2021年05月13日

まぁそうだよねぇ

 我が姫はノアルートを進めて、タルタルーガに来襲したミーミー撃破ー!!のあたりまで。
 全体的にお約束の要素を沢山散りばめて、後で美味しいシーンで回収するんだろうなぁ、って思ったり、或いは不穏な要素もあったりで、シンプルにワクワク先の展開を楽しみにしながら進めていけますね。
 しかしアレクちゃんものじゃロリ可愛いねぇ。流石にこの辺りまでルートはないとは思うけど、いずれFD的なのがあれば、みたいなのが出てくればワンチャか。中の人も大変懐かしい感じでよろしいし。

 ウマ娘もちょこちょこは進めていますが、やっぱり欲しいヒントをすんなりくれたら苦労はしないよね。
 試しにギリギリB育成もやってみて、8100くらいのそこそこブルボン出来たけどうーん、微妙な感じ。春ウマ根幹晴れの日が取れたのは良いんだが、マエストロがイベント完結しなかったし、ただもしも完結してたらB+になってない?説もあるので、バランスの取り方がめっちゃ難しい。

 まぁ強い方向に突き詰めていくと、三人と一人+ヒント、みたいな時にどっちを取るかとかで悩むし、その点Bまでなら無理にステータス伸ばさなくてもいいので、迷わずヒント取れるって利点はあるけどね。
 それでも差しデバフ型の皇帝作ろうと思ったら、ほとんど欲しいスキルのヒント出てこなくてドンマイだったしなぁ。ニシノフラワーちゃん仕事して~。。。

 この路線できっちり強い3人揃えるのも時間が足りなかったので、普通にそこそこ強くてある程度適性と脚質噛み合うメンツで、運の良さに賭けるしかないかね。
 もっとも、そこが一番自信がないのだけど(笑)。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

一番半端な立ち位置

 我が姫は最初は帝国ルート限定みたいで、とりあえず体験版は超えて学園生活が少しずつ動いていくあたり。
 体験版やったのが相当前だから、普通にこの範囲も新鮮に楽しめたし、改めてやると本当にひたすらテンポの良さを意識しているのがわかりますよねこの構成。
 まぁそれの良し悪しと言うか好みの部分で、私はもう少しじっくり読ませてくれても、という派閥ではあるのだけど、これが時代の潮流、という部分はきちんとアップデートして受け止めないと、とは感じます。

 勿論アップテンポでも普通に奥行きはあって面白いし、やはりキャラが生き生きしてるのがいいよね。
 今のところではファルとストーリアがお気に入りだったんだけど、ナミートも抜群に可愛かったのでこの先が楽しみ。まぁどれだけサブのルートやシーンがあるのかわからんけど。。。

 ウマ娘はタウラス杯の要綱出たけど、私みたいなガチ勢には足りず、といってエンジョイ勢でもないラインが一番微妙かも。。。
 下のグループの方が勝ち目ありそうに思えるのだけど、ただ逆にBクラスを超えないギリギリで、バランスのいいステータスとスキルを積むのも、ある意味では高い戦略は必要になるわけで。
 逆に上の方が、ガチ勢に当たったらジエンドだけど、籤運次第では、という部分も強いのでまぁ悩ましい。とはいえ私のサポートで、そんなギリギリの数字でバッチリのスキルを、なんて狙うのも難しいし、一応挑戦してみるけど素直に上で爆死してくればいいかなぁ(笑)。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

名曲紹介:L(あると・OP曲)


<歌詞>

スタートはいつもL(エル)
それは出会いの予感
神様の応援
願いはきっと叶うから


気持ち良いそよ風吹いて
今日も気分はHAPPY!(ハッピー)
空は雲ひとつ無くて
私の予想はLUCKY!(ラッキー)

ね、足取りさえ軽くなるでしょ
どこにでもTREASURE(トレジャー)
隠れてるから

恋愛はいつもL(エル)
LIKE(ライク)でもLOVE(ラブ)にでも
私だけにYell(エール)
期待してるの

スタートはいつもL(エル)
それは出会いの予感
神様の応援
願いはきっと叶うから


心地良い日差しに合わせ
今日の服少しSEXY!(セクシー)
視線も気になるけど
私の魅力よBEAUTY(ビュ−ティー)

ね、貴方だけに見せてあげるの
いつだってPLEASURE(プレジャー)
溢れてること

恋心それはL(エル)
LIKE(ライク)からLOVE(ラブ)になる
私だけにCALL(コール)
掛けて欲しいの

気付いたらいつも居る
二人もう離れない
永遠のパートナー
私たちもう逢えたから


恋心それはL(エル)
LIKE(ライク)からLOVE(ラブ)になる
私だけにCALL(コール)
掛けて欲しいの

スタートはいつもL(エル)
それは出会いの予感
神様の応援
願いはきっと叶うから


<思い出話>

 今日のご紹介は、パープル往年の迷作・あるとより、OP曲のLです。
 おそらく史上最も題名が短い曲なのは間違いないでしょう。。。あと1文字で、となると5(ファイブ)くらいしか記憶にないしね。

 曲としては非常にコンパクトにまとまっていて、スピーディーでポップ&キュート、テーマ性もしっかり盛り込んでいて、清々しく盛り上がれる素敵な仕上がりだと思います。
 音源持ってないのでこの記事書くのにかなり久々に聴いたけど、やっぱりいい曲だなぁって思いますものね。特にBメロの繋ぎ方がすごくシンプルながら美しくて好きです。

 作品としてはうんまぁ、個人的にも人生で多分初めてまともに踏んだ地雷、という評価にはなっちゃうのだよなぁ……。
 結構悪くない部分もあったんだけど、それ以上にダメな部分が多くて、特にメインの姉妹ルートが良くなかったのがね。

 個人的にファミレスバイトモードは結構好きで、突発でバタバタ休んで、そういう時に限って死ぬほど混雑してとかあるあるー、って見てたし、そこで青いちっちゃな先輩(すでに名前覚えてない。。。)が駆けつけてくれたりとかお約束だけど楽しめたんですけどね。。。

 というか、その辺ちょっと気になって自分の過去の感想見ようかなと思ったんだけど、あれ?ひょっとしてこれ感想書くの放棄してる?
 単純にリンクしてないだけかもだけど、まぁどちらにせよその程度の扱いのタイトルだったという事ですな。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

確率的には超幸運だが……

 ウマ娘は遂にゴルシウィークが終わってしまったねぇ……。
 緊急事態宣言も延長したんだから、ゴルシウィークも伸ばせばいいのに(笑)。都知事も若者に外に出るなと言うなら、運営にもっとジュエル配らせて、引き籠って遊んでろ、って発破かけて下さいよ。。。

 しかし、とりあえずまだ無料で1連ガチャ引けるので、あまり期待せずに引いたら、なんと扉から確定虹演出が。。。
 これは!?と色めき立ったのはいいものの、出てきたのは……オペラオー。どういう低確率でのすり抜け引いてるんじゃ……。

 そして最後のゴルシジュエルで10連したら、今度は扉は普通だったけど、いきなり1枠から虹演出!!
 今度こそ!!と期待したら、出てきたのは……ルドルフ。えぇ~、だからそっちの方が断然低確率なのに何故に~~~!?

 勿論オペラオーもルドルフも持ってないから、嬉しいのは確かですけど、ぶっちゃけ中長距離はキャラ沢山いるからねぇ……。
 正直ここまでで出してなかったキャラの中では欲しいランキング下からワンツーではあったので(後はスぺちゃん、カレン、タイシン、ファル子と、全て好み側なのに。。。)、なんというかこう、素直に喜びきれないと言うか、普通にファル子出してよお願いだから……って言いたくなる。これがガチャの不条理か……。

 ゴルシマニーも色々覚醒とかで使っちゃったから、もうあんまりないし、コツコツ溜めて二人とも覚醒3まで進めて実戦投入しようかな。
 まぁオペラオーは謎に強いって評判だし、皇帝は固有がマジ皇帝と有名だから、どのくらい強いか楽しみだけどうーん……。



 5月のエロゲは、なんとハッピーライフがちゃんとマスターアップしたのでまずこれ。
 そんでもって苺華ちゃんは攻略したかったので、こっちもマスターアップ済のあまいろショコラータ2と、この2本かな。やっぱり神隠しは敢えて買いたい、という程ではないのでスルー。

 それまではなにやるかというと、実はこっそり我が姫は確保していたのでこれをチマチマ進めます。
 当然ウマと併用だから脚色は牛歩だろうけど、それこそ月末までに終わればいいくらいの感覚でいきまーす。

posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

比較対象が悪いからねぇ

 ユキイロサインは美玖をクリアしてコンプリートです。
 うーんまぁ、面白かったけど期待していたほどの爆発力はなかったかなぁ。広中との関係性がひとつのトピックになるのは、構造的にもアオナツラインの焼き直し、というところから想像できたしそれはいいんだけど、全体的な奥行きがもう一歩欲しいルートではあったかと。

 どうしても元々特にしがらみのないストレートな幼馴染で親友、というスタンスは、捻じれを生むだけの説得性を強くは与えられないよね、ってのが、アオナツの海巳ルートでの最後の三人の区切りの色付けとは違って見えるところ。
 情緒的な意味ではなるほど、とは思えるし、本当にいい関係だなって思えるけど、やっぱり外野的視点と言うか、心の奥底を揺さぶるほどのものはなかった感じ。

 その点ではスヴェが一番良かったかなぁ。香子も美玖も悪くなかったけどね。
 ヒロインとしては香子が一番好きだし、ついでに言うと香子と仲直りして幸せそうな結が超好きなので、百合ルートもアリですなムフフ、なんて思えるのもポイント。美玖ルートでも二人で東京旅行だーってウッキウキの結めっちゃツンデレ可愛いしね。。。

 総合的にボリューム感としてもアオナツよりは?だったし、破壊力も流石に一段劣る感じで、良作ではあるけど名作とまでは言えないラインかな。
 まぁ正直このヒロイン三人という思い切った設定で、あそこまで名作に昇華してきたアオナツラインが化け物だったというしかなく、どうしてもそれを比較される作品になるのは不憫だけど、意識的にそれをやって殿様商売もしてたんだから仕方ないよね。

 個人的にもやはり初回盤の暴利でやるのはどうよ、ってラインだったので、一月遅れになったけど通常版のお値段ならまぁ、という感じ。
 曲も良曲が揃ってるけど、アオナツの時ほど、うわぁこれサントラ欲しかったぁ、となるレベルではなかったのである意味正着だったと思っておきます。
 感想も近い内に書きたいですが、今週いっぱいまで超忙しいのでそことの折り合いかなぁ。何事もなければ来週からは少し平和になるはずなのだが。


posted by クローバー at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする