙で一生懸命なアプローチが素敵でした。

第三位 海野あかり(アオイトリ)
 無垢と臆病、それと裏腹の危険に惹かれる危うさと、中々見られない個性の塊な子でしたね。

第四位 花々見咲良(ティンクル)
 献身的で頑張り屋だけどちょっとドジっ子、というコテコテの愛らしさがツボでした。

第五位 古倉める(しゅがてん!)
 こちらも愛嬌たっぷりのわんこ、って感じで、無邪気にすりすりと慕ってくる感じがたまりませんね。

第六位 石動雪(ラブリケ)

第七位 東ましろ(アペイリア)

第八位 皇鈴紗々(ましまろです)

第九位 天住春廻(めぐはる)

第十位 赤嶺しずか(恋愛日常)

第十一位 吉野いちか(イチャコライズ)

第十二位 オリヒメ(ファルネーゼ)

第十三位 上月なつめ(イチャコライズ)

第十四位 報生キリカ(エクシール)

第十五位 高賀津希(緋のない)


ヒロイン総合

第一位 山神水緒里
第二位 僧間理亜
第三位 河合小梅
第四位 下国明日歌
第五位 アペイリア
第六位 相馬いざな
第七位 聖代橋氷織
第八位 フィア
第九位 メアリー・ハーカー
第十位 日向みお


声優部門・ヒロインベストマッチ

第一位 山神水緒里(遥そらさん)
 快活さと聡明さ、思慮深さがバランス良く表現されててすごく印象的ではありました。

第二位 フィア(沢澤砂羽さん)
 適度なウザ可愛さと愛嬌が抜群に発揮されてて最高でしたねぇ。

第三位 北大路可憐(北見六花さん)
 いい意味での大人っぽさと子供っぽさのバランス、勢いのある喋りがツボでした。

第四位 下国明日歌(花園めいさん)
 後輩らしい愛らしさ、甘えっぷりと、育ちからくる品の良さのバランスが絶妙でした。

第五位 平賀理夢(桃山いおんさん)
 闊達でハキハキした雰囲気の中に、柔らかさもしっかり交えていてすごくキャラに染み込んでいたかと。

第六位 アペイリア(秋野花さん)

第七位 聖代橋氷織(杏子御津さん)

第八位 金剛アリス(小鳥居夕花さん)

第九位 吉野いちか(歩サラさん)

第十位 綺堂悠里(八尋まみさん)

第十一位 シルヴィア(猫村ゆきさん)

第十二位 電話の悪魔(小倉結衣さん)

第十三位 メアリー・ハーカー(くすはらゆいさん)

第十四位 緋神久遠(柳ひとみさん)

第十五位 瀬能いつみ(遥そらさん)


声優部門・お気に入り

第一位 遥そらさん(水緒里、小梅、玲奈など)
 うん、知ってたー!兄さま兄さま、どの子もかわわ、かわたんですぞー。

第二位 小鳥居夕花さん(理亜、アリス、ましろなど)
 今がゴールデンタイムだからな、ワオ、ワタシが二位デスかー、あわわ、やばたんやばたん。

第三位 秋野花さん(アペイリア、あかり、ミナなど)
 マスター、三位です。すごく、すごくすごいです。………フン、豚の様な下郎にしては頑張りましたね。

第四位 くすはらゆいさん(メアリー、める、玖々里など)

第五位 藤咲ウサさん(咲良、ショコラ、ファラなど)

第六位 沢澤砂羽さん(フィア、いざな、芽衣)

第七位 花園めいさん(明日歌、紗矢、ミクシュアナ)

第八位 桃山いおんさん(理夢、一葉、イブ)

第九位 歩サラさん(いちか、七海、叶)

第十位 要しおりさん(シロネ、みお)


キャラ総括

 今年は少し百人を超えてしまいましたが、ともあれ魅力的なヒロインがズラッと並んでいますね。
 一応殿堂は7人で、最上位は突き抜けるほどには至らなかったものの、アベレージは高く年間通してかわわ、かわわ、かーわたん、と堪能させていただきました。
 時代の流れか、妙にバブみ的な要素がどっと増えたイメージの年でもあり、ただ控えめなだけでない
包容力の部分でも魅力を備えたヒロインが強さを発揮した印象です。

 …………とかいいつつ、結局上位はロリロリしい子で独占されるのがいかにも私のランキングですが。。。
posted by クローバー at 10:29| Comment(0) | 感想総括:2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017 私的PCゲームアワード2

CG部門・作品別

第一位 しゅがてん!
 圧倒的なロリロリしさと愛くるしさがもたらす癒しにノックアウトされないわけがないのです。

第二位 猫忍えくすはーと!
 やっぱりこの絵だけはめっちゃ好きなんですよねぇ、愛らしく柔らかい雰囲気が大好きです。

第三位 金色ラブリッチェ
 全体的に美麗で可愛らしいですし、要所での感動的な絵の使い方も上手だったと思います。

第四位 お家に帰るまでがましまろです。
 こちらもいつも通りの素晴らしい塗りに愛らしさ満点のヒロインの躍動感が大好きでした。

第五位 はるるみなもに!
 可愛くも肉感的な絵柄は健在、今回も非常に魅力的な構図が多くて素敵でした。

第六位 蒼の彼方のフォーリズムExtra1

第七位 ゴールデンアワー

第八位 ナツイロココロログHS

第九位 アストラエアの白き永遠−Finale−

第十位 彼女と俺の恋愛日常


CG部門・個別(立ち絵)

第一位 山神水緒里(はるるみなもに!)
 あざといほどの愛らしさと、神様らしい偉ぶりのポーズの可愛さが爆発的でした。

第二位 聖代橋氷織(しゅがてん!)
 素朴ながら安らぎと親しみを感じさせる立ち姿に惚れ惚れでしたねぇ。

第三位 下国明日歌(ピュアソング)
 エモートの威力もあり非常に可愛く、特に上目遣いの破壊力がえげつないです。

第四位 朝霞汐(ましまろです)
 いつもながらポーズデザインのセンスが最高で、本当に可愛らしいお姉ちゃんでした。

第五位 メアリー・ハーカー(アオイトリ)
 見返りの愛らしさと躍動感など、全体的にすごく活き活きしているのが好みでしたね。

第六位 金剛アリス(恋愛日常)

第七位 花々見咲良(ティンクル)

第八位 アペイリア(アペイリア)

第九位 日向みお(スプリンクル)

第十位 シルヴィア(ラブリッチェ)

第十一位 海野あかり(アオイトリ)

第十二位 水無月一葉(月影)

第十三位 古倉める(しゅがてん!)

第十四位 河合小梅(桜花裁き)

第十五位 刀根依子(はるるみなもに!)

第十六位 綺堂悠里(サンクチュアリ)

第十七位 七波シロネ(トリノ)

第十八位 ミナ(ラブリッチェ)

第十九位 相馬いざな(スイセイ)

第二十位 初芝千歳(ひとひら)


CG部門・個別(1枚絵・日常)

第一位 氷織の涙(しゅがてん!)
 少し壁を作っていた氷織の、心絆され安らいだ泣き顔の破壊力は究極的でしたね。

第二位 マリア膝枕(ラブリッチェ)
 このシーンに籠められた幸せと友情の彩りは本当に素晴らしく、絵の出来も相俟って感動的です。

第三位 メアリー膝座り甘え(アオイトリ)
 全身全霊で甘える!って感じの、ほにゃったメアリーの破壊力が尋常ではありません。

第四位 夕陽を背に宣言(あおかな)
 このシーンの真白の幻想的な雰囲気と、成長を感じる落ち着きはすごく心に残っています。

第五位 銭湯の出口で出くわし(ましまろです)
 ここの汐の恥じらいと艶めかしさは凄く威力がありましたし、あぁ可愛いなぁってほっこりさせられました。

第六位 みおのレッスン休憩(スプリンクル)

第七位 雪、夕陽を背に告白と涙(ラブリケ)

第八位 幼い頃のシルヴィ(ラブリッチェ)

第九位 めると氷織の添い寝(しゅがてん!)

第十位 明日歌の制服エプロン(ピュアソング)

第十一位 夜の窓辺に佇む小夜(緋のない)

第十二位 シルヴィの理亜の髪梳り(ラブリッチェ)

第十三位 兎亜の編み物(ワガママ)

第十四位 あかりのメイド服窓ふき(アオイトリ)

第十五位 三人での食事風景(ここのつ)

第十六位 ゆらたまの添い寝(猫忍)

第十七位 小梅あんみつあーん(桜花裁き)

第十八位 アリスの中庭お弁当(恋愛日常)

第十九位 莉佳のチョコ舐め(あおかな)

第二十位 夏未マフラー(ゴルアワ)

第二十一位 シルヴィの夜のお茶会(ラブリッチェ)

第二十二位 メアリーうたた寝(アオイトリ)

第二十三位 容保の上洛(幕末尽忠報国烈士伝)

第二十四位 理亜のドレスでダンス(ラブリッチェ)

第二十五位 小都音のあーん(ナツイロ)

第二十六位 春の添い寝(ニュートン)

第二十七位 めるの雪合戦(しゅがてん!)

第二十八位 千歳の添い寝(ひとひら)

第二十九位 都のキス(ここのつ)

第三十位 衣遠若き日のファッションショー(釣り乙2,1)


CG部門・個別(1枚絵・Hシーン)

第一位 アリス正常位(恋愛日常)
 はじめての初々しさと密着感のバランス、表情の艶めかしさと、実にパーフェクトでした。

第二位 みお公園で立ちバック(スプリンクル)
 脇から胸元にかけてのラインと、脚線美が本当にお気に入りで、シーンとしても好きです。

第三位 レズエロ貝合わせ(エクシール)
 脚を絡めての貝合わせのバランスが凄く絶妙で、二人の反応もエロくて素晴らしかったです。

第四位 水緒里制服フェラ(はるるみなもに!)
 黒ストの素晴らしさをこれでもか!とアピールしてくれてるし、献身的な姿も可愛いですね。

第五位 乃絵里騎乗位(DS)
 ボディラインの躍動感と湿っぽさ、艶っぽさのバランスが凄く好みでした。

第六位 汐正常位(ましまろです)

第七位 夕莉お風呂場バック(罪と罰)

第八位 未尋裸エプロンバック(ワガママ)

第九位 雛乃はじめてバック(回想録)

第十位 ユキ正常位(ゴルアワ)

第十一位 氷織69(しゅがてん!)

第十二位 結花立ちバック(恋愛日常)

第十三位 鈴背面座位(ロロログ)

第十四位 キリカバック(エクシール)

第十五位 みお手コキ悪戯(スプリンクル)

第十六位 コロナ巫女服騎乗位(アス永遠)

第十七位 瑠璃背面屈曲位(ゴルアワ)

第十八位 兎亜裸リボン騎乗位(ワガママ)

第十九位 紗々背面屈曲位(ましまろです)

第二十位 アリス屈曲位(恋愛日常)


CG部門・総括

 個人的に立ち絵が当たり年だったイメージですね。
 それぞれに創意工夫を凝らして、いかにちょっとした動きでヒロインが可愛く見えるか、って部分に奥行きが出てきて、それがすごく作品全体の躍動感を紡いでいたように思います。

 絵的にも総合的に好みの絵師さんの作品もかなり多かったですし、突き抜けて、となるとそこまでではないにしても総合的に満足度の高い項目だったのではないでしょうか。


BGM部門・作品別

第一位 月影のシミュラクル
 地味ながら非常に洗練され、完成度の高い楽曲群で、作品の雰囲気を見事に後押ししていました。

第二位 ヤミと祝祭のサンクチュアリ
 こちらも作風に合わせての曲作りが素晴らしく、BGMの出来は特級品でしたね。

第三位 ピュアソングガーデン!
 音楽を題材にした作品らしい多彩さと奥行きのある楽曲で、どれもセンスがあって好きですね。

第四位 アオイトリ
 アマツツミにはおよばなかったものの、やはり安定して高水準の楽曲で満足度は高いです。

第五位 スイセイギンカ
 こちらも作風に噛み合った多彩なBGMと、迫力あるボーカルの出来が秀逸でした。

第六位 アストラエアの白き永遠−Finale−

第七位 ゴールデンアワー

第八位 ノラと皇女と野良猫ハート2

第九位 春音アリス*グラム

第十位 金色ラブリッチェ


BGM部門・個別(BGM・日常)

第一位 ノブレス・オブリージュ(ニュートン)
 才あるものの覚悟と決意を率直に彩る、作品の盛り上がりを相当に支えた神曲だと思います。

第二位 蒼海のエデン(サンクチュアリ)
 神秘的で底知れない雰囲気を見事に表現した、秀逸なタイトル曲ですね。

第三位 ミナヅキカズハ(月影)
 幻想的で透明感のある、ヒロイン専用曲としては勿体ないくらいに深みのあるいい曲です。

第四位 Dear my close friend(スイセイ)

第五位 真実一路(桜花裁き)

第六位 未来完了形(春音)

第七位 現に輝いて(マイスター)

第八位 親愛なるあなたに(サンクチュアリ)

第九位 厄介事が手土産片手にやってきた(メクラバ)

第十位 恵み深きモルダウ(トリニティ)

第十一位 わたしは凜だ!(アムリラート)

第十二位 艶色(サンクチュアリ)

第十三位 Spring vision(ひとひら)

第十四位 キサラギレイ(月影)

第十五位 ましまろホイップ(ましまろです)


BGM部門・個別(BGM・バトル)

第一位 迫られる決断(マイスター)
 この緊急感と疾走感、全体のリズム感と迫力は素晴らしいバランスで大好きです。

第二位 快刀乱麻(桜花裁き)
 奉行の時の非常に爽快感と緊迫感を兼ね備えた曲で、改めて印象深いですね。

第三位 Being to Justice(ファルネーゼ)
 突然変異的にこれだけめっちゃくちゃかっこいい、裁判シーンの決め打ち曲。

第四位 Azazel(エクシール)

第五位 折れない心と絶てない絆(サンクチュアリ)


BGM部門・個別(BGM・哀愁&感動)

第一位 どんなに悔いても(ニュートン)
 取り返しのつかない現実に打ちひしがれる様がとても切実に伝わってくる鋭い曲です。

第二位 ヒメラレタオモイ(月影)
 深き存在の在り処を巡っての思いの大きさが津々と積もる、雰囲気のある切ない曲ですね。

第三位 悠久のアリスグラム(春音)
 この透明感と、時空を超越したような超越性の響きは非常にインパクトがあったと思います。

第四位 たまつえ(はるるみなもに!)

第五位 乗り越えた先に(サンクチュアリ)

第六位 THEME−朝日の向こう側に−(アオイトリ)

第七位 swallowtall(ましまろです)

第八位 Maria Bishop(ラブリッチェ)

第九位 トゥー・ビューティフルコーダ(ピュアソング)

第十位 渚に雨の降る如く(トリニティ)

第十一位 彷徨(ひとひら)

第十二位 全ての始まり(スイセイ)

第十三位 一陣の風(幕末尽忠報国烈士伝)

第十四位 メビウスの最終論(緋のない)

第十五位 under the moon(ここのつ)


BGM部門・個別(ボーカル曲・OP)

第一位 風の唄(ニュートン)
 非常に哀心と旅愁に溢れた、カントリー色が強いゆったりとした雰囲気が最強の神曲。

第二位 Golden Mission(ラブリッチェ)
 ジャズでロックなリズム感とスピード感の中にギュッとテーマが詰まった素晴らしい完成度の神曲です。

第三位 change the world(ゴルアワ)
 シュールさと孤独感を伴いながらの、深みのあるメロディと歌詞が秀逸な神曲ですね。

第四位 クライングハート(ノラとと2)
 隠し味に悲哀を籠めつつ、前を向いて進む強さと価値を鮮明に落としこんだ綺麗な神曲です。

第五位 Girl’s Carnival(メクラバ)
 キュートでポップでありつつ全体の完成度がとても高い、意外性の神曲です。

第六位 アオイトリ(アオイトリ)

第七位 Hydrargyrum(スイセイ)

第八位 アズライトの棺(イストリア)

第九位 自由の翅(月影)

第十位 ワールドスタート(ピュアソング)

第十一位 ユーフォリアム(アス永遠)

第十二位 Candy a mine(しゅがてん!)

第十三位 infinite knots(マイスター)

第十四位 ぼくらの星座(ティンクル)

第十五位 Fate line(神頼み)


BGM部門・個別(ボーカル・挿入歌)

第一位 Coin(サンクチュアリ)
 透明感と哀愁の中に、一握の希望が差し込む様が鮮明な、情感に満ちた素敵な曲です。

第二位 ドリームトゥモロゥ(ピュアソング)
 若々しい感性の瑞々しさを乗せつつ、ストレートなメッセージソングに仕上がっていて好きです。

第三位 笹鳴雨(ノラとと2)
 まさかのエロゲでド演歌ですが、立ち位置と雰囲気には凄くマッチしていて完成度も高く好きです。

第四位 二人だけのカーテンコール(アオイトリ)

第五位 水棲(スイセイ)


BGM部門・個別(ボーカル・ED)

第一位 Dream come ture(アス永遠)
 非常に希望と春めいた予感に満ちた爽やかな曲で、このシリーズのラストに相応しい名曲です。

第二位 空の約束(ニュートン)
 一握の切なさを残しつつも、届いた未来を強く踏みしめる想いがしっとりと籠められた良曲ですね。

第三位 ラストタイム(ゴルアワ)
 お得意の高音域のビブラートでの泣かせは健在、非常に情緒と哀感に満ちた切ない曲です。

第四位 Indigo star(メクラバ)

第五位 エンゼルブレス(ピュアソング)

第六位 イノチの灯し方(月影)

第七位 あの輝きを忘れない(ラブリッチェ)

第八位 ALICE GRADUATION(春音)

第九位 車窓の歌(ゴルアワ)

第十位 夢が泣いてる(エクシール)


BGM部門・総括

 今年もボーカル曲はかなり当たり年で、特にOPの完成度は中々でしたね。
 殿堂は7曲ですが、その下のグループもどうするか結構迷いましたし、多彩な曲調の中でそれぞれの味わいが強く出ており、沢山普段聴きする曲が増えて嬉しい悲鳴ですね。


システム部門・総合

第一位 アオイトリ
 演出の出来、システムの利便性ともに非の打ちどころなく素晴らしかったです。

第二位 シルヴァリオトリニティ
 バトルでの緊迫感の奏で方などいつもながらの出来映えで、全体のレベルも高いですね。

第三位 はるるみなもに!
 キャッチーな演出は健在で非常に見ていて楽しかったですし、システム込みで高い水準です。

第四位 しゅがてん!
 こちらはキュートさに特化した演出模様と、総合的なバランスの良さを評価しました。

第五位 桜花裁き
 奉行モードや捜査モードなどの面白さ、要所での情感を強める演出の安定感は光りました。

第六位 金色ラブリッチェ

第七位 お家に帰るまでがましまろです。

第八位 ピュアソングガーデン!

第九位 幕末尽忠報国烈士伝−MIBURO−

第十位 トリノライン


システム部門・ムービー

第一位 ニュートンと林檎の樹
 OPの旅情感のマッチングや、挿入ムービーの出来なども含めて素晴らしかったです。

第二位 ここのつここのかここのいろ
 とてもミステリアスな雰囲気と不協和のイメージを上手く取り込みつつのデザインセンスがだいすきです。

第三位 ピュアソングガーデン!
 近未来感のスタイリッシュさと色使い、スピード感の噛み合わせが非常に卓越していますね。

第四位 アオイトリ
 とても雰囲気作りが上手く、世界観の重みと閉塞感を上手くデザインでコントロールしていて好きです。

第五位 しゅがてん!
 寒さと温かさのコントラストが非常に上手く、ヒロインの柔らかさの見せ方も秀逸です。

第六位 Making*Lovers

第七位 金色ラブリッチェ

第八位 天結キャッスルマイスター

第九位 ゴールデンアワー

第十位 スイセイギンカ


システム部門・総括

 正直元々システムの善し悪しなんて判別できないですし、省エネ策の一環でその辺はまとめてしまいました。
 全体的に演出が優れていて、かつ操作性にも不備がなく、プラスアルファの楽しみを擁しているものが素直に上位に来ますし、このあたりはトップメーカーならそれぞれの色はあれ、もう遜色は出にくくなっていますよね。

 演出的には少しずつでも新鮮味のある試みは見受けられたと思いますし、今の完成度なら基本とても楽しめるのでそれを維持してくれればまずは、って感じですね。


2017年 総合ランキング

第一位 金色ラブリッチェ(93点)
 ヒロイン全員金色という冒険的な試みの中に、より野心的な展開を擁しての素晴らしい出来でした。

第二位 シルヴァリオトリニティ(92点)
 続編としての善し悪しはありつつも、より熱量を投じた深みと連関性のある出来は素晴らしかったと。

第三位 桜花裁き(91点)
 ゲーム性と恋愛要素をしっかり担保するボリュームと完成度の高さは御見事の一言です。

第四位 アオイトリ(91点)
 メインヒロインの精神性にアマツツミほど依拠できなかったものの、テーマの深い名作だと思います。

第五位 景の海のアペイリア(90点)
 非常に精緻に組み立てられた世界観の中にひそむ優しい結論の味付けが本当に素敵ですね。

第六位 幕末尽忠報国烈士伝−MIBURO−(90点)
 史実に忠実に、されど物語としてのカタルシスはしっかり綿密に積み上げた構成力に脱帽です。

第七位 はるるみなもに!(90点)
 善人ワールドの中での生き様の奥行きとしつこいほどの優しさが本当に光る、するめのような作品です。

第八位 アストラエアの白き永遠−Finale−(89点)
 幸せのその先を別の形から描き、見事に世界観を閉じ切った構成は流石の一言ですね。

第九位 月影のシミュラクル(89点)
 ミドルプライスながらバランスのいいミステリーと恋愛の味付けで、とても雰囲気のいい作品でした。

第十位 人気声優のつくりかた(88点)
 非常に限定的なテーマの中で、それでも幅広い奥行きと感動を丁寧に紡いだ取材力が凄いですね。


2017年 感想総括

 今年は更に手抜きが横行しております。。。遂にコメントまで手を付けちゃったかー、と思いつつ、やりたい事は多過ぎるのに時間と体力が追い付かないが悪いんやっ、と言い訳をしてみる。
 総合的には、去年のSS5本なんてのが異常だっただけで、概ね上位は安定して魅力の高い作品が揃っていますし良かったと思います。

 一方で、フルプライスをしっかり作り切れる体力のあるメーカーさんが少しずつ減っていくのか、去年から一層低単価、少数ヒロインでの作品のリリースが増えてきて、今年もその傾向は続いていきそうです。
 個人的にはフルプライスのスケールだからこそ表現できるものは絶対にあると思うので、そこが流されないようにあって欲しいなぁと思いますし、それでも低単価ならではの面白さ、試みにも期待は出来るので、幅広く手を出して楽しいエロゲライフを続けていきたいところです。
posted by クローバー at 10:02| Comment(0) | 感想総括:2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

なんて美味しいタイミング

 リディー&スールのアトリエは6話の雷神戦まで。
 あれからもなんだかんだ作れるアクセ増えたりなんだりで、全てきっちり満足いくまで仕上げてからやっとこレベルアップ試験を受けて、そしたらいきなり、でもないけど中々に危機的な状況勃発ではありますな。
 こういう時に時間制限なしだと、どうしてそのタイミングで、的な物語としての必然性はなくなっちゃうからアレだけど、まあそれでも中盤の山場、って雰囲気でウキウキしながらバトルに挑んだはいいものの、なんだいなんだい、これ全力で必敗バトルやん。。。

 こないだの竜と違って粘りようも無い能力差だし、だとすれば絶対ここで負けたらおいしいシーンがくるんだなー、とそれはそれでワクワクしてたけど、うんやっぱり千両役者じゃありませんかソフィー先生(笑)。
 相変わらず奔放ではあっても、しっかり成長したなーと感じさせるフィリスがあんな感じでうるうるしてるのはやっぱり師弟の絆を感じさせていいなーって思う、んだけど、結果的に錬金術士オンリーの話になっちゃってて、リアーネとかアルトとかスルーされてるのは結構気にはなるところ。
 そしてあんなのにほぼ一人で立ち向かってたイルちゃん素敵ー、超素敵ー。
 ともあれここから反撃作戦、って事での流れはお約束ですし、土台は仕上がってるからしばらくはサクサク話を進められそうな感じです。

 んでやっとこアワード準備も終わったぜい。後は頑張って明日書く気力を振り絞るだけでござる。
posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする