2021年02月22日

ほんま不憫やで

 紙の上は理央エンドまでクリアです。
 むー、相変わらず全貌がわかってる体でやると、理央の立ち位置ってめっちゃ理不尽に苛まれてるし、いざ突き抜けてもどうにもならない袋小路、ってところで、本当に残酷だし可哀想だなぁとは思いますねぇ。

 まぁ確かに、潜在的な意味で、その関係性が一番夜子を苦しめる、というのは間違いないわけで。
 そういう比例性を思えば仕方ない処置ではあるけれど、それにしてももう少しイチャラブを楽しませてくれてもいいのよ?というのはある。本当に素直に甘えられるようになった理央のふわふわの可愛さは破壊力あっていい感じなんですけどねぇ……。

 まぁ逆に言うと、その状況に対して表立っては何も言えずに、この道を選ぶしかない理央の献身があればこそ、その後の妃の「恋に破れて、死んでしまえ」のインパクトがマシマシになる、というのはありますしね。
 そのあたりは主従と友人関係の決定的な差ではあるし、いくら夜子が対等のつもりでも、安全圏からの想いが何の足しにもならない事をまざまざと見せつけていて。
 だから作品トータルの統一性としては凄いんだけど、ヒロインルート分岐が最初に親かれている事も含めて、理央は基本踏み台だけに勿体なさは感じてしまうのでしたとさ。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

瑠璃さん瑠璃さん♪

 紙の上の魔法使いは5章まで進みました。
 妃の喪失から漂っていた閉塞感を、かなたが積極的に関わっていく中で少しずつ振り払っていく、という流れはすごくいいですし、同時に少しずついろいろな繋がり、伏線が出てくるのがいいですよね。

 やっぱりかなたとの関係性を思うと、ロリかなたの瑠璃さん瑠璃さん♪がありありと思い出せる辺り、本当に私にとっても印象深いヒロインなんだよなぁと感じますな。
 まだそこまで辿り着くには色々あるし、一応全員クリアしたいから、そうなると普通に最初は理央だけど、まぁこれに関しては誰をプレイしても文句なく可愛いのでコツコツ楽しみます。

 ユキイロサインマスターアップ。やったね。
 3月はこれと義兄があれば満足なんだけど、流石に由奈は買わないとならないんだよなぁ。
 そうなると時間的にも資金的にも、我が姫をとりあえずスルーしとくべきかなぁと今のところ考え中。4月に買うものは少なそうなので、それ次第と、あと評判も横目で見ながら後追いでもいいか、なんて横着な事を考えておりますです。

posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

うーん多いな

 ゲームはお休み。まぁちよっとは進んだけどまだ書くほどでもない。。。

 あまいろショコラータ2の公式出ましたね。5月かぁ……。
 お値段もヒロイン一人増えて1000円増しならまぁ許容範囲だし、個人的に苺華ちゃんとイチャエロ出来るならこれは欲しいんだけどなー。
 新しい猫の子もめっちゃ可愛い。やっぱりしらたまさんの絵は好きだわー。1のヒロインのおまけエピソードとかもあるのかね?

 現状5月は天結いが絶対買うで、これもかなり欲しいので、神隠しが微妙なラインになってきたぞ。。。
 SMEE新作は相変わらず絵は微妙なんだよなぁ。コンセプトは面白そうだけど、めくらばというよりはフレラバの方を思い出すコンセプトだなこれ。

posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

思い入れがありすぎる

 紙の上の魔法使いのリプレイを開始。
 これは実は比較的最近にリプレイした事はあって、そのまま今のPCに残っていたのでスタートは簡単なのだけど、それでもセーブデータ見る限り3年弱も前なので、改めて結構新鮮にプレイ出来てます。

 まぁ流石にこれだけの名作だと、ひとつひとつのエピソードのオチとかも結構ちゃんと覚えてはいるのだけど、わかっていればこその楽しみ、というのもあるからね。
 その辺り意識しながら読むと、最初のかなたどの関係性とかシリアスなシーンなのについつい笑っちゃうとかあるけど、やっぱりこのタイトル、ヒロインへの思い入れがめっちゃ強いから、もう誰しもが可愛く見えて仕方ない。。。

 普通に理央でもエース級に可愛いのに、その上に三人いるとかこの仕様えぐいよねぇ〜。
 ルペカリとも設定的に繋がってるのはわかるけど、改めてプレイしてみて、主人公がこの魔法の在り方を演劇になぞらえているのは覚えてなかったから、或いはこの頃から構想として演劇はテーマにしたいという意識があったのかな、なんて思ったりも。

 まだルビーが終わったところなので序盤ですけど、一日一章の息抜き程度でもいいからコツコツプレイしていきます。
 それにしてもホント、夜子も妃もかなたも可愛くて最高だなぁ、はっはっはー。


posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

名曲紹介:これくらいで(夢と色でできている・ED曲)


<歌詞>

もしも 例えばの話で
あの日 ここで会わなかったら
こんな今 考えもしないよね

そっと積み木を積むように
あなたを好きになったよ
寂しさや 涙だって その一つ

何でもない幸せが
ただひっそり在ればいい
どうせ 飽きる暇もない日々だろうから

当たり前じゃないけど 
当たり前にしたいよね
気まぐれに変わる街で
相も変わらず笑って

これくらいで これくらいで ずっといよう
幸せって さりげなく あったかいや
やっと分かった やっと分かり合えた
こんな嬉しいこと ないよ


きっと 運命は気まぐれ
ほどけたり 掛け違ったり
だから 優しく 優しく結んでおこうよ

たまにぶつかるでしょう
嫌なこともあるでしょう
馬鹿らしくなるまで
悩んだりしよう

なるべく多く話そう
面白くなくていいから
そこにあなたがいれば
別にそれだけでいいや

これくらいで これくらいで ずっといよう
大人でもない 子供でもない二人で
やっと分かった やっと分かり合えた
これまでと これから


星屑みたいな 無数の未来から
見つけてくれてありがとう

まだ言葉じゃ足りないから
照れくさくて笑っちゃうから
言わない あなたでよかった なんて

これくらいで これくらいで ずっといよう
幸せって さりげなく あったかいや
やっと分かった やっと分かり合えた
こんな嬉しいこと ないよ

恥ずかしいから これくらいで


<思い出話>

 今日のご紹介は、fengの遺作・夢と色でできているより、EDのこれくらいで、です。
 それなりに最近の曲ではあるけど、比較的マイナーな名曲になるかなぁ、とは思います。そろそろ本当の意味でマイナー曲ばかり見つけてくるのは難しいけど、時々は地味な曲も混ぜていかないとね。。。

 曲としてはスタイリッシュでリズム感が良くて、それに合わせた歌詞とボーカルの噛み合わせが絶妙で、これはかなり気に入っています。
 個人的に藍月なくるさんボーカルの曲ってあんまり見ないけど、ヒット率高いんですよね。声質や歌い方の癖が好みってのもあるかも。



 作品としてもそんなに嫌いじゃないけど、まぁなかひろさんに普通の尺で普通のフルプラ書いてもらっても、色々肉付けが足りなくてうむむむ、ってなるよね、とは思った作品。
 設定は面白かったけど、ヒロインの温度差も大きいし、まぁ基本的には妹ちゃんを愛でるタイトルだったかなーというイメージですね。
 まぁ後は絶大な延期戦略と言うか、タイトル発表されてからどれだけかかったんだ、って話で、これリリースして潰れたのはある意味では最後の責任感だったのか、といい意味に解釈してあげたいけど……ねぇ。

 fengだとやっぱり一番思い出深いのは蒼空とあかね色にはなるよなぁ。
 つばすさんと涼香さんを擁していた頃は華やかだったのに、まぁ色々トラブルの絶えないメーカーでもあったし仕方ないのかもだけどね~。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする