2018年06月11日

マシっちゃマシだが

 約束の夏は渚沙をクリアです。
 とりあえず設定的にもあれこれめんどくさくなることは想定してましたけど、序盤は思いの外そういう面が薄く、危機感を募らせる中で積極的にアピールする一途で健気な女の子、って側面を全開にした渚沙の可愛さにホクホクしてられる感じではありましたね。
 ただこの場合問題なのはこのルート単品でなく、作品全体像での差異性ではあって、結局それが動機で、って言うなら他のルートで大人しいのはなんでよ、ってなるし、渚沙だけ過去の記憶を一足先に思いだす、ってのも恣意的な面は強くて、擦り合わせという意味ではちょっとなぁ、と思います。まあそれ以前に色々暴走している前の二つのルートよりはまだ真っ当と言えばそうだけども。。。

 ただやっぱり後半は色々とヘタレで人の話を聞かないダメ女的な部分は出てきてしまっていて、りんかはりんかで色々めんどくさくなってるし、全体的に主人公としても確かに立ち回りに困る部分はあるよなぁ、ってそこはなんとなく納得は出来るという(笑)。
 結局読み手としても、思いだした記憶に根付いた感情の手触りがどうしたって明白に伝わるわけではないから、それと同じだけの絶望感や諦念を理解するのは難しいし、でもそれはそれとして、渚沙がその想いが根付いたら勝ち目はないから、という危機感の中で打算的に立ち振る舞った事実も厳然としてあることはあるので、総合的に見ると恋の戦いの中でいい人過ぎるのは辛いね、という話は気はする。。。
 一応絵的な魅力もあるし、今までのシナリオの中ではまだまともだとは思ったし、前半に可愛さを強く打ち出した分だけ後半のくどくどしさもなんとか可愛さの範疇で解釈できたかな?というレベル。まあ特にシナリオとして面白味があるわけでも、能力云々の奥行きが示されるわけでもない、ふつーの三角関係シナリオではありましたとさ。

 さて最後はりんかですね。流石にこの子のルートでだけはあれこれ開示されなきゃ嘘だし、まあ最悪まだ回想とかでも隠されたトゥルーが、という期待もなくはないけど、ぶっちゃけ高望みはしない方が精神衛生上良さそうではあるなこれは。。。
posted by クローバー at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

なんじゃこりゃあ

 約束の夏は星里奈をクリアです。
 …………おおぅ、これはまたなんというべきか、正直めっちゃつまらんしわけがわからんぞ…………。

 とりあえず体験版の時点でも一番興味のないヒロインだったのは確かだし、絵的にも確実に一段質が劣る感じで引きが少ないのはあるのですが、そういう次元でなくシナリオの構成、特に感情面の変遷やなにやらで読み手の解釈と登場人物の反応の乖離がえらい激しい雑なつくりだなー、ってのはまず出てきますね。
 そりゃ陽鞠にしたって上等な話ではなかったけど、あっちはまだ序盤の、陽鞠の趣味や共通での流れを汲んでの写真展開、そこが関係性がガラッと変化する契機になって、どこか取り残された格好になった二人が感情的にも接近していく、という部分はまぁ、やや恣意的で強引とはおもえど一定の説得力はあったはずで。
 でもこの星里奈シナリオ、そもそもなんて君らが互いを好き合う意識を持ち始めたの?って契機の時点でもう唐突感しかないというか、それまでに見せていた星里奈というキャラの設計からあまりにも裏腹なビジョンばかり突然湧いてきてなんじゃそりゃー!?って読み手の共感が全くもって置いてけぼりになる感は強いです。

 その上で、このシナリオの致命的にダメなところは、それこそ黎明期クラスの鈍感主人公のわざとらしいスルーや葛藤、そしてヒロイン側の独り善がりが、そうなってしまうのも仕方ないよねー、と読み手に納得させる材料がなにひとつないまま剥き出しでポン、と提示されて、そのわざとらしさや狷介さ、頑なさをあくまでも優しさだと定義して押し通してしまう図々しさに尽きるなー、とは。
 無論多かれ少なかれどんなシナリオでも、感情のすれ違いを紡ごうとしたらそういう面は出てくるけれど、そのいざこざで派生する不穏な空気や葛藤などは、出来る限りマイルドに着地させるように周辺状況やそこまでの設定で配慮するのが普通なのに、これはその普通がなく、故に展開そのものも全く真逆の状況にいきなりクルッと変転したり、また唐突にシビアスな展開に強引に持ち込んだりと、あまりにもプロットが剥き出し過ぎて読み物としての情緒が全然足りず、本当に面白くない。

 能力の根源は何なのかとか、その辺の謎に関してはこのルートで解明しなくちゃいけないものでもないから、終盤の能力が絡んでのいざこざや拒絶、身勝手な結論からの救い上げなどはまぁ辛うじて留保で済むけれど(当然りんかルートでその辺が解明しなかったらあまりにもファジー過ぎて呆れてものも言えない、って話にはなるが)、それにしたってもう少しやりようというものはあるだろうと。
 そりゃ共通の時点で幼馴染ズの関係性がああなっているのは、ある程度明け透けな渚沙の気持ちに対して陽鞠と星里奈が応援の意味も込めてああしてるのかな、的なぼんやりとした解釈はあるのだけど、結局そこを突き詰めないままに大前提的に語られても、ってなるし、そもそも陽鞠にしても星里奈にしても、共通の段階でそういう機微をちらとでも感じさせたか、って言うとはっきりノーで、それをあの選択肢イベント一つでそうなった、というのは、まだその後の個別の展開で理由づけが出来ている陽鞠ルートに比べても酷い、としか言えませんな。
 勿論陽鞠の終盤だって、一昨日はめんどくて書かなかったけどかなり酷い話ではあるし、そしてあれが正しいとするならどのルートでも実は陽鞠はみんなわかっちゃってるんじゃ的な視座がついて回って、ちっともその反応が誠実に見えないというマイナス点はかなり強いので、結局総合的にもなんだかなぁ、となりそうな気しかしなくなってきたぞ。

 ともあれ次は渚沙、この子はこの子で素直になるまでがめんどくさそうだけど、ただ少なくとも絵的な面では雲泥の差で楽しめるのは間違いないのでそこを救いに頑張ってプレイしましょうかね…………。
posted by クローバー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

それは益々

 予定通りにゲーム進行はほぼなし。うーむ、挙句に更なる修羅場到来の予感まで……一難去ってまた一難とはまさしくこの事か。

 6月購入予定の新作は、まおてん、恋花、みあげてIF、そしてサマポケまで綺麗にマスターアップ完了したのでこれで確定。
 以前にも書いたけど、敢えてメクラバFDの2つ目は買わん。いやまぁレイナとかちょっと気にはなるっちゃーなるけど、朱里ちゃん攻略できないのにきっと出番は多いから余計切なくなるだけさ、ふんだ!
 それに一応今、約束の夏で森谷さん成分獲得できてるからまあいいでしょ、的なね。

 あと来月、新作じゃないけど買おうと思ってた素晴らしき日々のリニューアル版、リプレイ自体超久々だから楽しみだったんだけど、よくよく見ると完全フルボイス化に新規シナリオ収録、豪華冊子なんかもついてきて、期待以上に楽しめそうでなにより。新作より一週間早いのも有難い所です。
posted by クローバー at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

その嘘ホント

 約束の夏は陽鞠をクリアです。
 んーキャラのタイプ的にはまあ可愛くていいんだけど、結局全体的にシナリオとしての根幹には触れずに外縁でもとびきりえげつない部分をごそっとしつつ、それをお互い様だーで済ませる幼馴染ーズ、うんなんかとっちらかってるなぁ、とは思う。
 イメージとしてその内輪でしか成立しないという制約が関係性の肝になってたりもするし、発想として面白いとは思うんですけどね、ただ全体構成の中で話が飛躍し過ぎるきらいがあるし、無論全体像を把握した上でだと違う景色が見えるかもだけど、シナリオゲーとしても萌えイチャとしても半端なところで終わっている感じはあったかなぁ。
 とりあえず次は星里奈ですけれど、多分明日はなにもできない、明後日も厳しいかもなぁ。
posted by クローバー at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

あら簡素

 約束の夏、まほろばの夢をスタート。
 一応ザクッと体験版はやったんだけど、改めてその辺プレイしてもまずまずは面白い。というかここ2作が癒し特化であまりキャラ同士の掛け合いの中に棘や皮肉が飛び交う土壌でもなかったから、そこから一気にひねくれた感じのやり取りになってそのあたりのギャップ的にもバランスいい、とは思ったり。
 ただ仕様上ある程度枠組みは決まってくるのだろうし、個別に入るまでにそれなりに解決するパターンか?と思いきや、なんか普通に選択肢一つきりでいつの間にか個別に入ってるっぽいのがオイオイ、って感じもしなくはない。最終的に帳尻あえばいいけど、メインのルートとそうでない所での温度差や整合性に問題が出そうな気もしなくはないなぁこれ。

 最初はとりあえず陽鞠からにします。そこから星理奈をやって、あとの二人はもうちょい考える。
 ただ大枠的にトゥルー的な話はあっても良さそうだし、そのあたりも含めてコツコツとね。
posted by クローバー at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする