2017年05月22日

実にマジ恋らしく

 マジ恋Aは清楚/項羽をクリアです。
 間違いなくA−2ヒロインの目玉ではあったでしょうし、内容もそのクローン素体のイメージとも合致する非常に白熱するものでしたね。弁慶ルートでも模擬戦の話はチラッと出てたけど、こちらはルートの大半がそこにがっちり食い込む感じで、全てのキャラにしっかり見せ場がある非常にお祭り的な楽しいシナリオに仕上がっていたと思います。

 清楚/項羽のキャラ性としても、実際の歴史的背景を丹念に拾いつつ、そこからしっかり捲土重来、絵にかいたような成長と大逆転を演出していて、項羽の強気ヘタレな感じとかも面白かったですね。まあ個人的には清楚バージョンの方がそりゃ好きですけど。。。
 チーム割り振りやルール設定も非常に緻密で面白く、しかしやっぱり本編の川神対戦でも思ったけれど、クリスの集団戦でのカッコよさは素晴らしいですねー。統率力と愛らしさが噛み合っている、という点では紋様も中々のものでしたけど。

 逆にこういう戦いだとワン子は基本一騎当千、ってほどでもないから、活躍の場が終盤全くなかったのはちょい悲しいですが、まあでも源氏組は義経の株がどんどん上がっていく可愛さなのでいいぞもっとやれ、である。
 そしてまゆっちも活躍多くて嬉しかったですし、最後のオチにしても実にまゆっちらしくて和むなぁ、と。
 ともあれお次は紋様ですねー、この子からA−3の従者軍団に繋げていくとイメージも噛み合うし丁度いいかな。明日は張り切ってがつがつ進めます、というよりここを逃すともうチャンスがない。。。感想ストックはないので朝方だけフィリスちゃん書いて、と、全部スムーズにいけば苦労はないんですけどね。
posted by クローバー at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

プチボーナス

 チマチマとマジ恋Aを進めて、あずみ、アイエスまでクリアです。
 あずみはとにかく元々の恋模様のベクトルがああだから、そりゃ一筋縄ではいかないんだろう、なって思ってたけども、しかしなんとも予想以上に堪える恋だなぁ、ってところで、そういう味付けをしっかり容赦なく徹底してくるところは流石と思います。
 まあ勿論、このルートに入ってからの中で、それだけの思い入れを紡ぐに足る蓄積があるの?とかめんどい事言いだすと切りがないですが、この面々とワイワイ騒ぐのも楽しいし、A−3での他二人のルートも楽しみになってきましたね。

 んでA−2に入ってアイエスからやったんですが、これが予想以上に可愛くて良かったです。この人の書くヒロインって、どっちかーつっとポンコツ系で騒がしい方が愛嬌があっていいですよね。
 展開的にはなんでそうなった、のなにもかもがごっひそりないパラレル感満載の流れではあるけれど、その中で紡がれる特異状況からの関係性と絆、恋心に至るまでの過程はすごく綺麗だったし、強がりながら懐いてくるアイエスがその喋り共々大変に可愛かったので満足です。
 かつ終盤の展開もお約束とはいえ、みんなの力を借りてわっしょい!的なノリもあってすごく楽しかったですし、クッキー4とセットの分岐ルートコミコミで実に素敵でした。

 あと地味なところで、A−2だけまゆっち遥そらさんなんでした。
 勿論A−1から続けてやると多少違和感は出るし、あの独特のイントネーションでない松風ってのも綺麗過ぎる感はあるけど、それでも私的にはピンポイントご褒美なので、他の二人でも出番が多いことを期待したいですな、ふっふふー。

 ノラとと2は10月ですかー、これもなんだかんだで買わない選択肢がのっけからない案件だしなー、ま、楽しければなんでもいいですわ。
posted by クローバー at 19:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

だが進まん

 上手く時間をやりくりできんか頑張ってみたものの、結局無理だったというオチ。。。
 まあ正確にはちょっとだけあずみルート進めたけど、ここで何か書くほどやってないつー話。紋様可愛い。
 明日も色々厳しいので、せめて来週は頑張る、と言いたいところだけど実は来週こそまともに休みなくてジリ貧、うーんかなり黄信号ですなぁ…………。

 長らく音沙汰がなかったファルネーゼは9月のようですね。仮にも去年末に出そうとしてたとは思えない飛びっぷりながら、恐ろしいのはそれでもまだちゃんと出ないんじゃ、と思わせるところである。。。
 でも絵的にも作風的にもちょっと興味はあるんだよなぁ。でも9月って閃の軌跡Vが鎮座しております故、正直それだけで余裕が相当削がれるわけで、あれ?むしろ延期してくれた方が好都合?
posted by クローバー at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

弁慶の泣き所、ならぬ……?

 マジ恋Aは弁慶をクリアしました。
 ここまでヒロイン枠が拡大すると、流石にこのルートに入る流れの必然とかそういう部分ではファジーに行くしかない、ってのはもう仕方ないところで、ただそれでも弁慶に対してはフィーリング的な部分でのマッチ度合いがかなりしっかり担保されているのでイメージとしては自然な感じですね。

 いかにもマジ恋ワールドらしい血の滾った展開も多数用意しつつ、それでも基本的にはまったりのんびりの二人の空気感と、それなりのしめやかで柔らかい関係の進展ぶりは中々に楽しかったですし、予想以上に弁慶可愛いじゃん!となりました。
 でも実のところ、そんな弁慶をハラハラ見守る義経ちゃんの方がやっぱり可愛いなー、と思っている向きもあり、A−5のラストはこの子にしようと今から決めました。。。

 …………ただねー、この弁慶も普通にクリアに3時間くらいはかかったし、このペースで行くとフルコンプまで50時間くらい消費しそうなわけで。
 ぶっちゃけこれ、来週の新作までに終わるか怪しい。。。基本時間に追われているのが弁慶ならぬ私の泣き所なのですよぐぬぬ。結局あれこれ余計な寄り道してるのも悪いんだけどね、まあせめてなんとかこれだけはクリアしたいと思うので頑張ってはみます。そしてブルリフはいつになったら着手できるやら。
posted by クローバー at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

出し惜しみはしないで

 廻るセカイで永遠なるチカイを!−巡り来る春−の感想をアップしました。
 書いてから気付いたけど、これが丁度600本目の感想で、なのにこんな半端な作品でいいのか?と思わなくもなかったり。まあそれこそ巡り合わせだからしゃーないね。
 基本的には本編追加アペンドなので、それに合わせた形でサラッと、にしちゃいましたが、これは決して手を抜いてるわけじゃないんですからねっ!あれ以上無理に書く必要性がないなって思っただけですからはい。
 勿論追加シナリオそれなりに面白かったし、相変わらずの切なくやるせない世界観の中での、それでもの未来志向のありようはらしくって好きなんですけどね、掘り下げてどうこう、というには色々具材も足りませんし、そこまでする根気も出ないわけです。やっぱりゲームシステムとしてはめんどいことこの上ないしねぇ…………。

 んで今日は、感想以外にも色々やってたんだけど、それを片づけてようやっとマジ恋Aに着手しました。
 というか、マジ恋Sをプレイしたのが、感想見てみたら2012年の1月末〜2月初旬あたりらしいので、そりゃ流石に色々キャラとか内容忘れてるなー、と思いつつ、でもいざ始めてしまえばスッとこの川神の空気感に染まっていけるのはいいですね。相変わらずクリスとワン子が安定して可愛い。

 一応A−1〜5で、計ヒロイン15人の大ボリュームなのですが、流石に一々好みのヒロインは、とか考えて順番考えるのも大変なので、迷いなく1から順番にやっていくことにします。
 そして初っ端の1は、ぶっちゃけ沙也佳しか好みじゃないんだけど、敢えてそこからやりました。もうその辺いつものパターンは忘れて、出し惜しみせず楽しみな所から食い散らかす所存。
 んでとりあえずクリアしたんですけど…………なんすかこのルート、こっそり京の寝取りルート仕込まれてます?一応最初は回避したけど、選択肢的にも回想枠の位置的にもなんかありそうだ(笑)。

 ともあれ、沙也佳は期待通りに可愛かったです。
 まゆまゆの妹キャラだからその辺で間接属性的な魅力もあるし、基本ちっちゃめで可愛くて、快活で素直に慕ってくれて、そんでもってしっかり者でむっつりとか中々の高スペックと言わざるを得ませんな。。。
 シナリオ展開としても、距離のある関係が一気に、という必然を問う中での定番的な流れで、けど最後はいかにもマジ恋っぽい知能と肉体を振り絞ったありように落ち着いていくのが楽しいですよねー。
 それに相変わらずの風間ファミリーでワイワイしてるのも見ていてワクワクしますし、安定した面白さだと思います。そしてやっぱりどこでも安定したシリアナ軍師ダナー(笑)。
 次はまー、弁慶でいっか。ヒロイン的に興味の薄いキャラはなるべくさっくり進めていきたいとは思いつつ、なんだかんだ日常が楽しいだろうから時間かかりそうですな。

 フィリスアフター更新。まあやってることは高難易度でのボス対策に他ならないんですが、まあ基本的になにをするか、より、それに付け込んでどうイチャイチャさせるかが主題だしね(笑)。
posted by クローバー at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする